こうちゃんの Collection Room
このお部屋にはこうちゃんが、集めたもの、手作りしたもの、日々の記録などを紹介しま~す♪ 

六甲オルゴールミュージアム


さて、六甲ケーブルに乗って更にバスに乗り、どこに来たかと云うと、
「六甲オルゴールミュージアム」です。
知人が「不思議の国のアリス」を題材に特別展をするんだと、案内をくれた。
ので、行って来ました。

だって、「アリス」だよ、アリス〜!!
大、大、大好きなアリスだよ。
行くっきゃないよね〜〜


六甲山上駅からバスに乗って約10分

着きました〜。
わーい、とってもステキな所です。
六甲オルゴールミュージアム2015-01



建物の向かって左に「せせらぎの散策路」というのがありました。
  これを上っていくと「高山植物園」に行けるそうなのです。
六甲オルゴールミュージアム2015-09
行きたいけど、今回は我慢ね!


館内に入って、混み合わないうちにとさきにランチを済ませることに。
六甲オルゴールミュージアム2015-10
すでにテラス席しか空いていなくって、私たちのあとも、どんどん席は埋まっていっていました。
さすがに標高が高いので8月の中旬とは云え「涼しい!!」
いや、カラッとした気候なので、木陰が涼しいと云う訳か!?


食事も済ませて、特別上演の会場に〜。

上演は「迷い込む絵本の世界」と題して
 イラストレーター、吉田稔美が当館と協働し、吉田が本展の為に描き下ろした
イラストとオルゴール等の自動演奏楽器の生演奏で、『不思議の国のアリス』の
物語を上演します。
 また作品を等身大に拡大したパネルを館内に設置し、アリスの世界に入り込んだ
ような感覚を楽しめる展示も併せて行います。

というもの。

この特別上演が毎時30分より、10分程度、
この他にレギュラーの上演が毎時00分から10分程度ありました。
六甲オルゴールミュージアム2015-11
↑上演会場です。


上演の合間に吉田稔美さんの特別展を見たり、常設のオルゴールを見て回ります。
実際のオルゴール(アンティークのモノ)をたくさん展示していました。



館内ガーデンのパネル展示もありましたが、時間が決められていると云う事で、
先に「オルゴール作り」をすることに。
六甲オルゴールミュージアム2015-13

これが組み立てキット
六甲オルゴールミュージアム2015-12




六甲オルゴールミュージアム2015-14
シリンダーを固定した所。
まだゼンマイは組み入れていません。


六甲オルゴールミュージアム2015-15
シリンダーをセットして、ゼンマイを組み入れ、櫛を組み付けます。
この櫛の組付けが、とっても難しかった〜!
きれいな音が出る位置に手で調整し、ドライバーを使ってネジで固定します。
微調整で音色・音量・リズムが変わってきます。


箱に取り付けで出来上がり。
この箱によっても響きや音量が変わってきます。
私は透明のフォトフレーム型にしました。
ダンナさんは木製のフォトフレーム型。
    出来上がった所の写真撮ってなかった(^^;)



さて、いよいよ、館内ガーデンの散策です。
ガーデンというか、「ヒツジグサの池」の周りにある遊歩道を一周〜かな。


ガーデンへの入口(館内出口?)に鍵が!!
そしてよく見ると、小さなアリスが〜。。
六甲オルゴールミュージアム2015-02



出てきた所
六甲オルゴールミュージアム2015-03



アリス、いた!
六甲オルゴールミュージアム2015-04


白ウサギも見つけた〜♪
六甲オルゴールミュージアム2015-05




ハートの女王も〜やっぱり怒ってる感じ(^^;)
六甲オルゴールミュージアム2015-06



チェシャ猫は木の上ね
六甲オルゴールミュージアム2015-07





芋虫もみ〜〜っけ!
六甲オルゴールミュージアム2015-08





どうやらこれで全部かな?
キャラクターを探すのにうろうろしたけど、
「ヒツジグサの池」そのものもとってもきれいです。
六甲オルゴールミュージアム2015-16




六甲オルゴールミュージアム2015-17




六甲オルゴールミュージアム2015-18




六甲オルゴールミュージアム2015-19


紫陽花も咲いていました。
緑の紫陽花
六甲オルゴールミュージアム2015-20



これもよくみると紫陽花?
六甲オルゴールミュージアム2015-21





六甲オルゴールミュージアム2015-22
最後に手回しオルガンを演奏してきました(^m^)


いろいろ体験もしたので、ここだけで半日が終ってしまいました。
あー、楽しかった!
またいつか来れるといいな。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。