こうちゃんの Collection Room
このお部屋にはこうちゃんが、集めたもの、手作りしたもの、日々の記録などを紹介しま~す♪ 

植物染色絵の具でワークショップ2017

自然の植物から採った染料から作った絵の具
紀美野町に住む染織家 山口由宇香さんによるワークショップに参加してきました。
水の色、植物染色絵の具でワークショップ2017-01
左から
ウコン+サビ釘
生葉藍
麻の墨
茜(2種)+ミョウバン
ウコン+ミョウバン
煮詰めて、煮詰めて、色濃く出して
そこにセルロースという食品添加物をちょっと加えているのだそうです。



参加者は6人
アットホームな雰囲気で製作開始(^-^)v
水の色、植物染色絵の具でワークショップ2017-02





水の色、植物染色絵の具でワークショップ2017-04





水の色、植物染色絵の具でワークショップ2017-06





水の色、植物染色絵の具でワークショップ2017-03




水の色、植物染色絵の具でワークショップ2017-05





水の色、植物染色絵の具でワークショップ2017-07





水の色、植物染色絵の具でワークショップ2017-10

ピンクのエコバッグは茜で染めています。
白いのもオーガニックコットンで豆乳で煮ています。
豆乳で浸しておくと染まりやすいんですって。


それぞれ思い思いの絵を描いて、みんな違った作品ができました。




他にもこんなもので染まりますという展示。
ピンボケでごめんね。
水の色、植物染色絵の具でワークショップ2017-08

ススキで染まるの?驚き‼️



水の色、植物染色絵の具でワークショップ2017-09



前に体験したアフリカ泥染めに続いての染料体験
楽しいひと時でした。
山口さん、ありがとうございました(^∇^)
スポンサーサイト

暑さ寒さも彼岸まで

あんなに、暑かったのに、この季節になると、やっぱり涼しくなるのはさすが!



白い彼岸花
↑ウチの庭に咲いた白い彼岸花


彼岸花って、つい最近まで何もなかったのに、彼岸になると綺麗に花咲かせるのはさすが!

東京ステーションホテル2017・2

写真整理で出てきたもの。
2月の出来事です

息子の絵が入賞して、東京で表彰されることとに😄✌️
ちょっと(かなり)奮発して、一度泊まりたかった東京ステーションホテルへ❗️

東京ステーションホテル2017.2-01
ドームの上部を水平に見られるのはホテル客だけの特権💕


東京ステーションホテル2017.2-09
窓から見たところ





東京ステーションホテル2017.2-02
見下ろすとこんな感じ!




東京ステーションホテル2017.2-10
天井が近い!!




東京ステーションホテル2017.2-04
部屋も広い。
3人で行ったので、エキストラベットを追加してるけど、
それでも余裕〜👍




東京ステーションホテル2017.2-03
朝食ビュッフェ、バイキングです。
旦那さんが、「何を食べても美味しい❗️」感動していました。
ビュッフェの人も、受付や、他の従業員の方の接客も素晴らしい。
痒いところに手が届く、と言うか、痒くなる前に手を打つって感じに
至れり尽くせり😍😍😍
いやー、高いだけのことはあるなって思いました。


もっと写真撮ったんだけど、他のハードディスクに入れちゃって
探すの面倒なので、ここでの紹介はこれまで〜😅



少し写真が出てきたので追加
外観です。
東京駅2017.5-06




白くて丸いひさしがあるところがホテルの入り口です。
東京駅2017.5-04






これはホテルの部屋からではなくて、ドームの下からです。
東京駅2017.5-03




そしてドームの真下!
東京駅2017.5-02




もう、ミニバラとは言えない

庭のバラ2017秋02

8年前、ひよこちゃんにもらったミニバラ。
玄関先に鉢を置いていて‥‥。
いつの間にか私の背よりも高くなっている。
この暑い夏も乗り切って、
みごとに花が咲き誇っている。

ミニバラの定義ってなんだろう。
私は花が小さいバラだと思ってたけど、
最近は花も大きくなったような気がする。

こうなったらもう、ミニバラじゃないよね?

カフェ BRING BOOK STORE(和歌山近代美術館内)

和歌山近代美術館内レストラン2017.3-10
カフェ BRING BOOK STORE(ブリング・ブック・ストア)
2016年3月20日(日)にオープン


ここのことは以前にも記事にしたのですが、時差的にはこっちの方が先💦
この画像は2017.3のものです。



和歌山近代美術館内レストラン2017.3-08
カウンター?と一瞬、思ったけど違いました(^^;;




和歌山近代美術館内レストラン2017.3-02
近代的な建物に中に、昔の学校風インテリア。
奥の本棚の本は自由に読めるのかな?

ある意味すごく凝ってるー。
だって、床や家具?柱など、全て持ち込みになるものねぇ。
古民家や廃校校舎のリノベーションとはちょっと違う




和歌山近代美術館内レストラン2017.3-03
頼んだのはカレーライス





和歌山近代美術館内レストラン2017.3-06
と、コーヒー
え?こんな容器で出てくるの?
お持ち帰りじゃないのに??? びっくり(O_O)
そして、フレッシュやシュガーはセルフなんです。
持ち帰ろうと思ったら出来る、案外便利かもー。






和歌山近代美術館内レストラン2017.3-04
ここにフレッシュ、砂糖、ナプキン、お水、などセルフ用品が揃っています。





和歌山近代美術館内レストラン2017.3-01
ゴミ箱もあって、分別して捨てます。




和歌山近代美術館内レストラン2017.3-07
フライヤー置き場



和歌山近代美術館内レストラン2017.3-11
全体こんな感じ。
柱とかすごいよね〜。
美術館の中で異世界来たみたいです。





和歌山近代美術館内レストラン2017.3-05
窓から和歌山城が見えます。
右上の軒は、この美術館をデザインした黒川紀章さんが
和歌山城をイメージして作った軒なんです。
本物とコラボ(^∇^)




和歌山近代美術館内レストラン2017.3-09
電球に映る和歌山城も面白い。







最後のこの写真は、お店のサイトから〜
和歌山近代美術館内レストラン2017.3-12
なんでも、本当に本を販売することになったようです。
お店の名前が「BRING BOOK STORE」ですものね〜。