こうちゃんの Collection Room
このお部屋にはこうちゃんが、集めたもの、手作りしたもの、日々の記録などを紹介しま~す♪ 

ラッピング紙

アリスの包装紙10
画像右上・ヴォイジー「不思議の国のアリス」タイルAlice in Wonderland, Minton Tile
画像右下・カンタベリー大聖堂「フローラル・チャズブル」Floral Chasuble
画像左下・中世の装飾写本ボーダー柄Mediaeval Manuscript Border, Christine de Pisan
画像左上・ウィリアム・モリス「いちご泥棒」Strawberry Thief by William Morris

サイズ:696×500(mm)
日本の一般的な包装紙、デパートで使用されているものや市販のものに比べ、かなり厚手のしっかりした紙です。



※フローラル・チャズブルとは、英国国教会の総本山、カンタベリー大聖堂に所蔵されている19世紀末にイギリスで製作された刺繍作品で、司祭が法衣の上に着る袖のない祭服です。







アリスの包装紙02
こんな包装紙も! アリスの絵がちょっと独特でおもしろい(^^)
スポンサーサイト

マダムアレキサンダーのアリス人形


マダムアレキサンダーのアリス人形02




マダムアレキサンダーのアリス人形01



マダムアレキサンダーのアリス人形03

ティム・バートン版「不思議の国のアリス」 日本公開決定!(^^)v

やったね、やったね~~

だーい好きな「不思議の国のアリス」をだーい好きなティム・バートンが監督して制作。
さらにだーい好きなジョニー・ディップが帽子屋を演じているではないですか(^m^)ウキャキャ。

私のハンドルネーム「こうちゃん」は元々はアリスに出てくる公爵夫人からとったもの。
(いや、まぁ、その体型が似ている~つながりっていうか‥‥(^^;))
そして、ダンナさんには「Mad・Hatter(キ○ガイ帽子屋)」と付けさせたほど。

このブログのCollection~も、もともとはアリスコレクションを紹介したくて!!
なので、なので、この映画化はものすごく嬉しい。


ティムバートンはその昔、シザーハンズで初めて知って、
その純粋で哀しい悲恋物語に心打たれました。

その後、『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』 (The Nightmare Before Christmas) で、すっかり虜に。。。
その頃は日本ではあまり知られていなかったので、グッズもめったに見ないし、でもコアなファンがいるらしく、マニアックな輸入雑貨店では見つかるものの、超お高いし~(><)。。
今は普通にディズニーのグッズとして出回っているので手に入りやすくなってこれも嬉しい♪


そのティム・バートンがアリスを~(>▽<)キャ~!!

ジョニーデップも怪しい役をやらせたらピカイチで、ティムバートンとジョニーデップのコラボは‥‥
「シザーハンズ」
「エド・ウッド」
「スリーピー・ホロウ 」
「チャーリーとチョコレート工場」
「ティム・バートンのコープスブライド」(声の役)
「スウィーニー・トッド」   など?


これで何作目なのかしら??


下の写真を見れば、その怪しさが分かりますよね!!!!!ククク

ジョニーデップの帽子屋


 映画「アリス・イン・ワンダーランド」は、
    2010年4月17日公開。




ああ、楽しみ(^^)v

和田慎二さんのアリスプレート

あややおばあちゃんチの片づけで見つけたもの。
和田眞二のアリスプレート

直径22cm
購入は大阪のまんだらけだったかな?


 

最初のアリス

P6010519-1s.jpg



「少年少女世界の名作4 不思議の国のアリス」
文-まどみちお
絵-司 修


小学校の時に買ってもらった絵本のシリーズの中に『不思議の国のアリス』があった。 
これが、アリスとの初めての出合い。
司修さんの絵(特に色使い)がとても印象的だった。
この本は後に母が、勝手に近所の子にあげてしまった‥‥(T^T)
「取りかえして」と嘆願したけど「そんなの恥ずかしくて出来ない!」
と言われ、やむなく諦めた。
ところが、大きくなってみるとインターネットオークションと言う便利なものが!!
おかげで、こうしてまた この本が手許にやってきました(^^)
やはり、最初の思い出は大事にしたい



2005/5/25購入