こうちゃんの Collection Room
このお部屋にはこうちゃんが、集めたもの、手作りしたもの、日々の記録などを紹介しま~す♪ 

改装ー南海和歌山市駅

先日、南海和歌山市駅の近くに行った。
そういえば、改装工事はどうなったのかな?
と、思ってちょっと見に行ってみた。
おお〜、工事してるよ〜!(当たり前だけど)
南海和歌山市駅2017.9-11





だいぶ、進んでるみたいね。
南海和歌山市駅2017.9-14





南海和歌山市駅2017.9-13






ちょっと前までの画像(改装工事、初めの頃)
南海和歌山市駅2017.9-03





もう少し前(改装工事の前)
南海和歌山市駅2017.9-01




南海和歌山市駅2017.9-02
この軒がとっても印象的だったんだよね。




完成予想図はこんな感じ
南海和歌山市駅2017.9-06



南海和歌山市駅2017.9-07
市民図書館も入るんだそうです。





改装中の仮設改札
南海和歌山市駅2017.9-08
うーん🤔
電光掲示板はイメージが違うなぁ(^^;;




あった、あったー。残ってたよ!
南海和歌山市駅2017.9-10
↑これこれ、このパタパタ掲示板が南海和歌山市駅の特徴でもあったんだよねー。
残ってるの嬉しいなぁ😂
正式名称を調べて見たら、「反転フラップ式案内表示器(パタパタ式行き先案内版)」と言うらしい。




昔の中央改札にあったパタパタ掲示板
南海和歌山市駅2017.9-05



これはもう見られないんだろうな。
南海和歌山市駅2017.9-04
まだ残ってるうちに、動画撮りに行こうかな。




スポンサーサイト

381系くろしお

381系くろしお2015年
写真を整理していたら出てきた画像。
2015年7月に古座駅で撮影したもの。

親戚のお見舞いに行った時、母が友人と駅で落ち合うというので、そのついでに写真を撮った。
たまたま来たのが、この列車!
この後引退したので、今はもう紀勢線では走っていない。
今となっては貴重な1枚。

日根野駅の公衆トイレ

日根野駅の公衆トイレ
駅のトイレは、管理上の問題で構内にあることが多い。
ちょっと不便なんだよね。
そしたら、2,3年ぐらい前だったか、日根野駅の外すぐの所に公衆トイレができた。
右から女子トイレ、女子の多目的トイレ、男子の多目的トイレ、男子トイレになっています。

デザインが秀逸!
こうきたかって感じ、紀州路快速・関空快速の225系です。


忙しいけど、イベントに頑張ってます(^^;)

先日、「ありがとう紀伊田辺駅舎 みんなで色塗り」に参加してきました。
来年、紀伊田辺駅舎が建て直しされるので、最後に思い出に残る様
みんなで色塗り〜、なんだそうです。
みんなで色塗りワークショップ田辺駅2015-04






みんなで色塗りワークショップ田辺駅2015-01
デコボコした壁はちょっと塗りにくかったですが、
いい天気で気持ちよく塗れましたよ(^^)v




みんなで色塗りワークショップ田辺駅2015-02
星形に塗っちゃった〜!!(>▽<)キャハ





みんなで色塗りワークショップ田辺駅2015-03
こんな感じ(^m^)





みんなで色塗りワークショップ田辺駅2015-06
子どもも大人も夢中です。
ダンナさんは子どもが届かない高い所を塗りました。




みんなで色塗りワークショップ田辺駅2015-05
とあるHPから拝借した画像


かわいい駅舎ができました。
あと1年、みんなの記憶に残るといいね。

六甲ケーブル線

ケーブルカーは2012年に高野山へ行って以来です。
高野山へ(2012.8.4)極楽橋からケーブルカーに乗って高野山へ

今回は夫婦だけで六甲山へ行って来ました。
まずは「六甲ケーブル下駅」
六甲ケーブル線2015-01
ここは1938年に水害にあっていて、山小屋風に建て直されています。


<路線データ>
開業 1932年3月10日
所有者 六甲山観光
路線距離(営業キロ):1.7km
方式:単線2両交走式
軌間:1067mm
駅数:2駅(起終点駅含む)
高低差:493.3m
運行速度 全速 3 m/s (9.8 ft/s)
最高地点 標高 737.5 m (2,420 ft)
高低差 493.3 m (1,618 ft)






六甲ケーブル線2015-14
切符を購入して、入場。
往復切符にすると少しお得(^^)v




六甲ケーブル線2015-02
出発前のケーブルカー
これは「レトロタイプ」と呼ばれている



六甲ケーブル線2015-03
こんなに急勾配
建造する時はどうしてるんだろう?とダンナさん
ほんと、どうしてるんだろう、この坂を再現して造ったのだろうか?



六甲ケーブル線2015-04
車内の様子
2両編成で、下側がトロッコになっている。
上側の車両はガラス窓がありました。
座席が下向きなので、上るときは背面に向かって進む事になります。






六甲ケーブル線2015-05
途中すれ違った、もう1つのケーブルカー
こちらは「クラシックタイプ」と呼ばれてるんだって。




10分ぐらいで「六甲山上駅」

そうだ、運転席を!
六甲ケーブル線2015-06


六甲ケーブル線2015-07
外へ出て、ケーブルを転がしている車輪(というのか?)を撮影。



六甲ケーブル線2015-08
こんな看板も見つけました。
「チェリッチ エンド タンファニー 会社 伊太利 ミラン市」
「合資会社フレザー商会 東京 大阪」
製造会社?なのでしょうか?




六甲ケーブル線2015-10
こちらが駅舎
3階に展覧台と展覧カフェがあります




六甲ケーブル線2015-09
バス待ち時間に下界の撮影〜。




六甲ケーブル線2015-11
駅舎壁面のレリーフ



六甲ケーブル線2015-12
こちらは抽象模様のレリーフ




六甲ケーブル線2015-13
3Fの展覧台から
何故か雉が???多いのかしら?
説明の看板らしきモノがもう読めなくなっている(><)







<用事を済ませて帰る時の写真>
六甲ケーブル線2015-15
駅舎構内、時計が可愛い♪




六甲ケーブル線2015-18


六甲ケーブル線2015-19
ツバメも居たけど、あんまり見事にじっとしているので
駅のオブジェかと思った程。。


六甲ケーブル線2015-16
もうすっかり夜景



六甲ケーブル線2015-17
ケーブル下駅では写真スポット場所があったよ!


次は六甲での記事を!!

つづきで、動画も紹介。