こうちゃんの Collection Room
このお部屋にはこうちゃんが、集めたもの、手作りしたもの、日々の記録などを紹介しま~す♪ 

なつこん2014-06(第53回日本SF大会 2日目)午後

さて、昼からが今日のお目当て
12:30〜15:30
  「宇宙船レッド・ドワーフ号 Sleeping Quarters V」です
  イギリス製SFコメディドラマ「 宇宙船レッド・ドワーフ号」の企画が
  またまたSF大会に戻ってまいりました。今回はBBC許可のもと、日本版
  声優をゲストにトークを交えた作品上映会を決行!! 
  過去作品を含め、最新シリーズ10も日本初上映!!

というもの。

「宇宙船レッドドワーフ号」はイギリスBBCで製作されたSFコメディテレビドラマ(海外ドラマ)で全52話(第1〜8シリーズ)、
1998年〜1999年 NHKで深夜放映されていた。
10年経って、本国イギリスでSP番組「Back to Earth」(第9シリーズ)を放送。
だけど、これはNHKでの放映無し。く〜残念!!
このSP番組が好評で第10シリーズが制作決定。(2015年には第11シリーズも制作予定)
なんと第10シリーズはイギリス王立テレビで賞を受賞。



昔、DAICON7(ああ、この記事も中断しているな〜(><)〜調べたら2009年だった)の時にこの「宇宙船レッド・ドワーフ号」に出ていたキャット役の俳優ダニー・ジョン・ジュールズさんが来られていて、サインもいただいたんですよね。

これはダンナさん、いちご、ともども3人で参加。
2コマの時間を使って、拡大判の企画です。
今回のゲストは江原正士(リマーの声優)さん&MCは豹坂さん
「レッドドワーフ」の裏話やその他いろいろ。

トークの後「Back to Earth」(第9シリーズ)を上映。
字幕版だけど、まだDVDは発売されていないので、ななな〜んと「なつこん」のスタッフで字幕をつけたんだとか〜〜(すごい、すご過ぎる〜!!)
新作DVDは2月3日発売予定。(って今日じゃん)



その後、途中からskypeでキャット(ダニー・ジョン・ジュールズ)が登場!?
でも通訳の人が別の場所にいてなんと、3箇所(通訳経由)同時skype.。
でも、このskypeが曲者で、途中切れたり、フリーズしたり、、、(リハでは上手くいってたんだって!)
本番に限って上手くいかない、、ってよくあるけど、ちょっと悲しい…。



そして、第10シリーズの第1話 キャプテン・リマー 栄光への道 (Trojan)を上映
 クライテンは元の演者(亀山さん)が亡くなられたため、新スターウォーズでC3POをやっている岩崎ひろしさんが声をあてるんだって。



で、私だけここで、退場
ちょっと知り合いが訊ねて来たんですよね〜。
この春、筑波の大学に入学したてのピカピカ1年生(^^)v
このコを案内する為に、残念ながら10話はスルー(いいもん、DVD出たら借りるもん!)



で、その子をつれて、ディーラーズルームや、ライブペインティングへ
そして、
3Dプラネタリウム〜〜
なつこん2014-42
うわーい!!見れたよ(^^)v
本当ならいちごにも見せてあげたかったんだけど、上映中だったから〜。
1時間ほど歓談しました。
会えるかどうか心配だったけど、会えて良かった♪


そして閉会式に〜。
閉会式では「お決まりの」
なつこん2014-43
ですね。
あー、「夏草や兵どもが夢の跡.」って感じ。



初めて、SF大会を最後までレポート出来ました〜〜!
長々とお付き合いサンクスです。



続きにオマケあります。









スポンサーサイト

なつこん2014-05(第53回日本SF大会 2日目)

やっと、2日目、朝から雨→曇
せっかく見晴らし良いのにちょっと残念(><)
なつこん2014-32
旅館の窓からの景色


ダンナさんは朝一からのプログラムに参加の為、先に出発。
朝早くには「なつこん」が手配したバスがあったんだけど、これがぎゅうぎゅう詰めでね。
ダンナさんは立っていたんだけど、途中で気分が悪くなり、席を譲ってもらう事になったらしい。
※宿泊人数は事前に解っているんだから、(しかもバスの整理券も発行していたのに)もう少し本数を増やすとか出来なかったんだろうか〜?


私といちごはゆっくり出発。
10時過ぎにバス停に
この時間にはチャーターバスが無いので、市バスで行きます。会場までバスで約30分です。

バス停近くの公衆電話にこんなものが!!
なつこん2014-33
さすが、「筑波山名物のガマの油」ですね。




会場に到着したのは11時過ぎ、そこでは
エントランスで (11:00~) ピアニート公爵のSFクラシック・コンサートが始まっていました。
近づいてみると、ちょうど「ナウシカ」の曲!!(きゃーきゃー♪)
今回のテーマは「劇伴」ということで、映画やアニメの劇中で流れる音楽についてだそうです。
なつこん2014-34


さて、「ピアニート公爵」とは、、コチラをご参照下さいな。


2曲ほど聞いたところでいちごが「お腹がすいた!」と騒ぎ出した。
まぁ、そうよね。時間的にもお腹がすく時間だわさ。

会場である「国際会議場」前の竹園公園で屋台が並んでいるとの情報。
その名も「つくばセンターマルシェ」
どうやらSF大会の為に土/日に出店してくれた様です。

会場のすぐ裏で屋台だ〜!!
なつこん2014-35
雨も止んで、しかも曇っているので真夏のオープンカフェでも暑さがマシな感じで快適ランチです♪
筑波ハムと特製サンドイッチをゲットしていただきました。



会場に戻ると受付ではこんな方が〜(^^)
なつこん2014-36
どうやら、「ミニスカ宇宙海賊(パイレーツ)」のコスプレの様です。
今日のプログラムでコスプレコンテスト~目指せコスプレの星☆~があったものね。
出場されるのでしょう(^^)v


午後のプログラムまで、まだ時間があったので、コンスイート
行ってみたら、「そうめん祭り」をやっていた。
「フリーソーメン」だって(^m^)
(いわずと知れた?フリーメイソンのもじり、こういうとこ上手いなぁ)
なつこん2014-37
ここのスタッフがソーメン(揖保の糸)を木箱入りで購入していて、それを放出して下さったみたいです。
しかもマスターのお薦めが「紅茶ソーメン」
これが意外にイケルと評判でした。
最後の方でしたが私といちごもおこぼれに預かる事が出来ました!


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


あ、ダンナさんの動向は、と云うと下記に参加しておりました。

9:30~11:00
 「おぼろげ絵画教室」
  毎年恒例の大人気企画。抱腹絶倒のお絵かき勝負教室です。参加者全員がペンを持ち、繰り広げられるプロ・アマ関係なしの真剣勝負。絵心を超えた、キミの熱いSFマインドで白い紙を埋め尽くせ!
イラストの大喜利〜♪といったところか。
面白かったけど、参加人数が増えて来てお題の数をこなせなくなってきたらしい。
「ワイド版(時間拡張)でやったら良いのに」と行っておりました。




11:00~12:30
 「あなたの絵拝見します」
   持ち寄ったイラスト、漫画をお二人に見ていただき、コメントをいただきます。※イラストをお持ちいただいた方ならどなたでもご参加いただけます。
参加予定だったので、今までのイラストを刷り出して、ファイリングして持って行ったのだが、他の人のはもっとラフなモノだったらしい。これ、見せて良いのかなぁ、、と思いつつ公開してきたとの事。さて、どんなコメントをいただいたのか〜〜。







今日の私&いちごのお目当ては
12:30〜「宇宙船レッド・ドワーフ号 Sleeping Quarters V」
イギリス製SFコメディドラマ「 宇宙船レッド・ドワーフ号」の企画がまたまたSF大会に戻ってまいりました。今回はBBC許可のもと、日本版声優をゲストにトークを交えた作品上映会を決行!! 
過去作品を含め、最新シリーズ10も日本初上映!!



午後は次の記事で!!




なつこん2014-04(第53回日本SF大会 1日目 プログラム外で)

なかなか、記事が進まないなぁ(><)
今年中に終れるかしら。。がんばります(汗



1日目のプログラムが終って、会場では有料のパーティが行われていたのですが、ちょっとお高いので参加はパスしちゃいました。
パーティの様子
なつこん2014-27


で、ホテルまでの送迎バス(「なつこん」が用意したもの)の時間まで他で夕食をとる事にしました。
そう遠くに行けないので、つくば国際会議場近くのレストランを物色し、
「レストランCASA」にしました。
なつこん2014-31
上の写真は次の日に撮ったもの。よく見るとホテルオークラのレストランだった。

そ、そこでそこで、なんと荒巻義雄氏にばったり!!
私は全然気がつかなかったんですが、さすがダンナさん!「顔」を覚えていたんですよね(>▽<)/キャー
「もしかして、荒巻先生ですか?」とお声を掛けたら、まさにその方だった!
しかもとっても気さく〜、「一緒に飲みませんか?」と誘って下さった。

(あー、でも送迎バスの時間があるんだなぁ。。
 田舎なもんで、送迎バスが無いとあとはタクシーしか無い。。)

なので、バスの時間までの短い間でしたが、歓談させて頂きました。
なつこん2014-28
サインもいただいて御機嫌ヨ♪

色紙の一言もとってもナイスなんです。
ダンナさんのは
「空蝉の無宇大陸に蘭咲けり」
私のは
「空蝉の跡蘭知州に蘭咲けり」
荒巻氏の本を読まれた方は「ナルホド!」と思われる事でしょう。

※荒巻義雄(あらまき よしお)
1933年4月12日 生まれ(なんと81歳!!)
日本の小説家、SF作家、推理作家、評論家。
『紺碧の艦隊』の大ヒットで、いわゆる架空戦記小説の世界を代表する小説家として広く知られている。また、札幌時計台ギャラリーのオーナーもつとめている。静修女子大学(現・札幌国際大学)教授も務めた。

今年の11月より入手困難だった初期SF作品を集成した『定本 荒巻義雄メタSF全集』(全7巻)が刊行開始されている。







さて、感激も覚めやらぬままホテルへ。
ホテルでは「なつこん合宿」が行われておりました。
内容は親交を深める為の「飲み会」
なつこん2014-30
おおお、持ち込まれたお酒が「萌え〜」ぞろい!!

なつこん由来の「お宝」のオークション
なつこん2014-29
原画やサインものが続々とオークションに。


ドラマ「アオイホノオ」の第1回を上映
(この時期、関西地区ではまだ放映されていませんでした)


などなど。
こうして、1日目は更けて行きました。
(明日もあるので、途中退出。元気な方は徹夜しただろうな)



なつこん2014-03(第53回日本SF大会 1日目 分科会)

<なつこん2014-02>の続きです。

さて、開会式が終わってすぐに休憩無しで分科会
<ダンナさん> と <いちご&私>は別行動をすることにしました。

まずは<いちご&私>
全体会が終わって、ディーラーズルームへ!
 ディーラーズルームにて西武が出店〜のお土産物店でお弁当を購入
  ※ディーラーズルームとは、参加者による展示・フリーマーケット等自由 な
   発想で作品の発表ができるスペースです。(出店には事前申し込みが必要)

 コーンスイート(フリーの休憩室)でお弁当を食べる
なつこん2014-13
↑私が購入したお弁当、いちごのは撮り忘れた。


いちごは難しい講演会などの参加は無理なので、何かいいイベントは無いかと物色!
で、<工作室>なるものがあり、ここに参加
酉島伝法の百々似講座(13:00のコマのみ酉島氏出演)をやっていました。
ここで白状しますが、コレに参加するまで「酉島伝法(とりしまでんぽう)さん」
知りませんでした(><)
なので、当然伝法さんの本に登場する(?)「百々似(ももんじ)」なるものも知りませんでした。
ゴメンナサイ。。。
でも、原毛をチクチクして、「百々似(ももんじ)」を作るのは楽しかったです。
私は結構ハマりました!!


いちごも、それなりに頑張っていました。
なつこん2014-16
↑酉島氏に直接作り方を教わるいちご


でも、本当はこっちの方が楽しかった??
なつこん2014-15
原毛を舞台にしてゴジラで遊ぶ(笑)


出来た「百々似(ももんじ)」
なつこん2014-23


酉島伝法氏の本はコチラ
この本に収録されている1編に「百々似(ももんじ)」がでてくる!のです。
酉島氏はイラストレーターでもあるので、この本の挿絵もすべて酉島氏が描いたのだそうです。




15:30ぐらいから ディーラーズルーム&展示物観賞

ディーラーズルームに行く途中
加藤さんの作品、、色が入り始めています。
なつこん2014-17


次のSF大会は鳥取、ということで
鳥取のゆるきゃら「トリピー&リトットちゃん」
「リトットちゃんは、カニの妖精なんですぅ〜」って!
なつこん2014-18





「進撃の巨人」これって、実物大かなぁ、、
なつこん2014-19
巨人の鼻をつまむいちご(笑)





「モノリス大明神」の鳥居
なつこん2014-20
モノリス大明神とは、八百万の神の一柱であり、SFの神様である。
ニコニコ大百科「モノリス大明神」より
私も願い事を描いてきました。




やっとディーラーズルームへ!
同人誌等がところ狭しと並んでいます。
コスプレしている人もいます。
なつこん2014-24
コスプレはSF大会が起源なんですよ!
コスチューム・ショーとして1960年代から行われていたそうです。

 
エントランスで絵を描いていた加藤直之さんが以前に描いた作品です。
なつこん2014-25

なつこん2014-21


作品の前に並ぶイバライガーたち
なつこん2014-22

ライブペインティングショーは今やもう、日本SF大会の恒例イベントに
なってるんですね。


疲れたので、コーンスイート(フリーの休憩室)で休憩
ここでの飲み物、お菓子はすべて無料です。
(会費のうちってことかな??)



さて、折り紙教室(キンググドラ)もやってるとの事なので、探してみる事に。。
その途中での吉田徹 氏(アニメーター、メカニックデザイナー、アニメ演出家)に出会いました。
この方は「妖怪ウォッチ」(2014年、OLM)設定協力、絵コンテ、OP原画、原画を担当してらっしゃるとのことで「ジバニャン」の絵を描いて貰いました!おまけで「ブシニャン」も!
ありがとうございました〜(^^)/


折り紙教室の場所が分らず(ーー;)、聞いても良かったのだけどー、
なんかうろうろして、「時刊新聞」に記事を書いて、本日は終了〜。
BP1000404.jpg

 


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




ダンナさんは下記に出席
13:00~14:30 
 「子供たちにSF本を」
   70年代から80年代にかけての小学校の図書室、ミステリと並んでSFの全集は定番としてありました。最初のSFは図書室だったという人は多いはず。でも、いま児童向けSFはほぼ消滅。この環境で次世代SF者を育てるにはどうすればいいか! 作戦会議です。
一番前に座る事になり、意見も発言したとのこと。
後で気付いたら、隣りの人が「山本弘氏」だった。
終ってからサインも貰えたって。(^^)v

※山本 弘は日本のSF作家、ファンタジー作家、ゲームデザイナー



14:45〜15:50 
 昼食&ディーラーズルーム&展示物観賞(ここが唯一の休憩時間だった)
 

16:00~16:30 
 「カフェクラッチェ(茶話会)〜一本木蛮さんと」
 カフェクラッチェ(Kaffeeklatsches)とは、ドイツ語のKaffee(コーヒー)とklatsch(噂話)の造語です。
 お茶を飲みながら少人数が集まって気ままに話をする小さなお茶会の事を指します。
なつこん2014-26
一本木蛮さんさんと

一本木 蛮(いっぽんぎ ばん )
  日本の女性漫画家、コスプレイヤー。
  いわゆるコスプレアイドルの元祖的な存在。
  漫画家としての活動のほかにバンド、バイク、映画出演など多方面での活躍をしている。
  




16:00~17:30
 「ビブリオバトル by SF文学振興会」
 本を紹介するゲーム、ビブリオバトル。あなたの好きなあの本の魅力を5分間で伝えてください。誰が、どう紹介するのか。聞いて分かる本の魅力、やってわかるゲームの面白さ。あなたもすぐにバトラーデビュー。まずは、本を1冊もって、ご参加ください。
時間に遅れて入ったのでビブリオそのものには参加できず、グループの審査を頼まれたそうです。





ということで、1日目のプログラム終了。



なつこん2014-02(第53回日本SF大会 1日目 受付〜開会式)

考えたら、「世界SF大会」の記事を作ろうと写真を撮ってそのまま。。
「だいこん7」の記事も書きかけてそのまま。
ああ、今度こそ最後まで記事を書けます様に!



つくばグランドホテルの近くのバス停から
筑波へ2014-09
大きな鳥居!!
近くに「筑波山神社」があり、その大鳥居。
長ーいロープウエイもある様で、そちらも楽しそうですが、今回は目的が違うのでスルー。
ホテルからバス停までの短い距離を歩く間にも、登山客らしい恰好をした方々数人にすれ違いました。



バスで約30分、つくば駅下車、そこから徒歩で約10分
場所は「つくば国際会議場」
着いてすぐにこんな派手な車が!!
筑波へ2014-10
ご当地レンジャーかな?





「つくば国際会議場」の外観を撮るの忘れてましたが中はこんな感じ
筑波へ2014-11
2日間、「SF大会」でここを貸し切り状態です。
なので、この建物内なら、ちょっとぐらい はしゃいじゃってもOKかな。
この安心感が嬉しいよね!




会場に入って1F奥のエントランスに巨大なキャンバスが!
(ロボットのマネをするいちご)
筑波へ2014-12
今や日本SF大会の名物にもなった「加藤直之 ライブペインティング」です。
これは昨年のSF大会「こいこん」で描いたパワードスーツの続きになります。
大きさおよそ幅1.5メートル 高さ3メートル もあります。
それを観客が自由に往来する空間で制作すると云うもの。

ご本人が云う事には
▼ライブペイントの魅力
・普段は描けないような大きな絵に挑戦できる
・普通の展覧会のように、会期までに何が何でも絵を完成させる必要がない
 (どんな絵でも、締め切りがあるって重荷なのです)
 (時間が来たらそれでオシマイ)
・観てくれる人とその場で会話ができる
・自分の体力が衰えていないことを確認できる

とのこと。

それにしてもすごい!

筑波へ2014-13
11:00頃の状態 ここからどうなって行くのだろう?


筑波へ2014-14
13:00頃、女性像の下描きが加わった。ナルホド。




筑波へ2014-15
14:30頃 色も入り始めた。



さて、時間を戻して
受付が11:00〜
 2Fで受付をすませて、名札(これが会場パスとなります)とプログラム等の資料を受取ります。
 軽くプログラムに目を通して、これから参加したい分科会やその場所をチェック。



「開会式」の様子です。
12:00 開会式が始まりました。

始まってすぐに来年の「こめこん」の宣伝(^^;)
「こめこん」は鳥取県米子市で行われる、ので鳥取県のキャラクター「ネギマン」の登場
筑波へ2014-20
このキャラクターは赤井孝美さんデザインだそうで、こちらもSF大会がらみです。



司会が声優の遠近孝一さんでしたが、なんと本当は予定していた人が急用でドタキャン、急遽前日に呼ばれたんだそうです。それで、司会が出来てしまうところがさすがプロですね〜。
筑波へ2014-19
遠近孝一さんは私の知っている番組で云うと
「侍戦隊シンケンジャー」のダイゴヨウの声ですね!
他にも
「劇場版 NARUTO -ナルト- シリーズ」の 日向ネジ の声とか(見てないけど)
「聖闘士星矢 冥王ハーデス冥界編などの 天貴星グリフォンのミーノス の声(これも見てない)
をされています。

開会式でゲスト・オブ・オナー(GOH/大会の象徴的ゲスト)の挨拶
今回のGOHはお二人でその内の一人
 佐藤竜雄さん、この方ぎりぎりの到着で「今の状況がよくわかっていないんですが〜」と言って会場が爆笑
もう一人の
 瀬名秀明さんが挨拶中にいきなり悪の組織にさらわれてしまった。
 そして、ここで地元のヒーロー、イバライガー(茨城県だから)が登場し救出する、といった凝った演出!!
筑波へ2014-16

筑波へ2014-17

無事救出された瀬名さんに合わせて「さぁ、SFの時間だぁ!」会場のお客さんも三唱し、これが開会宣言となって、SF大会は開幕しました。



開会式後、大ホールの前でイバライガーの撮影会?
いちごもイバラブラック(というのか?)とツーショット♪
筑波へ2014-18



勢揃い!?(^m^)
筑波へ2014-21








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。