こうちゃんの Collection Room
このお部屋にはこうちゃんが、集めたもの、手作りしたもの、日々の記録などを紹介しま~す♪ 

高野山へ(2012.8.4)高野山クラフトキャンプその2

夏の高野山行きの続きです
(いつまでひっぱってるの〜(><))

クラフトキャンプでは販売の他に体験もやっていました。
でも私たちは、限られた時間なので、無理かなぁ。。

こんなお店を見つけました。
クラフトキャンプで体験工作01
上からは風鈴が一杯つってあったのですが、下には瓶のフタの様なものが??


これ、判子なんですって!!
瓶のフタにルーターで削って判子にするらしい。
面白そー(^0^)
こんなのやったことないから、やってみたーい♪
でも、瓶のフタはちょっと固くて削りにくいんだって。
で、ここのお店の人が作ったフタモドキ?で判子造りをする事になりました。






判子にしたいガラスを選んで平らな面にアクリルの白を塗る
そして固定代に設置する
クラフトキャンプで体験工作03





デザインした文字を反対にして、カーボン紙で写す
クラフトキャンプで体験工作02
文字のデザインはいちごがして、写しているのはお父さん。







ルーターで彫る
クラフトキャンプで体験工作04
彫るのもお父さん
頑張れー





私も挑戦(^^)v
クラフトキャンプで体験工作05






できあがった判子
クラフトキャンプで体験工作06
(本当の名前は伏せてあります)
シールの用紙に押してくれました。
このまま切り抜いて、シールに出来ま〜す。








他にゲットしたものを続きでご紹介!












スポンサーサイト

高野山へ(2012.8.4)高野山クラフトキャンプその1

今回の高野山行き、
 知り合いの方が「クラフトキャンプ」に出店してるからぜひ見に来て!
とのことで、去年から計画していた事でした。


<クラフトキャンプ>
クラフト〜その名の通りで「手作り市」とでも云いましょうか。。
キャンプなのは、本当にキャンプだからです。
出店者はここに一泊2日でお店を出します。
店構えは個人設営なので、殆どが自前のテントです。
そして、本当にテントで一泊したり、キャンピングカーに
泊まったりするんだそうです。

お店を出している人は、
「「高野山」といっても場所がちょっと外れにあるので、人は少なめ。
はっきり云って、そんなに売れる訳じゃない。でも、一泊する事で
作り手同士でコミュニケーションが取れる、普通はお店の番をしているので
隣のお店の人ぐらいしかお話し出来ない。でもここだと夜に交流会をして
仲良くなれるの!
それが楽しみで毎年来るのよー、」と仰ってる方もいました。


敷地に入ってすぐ、なんかエキゾチックな音楽が!
その場所はここ
2012.08.04-高野山へ-クラフトキャンプにて10
ここの方、ときどき演奏してました。
ん?パフォーマンスもありなのね?
いちごも太鼓を叩かせてもらっちゃった。
(モードを間違えてた様でハレーション起こしてました(><)
 なんとか、雰囲気だけは分るかな?)










お店をのぞくいちごとお父さん
2012.08.04-高野山へ-クラフトキャンプにて01
いろんなお店がありますね。





ウッドクラフトで、
万年筆やなんと帽子まで!!
(帽子は本当に被れます)
2012.08.04-高野山へ-クラフトキャンプにて02
このお店の方、店の横でコマ作りをしていたの
2012.08.04-高野山へ-クラフトキャンプにて11
円柱の木があっという間にコマに変身!










別のお店のウッドクラフト
2012.08.04-高野山へ-クラフトキャンプにて03
子ども向けの玩具がおいてあって、大人気♪
勿論いちごもハマってました。

ここでは電動糸鋸でウサギを作る所を実演してました。
2012.08.04-高野山へ-クラフトキャンプにて10
小さなウサギは「無料」で配布〜〜。
で表札が可愛かったので注文したよ。
(名前がばれるから紹介出来なくて残念)





ガラス工房のお店
2012.08.04-高野山へ-クラフトキャンプにて04
ミニュチュアのガラスにくらくら〜。
風車の家を買ってしまった、ああ、小物に弱い(><)






陶芸のお店
2012.08.04-高野山へ-クラフトキャンプにて05
見ると目の毒、、と思いつつも〜〜。
でも本当に欲しそうなのが無かったので、我慢できました(笑)


こんな調子なので幾ら時間があっても足らなーい。。



あ、知り合いの出してるお店を写すの忘れてた(^^;)
レザークラフトとナイフのお店でしたよ。





あと、その場で体験クラフトというのも幾つかありました。
面白かったのがコレ↓
2012.08.04-高野山へ-クラフトキャンプにて06


2012.08.04-高野山へ-クラフトキャンプにて07


2012.08.04-高野山へ-クラフトキャンプにて08


2012.08.04-高野山へ-クラフトキャンプにて09

このイスよくみると凄く高いの(@@)
でね、イスの近くに廃材が一杯置いてあって、
「お好きに工作していって下さい」と看板がありました。
むむむ、でもそんな時間なさそうだなぁ。。。


その2に続く







高野山へ(2012.8.4)高野山クラフトキャンプへGO!

さて、いよいよ本来の目的『クラフトキャンプ』へ
「天空+ケーブルカー」が第一の目的ではないんだよ
   ↑
こんだけ記事をひっぱいといて、何をいまさら〜と云われそう(^^;)



マップをご覧下さい。(クリックすると大きくなります)
2012.08.04-高野山へ-高野山駅 駅前にて03〜マップ
左上の方にケーブルカー「高野山駅」がありますね。
赤い道は一般車道です。
紫の道は車両通行不可です。
黄緑の文字は名所です。
黄色の文字は宿坊です。
目的地にいくにはバスで15分、下車して徒歩25分ぐらいのところ。
いちごがいるので、ここはタクシーで行く事にしました。

タクシーは赤い道を行かずに女人堂までくねくねの林道を通りました。
只この道はバスとタクシーのみが通れる道なんだそうです。
観光シーズンに交通渋滞にならない為です。

※ごんたくろーすさん、高野山の町並みは車で15分程してやっと見えてくるのです。
空海はそれだけ、奥地に高野山を開いたと云う事ですね。

あ、ちなみに「高野山」という山はありません。
この地域に8つの山々があり、その山々に囲まれた盆地上の平野があります。
そこに空海が修行の場としての「高野山」を開いた訳です。
始めに寺町があり、そこに繫げる公共交通機関を作ったら
「山岳鉄道」→「ケーブルカー」→「バス」という形になったんでしょうね。





林立する観光名所をタクシーで通り抜け、目的地「クラフトキャンプ」へ
2012.08.04-高野山へ-クラフトキャンプ01
看板が地味?





案内図
2012.08.04-高野山へ-クラフトキャンプ02
参加者がそれぞれ木札を用意して来てここに引っ掛ける様になっています。
でも‥‥
名前だけの所も多く、何のお店なんだかさっぱり〜。






一軒ずつまわるのが一番ですね。
2012.08.04-高野山へ-クラフトキャンプ03
↑こんな感じです。
詳しくは次回に(コレばっかり(^^;))










高野山へ(2012.8.4)高野山駅にて

え?今年高野山が開かれて1200年目なの??
2012.08.04-高野山へ-高野山駅にて05
と、思いきや〜〜、よく見たら、平成27年(3年後、正確には2年と2ヶ月後)のことでした。
そうだよね、今年1200年だったら、もっとイベントしてるし、宣伝してるよね(^^;)

みなさん、高野山に行くなら3年後ですよ!






さて、「高野山駅」の改札を通るとき、あら?
変わった制服を着てらっしゃる〜「作務衣」なのかな?
2012.08.04-高野山へ-高野山駅にて04
なんか、色がイマイチな感じですが、修行僧のイメージなのかな?
一緒に〜とお願いしたら、快く応じて下さいました。
駅員さん、有難うございます(^^)





「ケーブル高野山駅」 外観です
2012.08.04-高野山へ-高野山駅にて06
標高867mに建つ駅舎は、1928年(昭和3年)完成の木造2階建て。
洋風建築を基調とする外観ではあるものの、高野山の玄関駅らしい寺院風の
宝形造(ほうぎょづくり=4方向に傾斜する屋根)の屋根で、屋根の頂上には
水煙(?)がある。
この駅舎は2005年(平成17年)に南海電気鉄道鋼索線高野山駅駅舎として
国の登録有形文化財に登録された。

なんかへんだなーと思っていたら「高野山駅」という駅名が無い。
ネットで調べたら少し前まででっかく駅名が掲げられていたのに??
改装するんでしょうか?






駅前からリンクしている南海りんかんバス
2012.08.04-高野山へ-高野山駅にて07
手前のは明らかに「天空」と同じデザインですね(^^)



オマケ画像あります
続きもみてね!



高野山へ(2012.8.4)極楽橋からケーブルカーに乗って高野山へ

終点の様な終点でない様な極楽橋からケーブルカーに乗り込みます
2012.08.04-高野山へ-極楽橋駅のケーブルカー01-1

南海鋼索線(高野山ケーブル)
鋼索線車両(コ11形(11,12)・コ21形(21,22))
路線総延長  0.8 3km
方式:単線2両交走式
高低差:330m

鋼索線(こうさくせん)は、和歌山県 南海高野線の終点極楽橋駅から霊峰高野山の
玄関口である高野山駅までを結ぶ、南海電気鉄道のケーブルカー路線。
昭和5年に開通、戦中戦後の鉄道各社の合併・譲渡等を経て昭和22年6月に南海鉄道の
営業となる。昭和28年に客車を新しくし、39年には巻上装置一式を交換し、当時日本
最大級の設備を新造。2両編成、260人乗りの現在のスタイルとなった。
(昭和39年製造の車輛を今も大事に点検して使っているのです)
2両連結の車両(コ11・21形、コ12・22形)が最大568.2‰の勾配を往復
している。
2006年7月1日からは全線でPiTaPaとICOCAが使用できるようになった。ケーブルカーで
ICカード乗車券が使えるのは同線と、2009年にPASMOを導入した東京都の御岳登山鉄道
(大人片道運賃のみ対応)だけである。
冬は雪深い高野山だが、ケーブルカーは一度も雪で止まったことがないそうです。
ケーブルカーはロープを巻き上げて引張っていくので、スリップする心配がありません。
大雪でケーブルカーが動いていないのでは?という心配はご無用とのこと。

海抜539mの極楽橋から867mの高野山まで830mの間に高低差は約330m。
最急勾配562.8‰(29°22')、最緩勾配でも273.9‰(15°19')。
高野山駅に到着する少し前が最もきつい傾斜です。この傾斜角度をもつケーブルカーは
日本でもなかなかありませんから、ぜひ高野山で体験してください。











車内の様子
2012.08.04-高野山へ-極楽橋駅のケーブルカー03
結構一杯乗っています。
もっと人の多い時で、乗り切れない時は7分後に臨時便が出るそうです。
(片道5分なので、乗り換え2分? 大慌てですね)


みなさん、乗り馴れていらっしゃる感じです。
子どもも多いのですが、何故か運転席横のかぶりつき席(立ち見〜)は誰も来ませんでした。
あれ〜いいの? ここ陣取っちゃうよ?
(この立ち見席は車椅子の人が来たとき用にもなるそうです)







運転席です
2012.08.04-高野山へ-極楽橋駅のケーブルカー05
やっぱりちょっと変わってます。
ボタンばかりでマスコンがありません。(自動運転だそうです)





一直線に 伸びたケーブル
2012.08.04-高野山へ-極楽橋駅から高野山駅へ01
緑の森に吸い込まれていってます。
綺麗ですねぇ〜。










あ、こんなの発見!
2012.08.04-高野山へ-極楽橋駅から高野山駅へ02
コレって〜スカイツリー?
ここがスカイツリーと同じ高さってことですね。
こんなところまで高さがあるなんて、スカイツリーってほんと高いんですねぇ。










対向します
2012.08.04-高野山へ-極楽橋駅のケーブルカー06
見事な擦違いです、一瞬の躊躇もありませんでした。
おお〜、と感動してしまいました。
後でよく考えたら、ケーブルなんだからきれいに対向できるの
当たり前なんだよね。(A^^;)









着きました「高野山駅」です
2012.08.04-高野山へ-高野山駅にて01







高野山駅で記念撮影(^^)
2012.08.04-高野山へ-高野山駅にて03
ガラス越しなのがちょっと〜ではありますが。
一応、来たよという証拠に(笑)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。