こうちゃんの Collection Room
このお部屋にはこうちゃんが、集めたもの、手作りしたもの、日々の記録などを紹介しま~す♪ 

サラダ@サラダ

サラダ三昧!

ウチのいちご(チビ)が白っぽいものを好んで食べるので
それに合わせて、マカロニサラダとマッシュドポテトを作ってみました。
盛り付けの時に細ーく切ったフライドポテトも添えて食感も楽しめるように‥‥。
付け合わせは刺身‥‥てオイ。どっちがメインなんだか~~(^^;)


昨日は地区の夏祭り、事前に買ったビール券(おつまみ付き)もあるのであっさり晩ご飯で丁度よかったです(^^)
しかし、おつまみのおでんはいいとして、お酒の飲めない我が家‥‥ビールはどうしたらいいものか‥‥‥。
今冷蔵庫で邪魔になってます(^^ゞ)
スポンサーサイト

鰺の南蛮漬けとほうれん草たっぷりオムレツ

鰺の南蛮漬けとほうれん草たっぷりオムレツ


うう、上に玉ねぎをいっぱい乗せ過ぎて肝心の鰺が見えない(ーー;)
とにかく南蛮漬けです。
鰺は市販のもの。
玉ねぎはあややおばあちゃんの家庭菜園で出来たものです。

昨日、いよいよ職場復帰と言う事で引き継ぎにいってきました。
引き継ぎだけなので、早めに帰って来れて、帰りのスーパーで何となく
「南蛮漬けが食べたい!」と思ったので‥‥。



鰺に片栗粉をまぶして、油で揚げる
玉ねぎをスライスする

お酢、醤油 みりん 調理酒 砂糖 七味(オーストラリア製!?) 出汁 を適量に、お酢は多め。レモンがあれば添えても良いんだけど、昨日行ったスーパーには国内産レモンがなかったの。アフリカ産レモンだって!!どうしようか迷って、買うのやめちゃった。
調味料全部混ぜてタッパに入れて鰺と玉ねぎを漬け込みます。冷蔵庫でひんやりさせて、パク!




私はいつも、“付け合わせに”に悩むのよねー。コレにはコレって言うものがないものかしらねー。でもそうなるとワンパターンになって楽しめないか‥‥(^^ゞ)
ひよこさんみたいにいろいろアイデアが浮かぶ人って羨ましいーー!


今日思いついたのはオムレツ。
ほうれん草が野菜室で「私を早く使って!!」と訴えてたので、ほうれん草たっぷりのオムレツにしました。
卵3個、ほうれん草はレンジでチンした後、軽く水にさらして灰汁抜きしたあと粗みじん切り。、塩、みりん、出汁 牛乳を入れてまぜまぜ。
初めはスクランブルエッグを作る要領、半熟ぐらいになったらフライパンを傾け持ち手をもう片方の手でトントン叩いていくとオムレツっぽい形になる。 
今回はいちごも食べやすいようにしっかり中まで火が通ったオムレツにしました。


この付け合わせ‥‥‥合うんだかどうだか。
でもさしてグルメでもない我が家の家庭では誰も問題にしないのさ(苦笑)

素麺南瓜(金糸瓜)

素麺南京1
『素麺南瓜』と言うものを買ってみた。

切ってみた感じは瓜のような感じ。





素麺南京2
輪切りにしたのを出汁で炊いて中身を崩したら、おおー糸状!!

これを冷やして二杯酢で食べたら美味しかった!!

あ、サラダとかに添えても良いかも知れない(^m^)


しかし、今年は素麺づいてるなぁー。

焼き鳥パスタ

焼き鳥パスタ1
さと@さとさんが作っていた“焼き鳥パスタ”が美味しそう&簡単そう~♪だったので、マネして作ってみました。

<材料 一人分>
玉ねぎ 半個
缶詰めの焼き鳥(タレ味) 1缶
枝豆、レタス、トマト 各適量
みりん、醤油

缶詰めのタレだけならパスタの味にする分まで足らないので、みりんと醤油で嵩まししました。
洋風に盛り付けるとなんとなくイタリアンに見えるから不思議!



焼き鳥パスタ2
ダンナさんはトマトが苦手(一口ぐらいなら食べる)なので、和風に盛り付けてみました。
トマトの代わりに、刻み海苔(味付け海苔を調理バサミでチョキチョキ)を振り掛けました。
ムムム、見た目は焼き鳥丼だ!

同じメニューで、2食作れた気分!
焼き鳥の缶詰めにタレ、辛口があったので、ダンナさんのはそれにしたけど、あんまり味は変わらない感じがした。タレを嵩ましするときの調味料が同じだったからかな??


とっても美味しくいただきました!
さと@さとさん、ありがとう(^^)

 ↓さと@さとさんの焼き鳥パスタはこちら
http://blogs.yahoo.co.jp/bkf_msato/7519122.html 
 

離乳食11

離乳食11

カレー&マカロニサラダ&人参とりんごの寒天


最近、とっても好き嫌いが多いの……(ーー;)
でも聞くところによると、今時って味覚が発達してくるから、偏食も多いけどこの時に何でも食べさせておかなくてはならないらしい‥‥ひえー!

で、カレーは大人のカレーにちょっとヨーグルト多めビーフシチューの元も混ぜてみました。
マカロニサラダは野菜入りのを。
(*カレーとマカロニは、「夏カレー」の生地とほぼ同じね)
寒天は人参をすり降ろして絞り汁だけを使用、それにりんごジュースでわって寒天で固めました。若干りんごジュースの方が多めにします。前にりんごジュースをちょこっと入れただけのを作ったら、とっても人参臭くて(それも人参のイヤな匂い)不味かった(><)、ので、りんごジュースは多め!ネ。

カレー以外は完食。
カレーはちょっと食べてご飯だけを食べるのヨ。もう~~(ーー;)

でも、野菜寒天は美味しそうに食べてくれたのでよかった(^^)

ウチのお鍋事情

このブログで何度も書くように
“ウチは狭い!”

ので、もちろん台所なんてものすごく狭い。(3畳ぐらいかしら?)
そこに、流し、ガスコンロ、冷蔵庫、食器棚(電気釜&電子レンジ&オーブントースター込み)、ワゴンが置かれているから、私の動くスペースが分かろうもの。

当然、お鍋の置くスペースもないので、極力場所のとらない
「T-FAL」のお鍋。取っ手のとれる~♪シリーズです。
(ひよこさんのお勧めのシャトルシェフ、すごく便利そうで欲しいんだけど
 ウチには置くとこころがない。)

深鍋大中小の3個
フライパン一個   以上、これだけ


なので、調理の幅もせまくなる……まぁ、もともと大したものを作ってないから良いんだけどね(^^;)
でも、ちょっとだけ工夫してみたりもしている。

発砲スチロールの箱入れ保温調理



お鍋1
お鍋が沸騰したら、中のモノが煮詰まっていなくても、そのまま新聞紙にくるむ。
お鍋が熱いので要注意!
この時、取っ手がとれるのは大助かり(^m^)



お鍋事情2
さらにバスタオルでまく


お鍋事情3
それを発砲スチロールの箱に入れてしっかり蓋をする。
発泡スチロールの箱は『せ○きょう』のを利用。
1週間借りている間にちょこっと使わせてもらうの‥‥ヘヘ、『せい○ょう』さんいつもありがとうございます(^^ゞ)


さて、2~3時間後、沸騰してたお鍋は……まだまだアッツアツ!
素手で触れないくらいです。
中のモノもしっかり火が通っていますし、じゃがいもや人参など厚みのある切り方してるものでも中までホクホクになってます。それでいて、型くずれはしていません(^^)v

火加減を見る必要もないし、ガス代もお得!
7/26のカレーもこの方法で作りましたー。



あ、出来上がりの写真とるの忘れたよ(^^ゞ)
なので、参考までに‥‥↓が「T-FAL」のお鍋です。
ウチのとはちょっとセット内容が違うけど。

T-FAL

夏カレー(カボチャ添え)

夏カレー

普通のカレーにカボチャを添えました。
夏野菜カレー、と言うのをよく聞きますがナスも入っている事が多い。
でもウチのダンナさんはナスがダメ。
これはどうあってもダメ、「口に入れる事ができても飲み込めない」という。
一人分のために買ってくるのが面倒なので今日はパス。
(たまたま冷蔵庫にあったら使うけど)


さて、このカボチャ入りカレーを作った由来を!

昨日、車に乗っていたときラジオから
「今日はカボチャ供養の日です」と流れてきた。
カボチャはビタミン、カロチンなどが豊富。
で、この時期(土用のあたり)にカボチャを食べると中風にならない(病気をしない)と言われてるんだって!
京都では7月25日を『カボチャ供養の日』としてお供えしたり、家庭で食べたりするらしい。
http://www.kyoka.co.jp/t2_syoku_7.htm
http://www5e.biglobe.ne.jp/~hidesan/anraku-ji.htm

「ふーん、今日かー、でも今日はカレーの予定だったしな~~!
 あ、カレーにカボチャを入れちゃえばいいんだ♪」

ということで、カボチャ入りカレーと相成りました。



<夏カレー材料>
玉ねぎ  2個
じゃがいも 3~4個
人参   一本
とり肉 200gぐらい
豚肉 100gぐらい
トマト(ピューレにしたの) 一個
ヨーグルト  100ccぐらい
塩胡椒  適量
ガーリック 適量
カレー粉  適量
ガラムマサラ 適量
ココナツミルク  適量
ローリエ  干したの5、6枚

豚肉と鶏肉が入ってるのは、単に冷凍庫の整理をしたかっただけ‥‥(^^ゞ)
ローリエはウチの住宅の横に生えているのをいただいてます。
トマトピューレやヨーグルトは入れたり入れなかったり‥‥、冷蔵庫にあれば入れるという感じかな??(忘れる事もある!)
ヒレカツも冷蔵庫の整理。

カレー粉はその時の気分でルーが変わる。ウチでは中辛が多い。
なるべく2種類以上のルー、またはカレー粉を混ぜて使うようにしている。
今回は「中村屋のカリーフレーク」と生協の「直火焙煎のカレールー」を使用。

で、肝心のカボチャは一緒に煮詰めると柔らかくなり過ぎちゃうので
別に油でかるく炒め揚げして、盛り付けの時に添えました。

サラダは野菜入りマカロニとミックスベジタブルのヨーグルトマヨ和えです。

ピーチパン

ピーチパン4
桃の美味しい季節となってきました。
毎年、あややおばあちゃんは『荒川の桃』を使い物(御中元)にします。
で、今年も生産者直売のところにいって注文、そしたら、傷物の桃を沢山いただいたそうな。
ところが、その桃をいただいたおばあちゃんは次の日からメキシコ旅行に!!
当然の事、桃は娘の私のところに回ってきました。
美味しいので有名な所のものらしいのですが、傷物の桃は腐りやすい‥‥。
大慌てで桃のコンポートを作りました。
そして、その桃を挟んでパンにしてみました!!



ピーチパン1
パン生地のまん中に桃のコンポートを並べる
桃のコンポートはよく水分を拭き取る
桃の色が違うところが素人の手作りを思わせますねー(^^ゞ)



ピーチパン2
今回は編み編みパンにしました。
友人から借りた本に編み方が載っていたので、マネマネ。



ピーチパン3
焼き上がり全体写真*****でかっ!!


実はこの日、いつもパンを焼かせていただいてるゴンちゃんママが急病
で、ゴンちゃんママが病院へ行ってる間、ゴンちゃん(一歳7ヵ月)とお留守番してたの。
ゴンちゃんと遊びながらパンを作ってたら、発酵時間が長くなってしまって!!
(いつもは電子レンジ発酵で10分なんだけど一次発酵で20分、
 2次発酵で30分かけちゃった)
そしたら、、、膨らむ膨らむ!!(@0@)ビックリですわ。
焼き上がったら、お皿よりでかいんですもんーー!
このお皿、直径26cmあるのよ。


さて、<食べた後の感想>
やはり、桃は水分が多くて、一部の桃は柔らかくなり過ぎて、食感がなくジャムみたいな感じになっていました。
コンポートを作る時に固めにした方がいい様です。

発酵時間が多く、ふっくら仕上がって、焼き立てはすんごく美味しかったけど、
時間を置くとぺちゃんこになってしまいました。アリャリャ!
やはり発酵時間が多すぎてもいけないみたいです。

桃入りなのでデザート感覚、でもそれにしては甘味が少なかったかな?
パン生地を作る時、いつもより砂糖を足した方が良いかも知れません。

でもでも、焼き立てはふっくらしてて、桃の甘酸っぱさもお口に広がって、美味しかったよーー?

トビウオさつま揚げのホットドック

トビウオのホットドック

昨日のモーニング
トビウオのさつま揚げが残っていたのでホットドックにしました。
千切りキャベツはレンジでチンしてしんなりさせた後、
辛子マヨネーズにちょっとだけカレー粉を混ぜたもので和えました。
それとさつま揚げのきざんだのをはさんでオーブントースターで焼き上げて終わり。
好みに合わせて、ケチャップとかマスタードとかをかけて食べます。
簡単だし洗い物は少ないしGOOD(^^;)

さつま揚げが柔らかくて美味しかったです。パンにもあうんだなー!

トビウオのさつま揚げ

飛魚のさつま揚げ03
トビウオといえば鹿児島
鹿児島と言えば『さつま揚げ』。
ということで作ってみました。



飛魚のさつま揚げ01


飛魚のさつま揚げ02

トビウオ3尾の身(背骨についた身はスプーンでこそげ落としました)
絹ごし豆腐、半丁(よく水を切って!)
卵、一個
お酒
みりん
砂糖  大さじ3ぐらい
塩 少々
醤油
みそ
すりおろししょうが
片栗粉  大さじ3

★今回お豆腐を入れたのと、低めの温度でじっくり揚げるのがポイントだよ!

これを全部フードプロセッサーに入れてガー。
調味料は味を見ながら追加します。
練り練りになったのを、手で丸めて油であげました。
揚げてると、どんどん膨らんでくるので面白ーい!


おお、揚げたては美味しいー、美味しいよ~~(@▽@)
そのままでもGOODでしたが、辛子醤油につけて食べても美味しかったです。

思ったより沢山出来たので、明日も食べれそうで~す♪

トビウオのお刺身

トビウオ01


トビウオ02

生協の鮮魚コーナーでトビウオが出てたので注文してみた。
魚なんぞ、自分でおろすなんてめったにしないから、スゴクへたっぴだし(以前したのは何年前だったかなァ~~(ーー;))、だいたいウチには刺身包丁がない。
文化包丁とペティナイフだけ‥‥(汗)
なんて、無謀な!!
ただ‥‥、今私は育休中でちょっとだけ時間がある。仕事に復帰したらそんな時間はとれないだろうから、今の内に体験してみるのもいいだろう、と思って挑戦する事にしたのだ。

届いたのは『トビウオ5匹』、注文書には『4匹』となっていたので、ちょっと小さめなのかも知れない。
でも何だか得した気分(^^)v

生協の鮮魚はその朝にとれたの直送だから結構新鮮。
身も引き締まってプリプリしてる!!




<ちょっと余談~集配所での出来事>

3歳の男の子二人がお母さんにつれられて出てきていた。
生協のお兄ちゃん「このオビウオ“鮮魚”ですので、早めに冷蔵庫に入れてください」
Aママさん「このトビウオ誰のですかー?」
Aさんの子「トビウオって何~~?」
Bさんの子「(両手を広げて)『キーン』だよね~」(笑)
        (こういう表現は子どもならでは、可愛いよねー)
Bママさん「海の上をピョンピョン飛ぶ魚だよ」
Aさんの子「『キーン』て飛ぶの?」
Bさんの子「『キーン、キーン』」といって走り出す。
Aさんの子「『キーン、キーン』」と一緒に走り出す。

なんでも遊びになるなァ‥‥。

私「あ、そのトビウオ私のです」とトビウオを受け取ってすぐに冷蔵庫に入れにいく。
   (集配所は家の目の前なの)

私が集配所に戻ってきたら
Aさんの子「トビウオどうするの??」 とニコニコ顔で聞いてきた。

私「おあばちゃんとおじちゃんといちご(ウチのチビ)で食べちゃうんだよー」
 と言ったとたん‥‥。


Aさんの子は固まっていた!!(爆)


たぶん、Aさん家では水槽でお魚飼ってるから、トビウオも飼うと思ったんじゃないかな?
それで、飛ぶとこ見せてほしかったんだと思う……。

でも、もう死んじゃってますからー、残念!!
それにおばちゃんの家狭いから、水槽置けないんだー、切腹!!



もうひとつ、余談です!
いちごにトビウオ見せたらどんな反応するかな?と思って、
「ほら、お魚さんだよ」といって近くに持って行ったら‥‥ビビってました。

さらに、トビウオの羽を広げて
「キーン」て飛ぶんだよー」、と目の前で飛ばせてみせると‥‥
い「イヤー、あっち、あっちー」

あらら、大泣きしちゃったー(^^;)
ごめんね、いちご。


トビウオ03



トビウオ04


で、なんとか3枚におろしてみました。
4枚目の写真は2尾分の切り身、これをさらに小さく切って、お刺身にしていただきました。


さすがに新鮮!
臭みもなくって、プリプリの歯ごたえで、グッドテイストー(>▽<)/

生臭い魚が苦手なダンナさんも、「これは美味しい」といって
パクパク食べてくれました♪

ふう、頑張った甲斐があったよ(^^)v

ビビンバ素麺

ビビンバ素麺

YAHOOブログ“アリスの庭”のけろちんさんの記事でビビンバをお弁当にした(http://blogs.yahoo.co.jp/alicegardenkerotin/6761507.html)と言うのを読んで、ビビンバが食べたくなった。

ということで、ビビンバ素麺です。
やっぱり素麺なのね、ハイ、素麺料理はまだ続きます‥‥(^^ゞ)

美輪素麺を一箱いただいてから、結構いろいろなメニューでいただきました。
おかげで、残りも少なくなってきましたよ。
いや、素麺って賞味期限が長いのでそんなに慌てて食べなくてもいいんだけど、
なんせ、狭い我が家、少しでも場所をとるものは処分したい、と言う事で‥‥。
(その割には変な雑貨や、チビのおもちゃなんかはゴロゴロしてるんだけどさ~~)

でも、これ、結構イケます!
麺は少し固めに茹でたのがあうかな。お勧めですよ~(^^)v

南瓜と豚肉の煮つけ

南瓜の煮つけ1



南瓜の煮つけ2

横から見た図と上から見た図

南瓜は『葉っぱ』の形にしました。
豚肉は南瓜の形に合わせて『バラの花』に見立てました。
薄切り豚肉をバラの形に巻いて爪楊枝で止めて煮て、盛り付けの時に爪楊枝をはずしたの。

豚肉の爪楊枝をはずしたけど、形は崩れず、良かった(^^)
ちょっとでも涼しい感じになるかな?と思ってガラスのお皿に盛り付けました。

カツオとコンブ両方で出汁をとって煮付けたのでいいお味でした~!!

色違い肉じゃが

色違いの肉じゃが

元はいたって普通の肉じゃが。
ダンナさんが牛肉より豚肉の方が好きと言うので、ウチでは豚肉で肉じゃがを作ります(関東風?)

左はキムチをいれました。(私専用)
  ピリカラが暑い夏にぴったり(^^)

右は生卵をおとしています(ダンナさん専用)
  なぜかダンナさんは肉じゃがに生卵を入れます。

結婚して初めて肉じゃがを作った時「卵入れて!」と言われました。

私「はい?卵? ゆで卵?それとも煮卵?」
ダ「生にきまってるやん」
私「へ~~、肉じゃがに生卵入れるなんて、初めて知ったよ。」
ダ「肉じゃがに生卵は定番でしょう」
私「え??そうなの? でも私知らないし、やったことない」
ダ「みんな、入れてるよ、入れなかったら味が半減するよ」
私「でも料理の本みてもそんな事載ってないよー!!」

よくよく聞いてみると、どうやら、『肉じゃが』と『すき焼き』を混同していたらしい(笑)
そして挙げ句
「見た目はあんまり変わらないよ、卵好きだから、入れといて」

あの~~、肉じゃがと、すき焼きでは材料も味も違うんですけど‥‥。


好き嫌い多い上に味音痴??ってなんじゃそら。
まあ、味音痴なのは私も大して変わらないけど‥‥。

それ以来ウチではダンナさんの肉じゃがには生卵が入ります(^^;)


*それにしてもこの写真の処理、大した料理じゃなくても美味しそうに
 見えるなァ~
 クセになりそうです(爆) 

磯の生物、観察会

先週、7/10、あややおばあちゃんの仲間で作っている“自然に親しむ会”が主催の観察会に便乗して栖原海岸へ行ってきました。
いちご(チビ)の初海、ていうか海岸デビューです!

でも、観察会は砂浜より岩場の方が生物が多い、ということでいちごにとってはちょっと遊びにくいかも……と思っていたら、何のその。
歩きにくい岩場の中を何回もコケながら入って行くのです。
目的はひとつ!

    岩場の谷間にある

    水たまりで遊ぶため!!


そりゃあもう、全身潮水にまみれながら夢中で遊んでいましたよ。
危なっかしいので、もちろん私はピッタリそばについていました。

だから、近くでいろんな生物の説明をしてくれていたけど、全然聞けなかった(^^;)
まぁ、もともといちごが遊べたら、って思ってついていったんだから、これも一応目的達成!‥‥かな?


観察会には和歌山自然博物館の学芸員の方が講師として来てくださっていて、みんなが採ってきた生物の解説をしてくれていました。
下記の資料はそのときのもの。
この日にどんなものが採れて、どんな説明をしてくれたのかは不明。
後日、会報が出るので、その時に分かるかも‥‥。

ただ、海岸についてすぐ、ウミウシが見れました。
それと、ウニがたくさん採れていたけど、ここら辺はエサ(ワカメ)が少ないので、ウニそのものは大きいけど、中身はがらんどうに近い、と言うのだけ聞きました。
なあんだー、残念!!



磯の生物


いろいろ採れていた様ですが、このメンバーは欲がないらしく
みなさん、観察した後は海に返していました。


PS.本当は、チェシャー猫の森(育児日記の7/10→http://diary5.cgiboy.com/5/cheshirecat/)の方にだけ、この話を書くつもりだったんだけど、友人のブログ(きまぐれキッチン→リンク参照)で貝の事が話題になっていたので、載せました。
こっちの方が資料写真がサムネイルでUPできるので良いかと思って!

『アップルパイ風パン』と『エピパン』

アップルパイ風パン2
7/13、友人宅(ゴンちゃんママ)でパン作り。
今回はゴンちゃんママの持ってる本の中から、『アップルパイ風パン』にしました。
りんご(大)2個をハチミツ大さじ3で煮込んで、コンポートを作ります。
一次発酵を済ませたパン生地を丸くのばして、その上にりんごのコンポートをのせ、細長くのばした生地を荒い編み目のようにして上にのせるだけ。
そのまま2次発酵させて、焼き上げます。

見た目は、載っていた本の写真よりきれいに出来ました(^▽^)
味も、最高~~!!
ただ、生地を作る時、ちょっと塩が多めだったの、
塩が多いと、イースト菌の働きが悪くて、発酵が遅いんだってね!!、知らなかったよ。
なので、発酵時間を少し多めにとったので、時間かかっちゃった。
2次醗酵終わるまで、2時間かかりました。
それでも、ふっくら加減はまだ、足りない感じだったな。

好みで、カスタードクリームや、ジャム、レモン、シナモンなどはさんでも美味しいと思います。


アップルパン2



エピパン

2枚目は切り分ける前のパン。
見た目だけなら、本当にパイみたいだね(^m^)
思った以上にでかくなって、おかげで、たくさん食べれました(笑)

3枚目は、意外に生地がたくさんあまったので、エピパンにしました。
ベーコンをまきこんで、チョキチョキ切るのが面白かった♪
これもシンプルな味だけど、美味しかった~。
このパンの良いところは、ちぎりやすいところだね(^^)b

「仁王さんの話」

仁王さんの話
↑画像をクリックすると、もう少し大きくなって、お話も読めると思います。

「仁王さんの話」
5年ぐらい前に和歌山絵本の会からのお誘いで描いた紙芝居です。
老人倶楽部の人がお話(実際にある民話を紙芝居にするための
いわゆる“脚本”)を書いて、それを10枚ぐらいの絵にしたもの。


昨日、久しぶりに職場に行ったら、同僚さんが
「和歌山の情報誌よんでたら、あなたの名前が出ててびっくり、民話の絵を書いたの?」と言うのです。
え??何?私は知らないよ??
聞いてみると、「WACA-P(ワカピー)」という和歌山文化情報誌に和歌山の民話紹介のコーナーがあって、そこで紹介されていたらしい。
さっそく、帰りにアバロームに寄って(ここのロビーに置いてあるだろうと思って)そのワカピー(しかし、なんちゅうネーミングセンスだ!)を貰ってきました。

なるほど、こういう使われ方ね!
紹介してくれるのは嬉しいけど、名前載せる時は連絡してほしいかも……(こっちがビックリするからさー)

この紙芝居は今和歌山老人倶楽部が所蔵していて、一般に貸し出しもしています。
事前に依頼すれば、老人倶楽部の会員さんが読み聞かせに来てくれることもできるそうです。




ワカピー
ちなみに↑これがその「WACA-P(ワカピー)」です

4食そうめん

4食そうめん

そうめん尽くしの我が家
今日は今までの美味しかったの&新作をいろいろ出してみました。
ちょっとずつ味が楽しめて面白かったよ。

左上/カレーそうめん(以前使ったカレーの残りを冷凍保存してあったもの)
右上/青シソとくずし梅のそうめん
左下/なめこキュウリ和えそうめん
右下/ツナと枝豆のそうめん(フレンチドレッシングかけ)


友だちのひよこさんが、写真画像に凝っているので、ちょこっとマネしてみました。(四角く枠を取ってる方法ね!)
でもあんまり上手くいかないわ。バランスとか、もともとの写真の撮り方とかが、全然ダメだもんね~(><)

チョコエッグペット動物第一弾

チョコエッグペット動物第一弾

日本の動物第4弾の後、ペット動物第一弾が出ました。
『ブリスターパック』という、プラケースで固定して入れてしかも飾れる箱が、抽選で当たると言うので応募しました。ハガキ10枚ぐらい応募したかなァ?
そしたら、当たってしまったよ(^^)/

ノーマルしか入れられないのですがこんな感じです。
かさばるのが玉に傷だね~~。

ちなみにペット第一弾のシークレットは盲導犬(色違い3種)でした。

チョコエッグ日本の動物第2弾

チョコエッグ日本の動物第2弾-1



チョコエッグ日本の動物第2弾-2

第1弾に引き続き第2弾です。
集め出してしばらくしてから、まだ北海道で第2弾を売ってるのを見た、という情報を手に入れ、交換サイトで北海道の人を探し出し、未開封のを代理購入してもらってかなりの数を集めました、それでもコンプにはいたらず、ショップとかでも購入しました。

大阪、日本橋にはその手のショップがかなり並んでいたので、大阪に行く度に日本橋に立ち寄って、安いのを探し出しては買ったものです。
ショップ巡りを同行してくださったダンナさん、ありがとうね~!

ああ、今ではそんな情熱と根気はもうないなぁ‥‥。懐かしいです。

チョコエッグ日本の動物第一弾

チョコエッグ日本の動物第一弾

「フルタ×海洋堂」が出した『チョコエッグ』というお菓子のオマケ
『チョコエッグ』とは卵型のチョコレートの中にカプセルが入っていて、さらにその中に組み立て式のフィギュアが入っているもの。
私が気がついた時にはもう第4弾になっていましたが、この頃から大人がハマる食玩としてブレイクしたのです。
っていうか、このシリーズが“食玩コレクター”を生んだといっても過言ではないと思います。
何故、そんなにブレイクしたかと言うと、ひとつには小さいながらもかなりリアルなんです。いわゆる“出来がいい”わけです。(さすが海洋堂!)
又、リアルなだけで無く、このフィギュアはカプセルに入れるのに分割してあるのですが、その分割方法がかなり絶妙なんです。 組み立ててしまうとその分割していたところが極力見えないように出来ているんです。(どうしても見えてしまうものもあるけどね~)
その上、その分割方法ゆえに、組み立て時には「これがあの小さいカプセルに入っていたの??」と思うほど大きいものもあるんです。

さらに、ラインナップが絶妙! 子どもの玩具にこんなラインナップはまず無い(無かった)と思います。
そして、安い!!  いや、全部集めるには高い買い物なんですが、なんせ、フィギュアってそれだけで買うなら多分一体500円ぐらいはするでしょうね。ところがこの“食玩”の『食』ルートというのはおもちゃ業界には考えられない薄利多売ルートがあるようなんです。
同じおもちゃでも「おもちゃ屋さん」で買うと500円、ところがスーパーでお菓子付きで買うと150円だったりする訳です。


上記にもあるように私は第4弾から集め出したのですが、この第一弾をダブリで持ってる方が、譲ってくださったり(そのころはもう、貴重な品だったのに‥‥)、交換してもらったり、こういう食玩を専門的に扱っているお店で購入したりしながら、ボチボチ集めたら、シークレット以外はコンプリートしました。

よくみると、2つあるものがあると思います。
これは微妙にバージョンが違うもの。
例えば001のニホンザルは、分割方法が違います。(途中で改良されたらしい)
004のテンは色が全く違います。(黄色と茶色、途中で変更されたらしい)
005のオオサンショウウオは塗りが違います。(つや消しとつや有り)
といったぐあいに、マニアの間ではバージョン違いもコレクションの対象になる様です。

私はどれだけバージョン違いが有るのか分からないので、そこまで集めきれてはいませんが、一応ノーマルは全種類あります。(協力してくださった方々ありがとうございます)


クワガタやカブトムシなんかは人気が高くて、この当時(2001年の末)たぶんショップなんかでは3000円ほどしたかと思います。シークレットのツチノコなんかは10,000円こえてたものなぁ‥‥。とても手が出せない。
運良く未開封のを10個原価で譲ってくださった方がいて、なんとその中からツチノコが出た時は大喜びしましたよ(>▽<)
ただし、シークレットのツチノコは3種類(色違い)有るので、1/3なわけですが‥‥。

そんなこんなで、わたしのミニコレクションの火付け役のご紹介でした。





スヌーピーボトルキャップ第一弾

スヌーピー

『スヌーピーボトルキャップ第一弾』
ペプシコーラについていたオマケ

ペットボトルのキャップの上に被せて使うものなので、『ボトルキャップ』というジャンル(?)になります。(本当は『ボトルキャップキャップ』なんだろうけど‥‥(笑))

ボトルキャップが出だした時は、実際に被せておいて、職場の冷蔵庫とかに入れておくと“このジュースは○○さんの”と分かるようになっていて、便利でした。
今でもしてるのかな??育休中の私には良く分からないケド‥‥。

でもいつの間にか揃える方に夢中になってしまって(^^;)
まんまと販売促進戦法にハマッてしまってるというわけ。

コンビニ先行販売モノなんだけど、高いのでスーパーに出回るまで待っていたら、なんと近所のスーパーでケース売り(特売)してたの。でゴンと買ってしまった。ただ、中身が分からないので、コンプリート(全種類集めること)はできず。しかし、これがよくしたもので、ハマってる仲間同士での交換サイトがあるのでした。
私は、東京にいる友人が同じく集めていたので、交換してもらってコンプしたの。

あ、もちろん私は炭酸が飲めません(><)/
シュワーっとしたのは苦手なの。だから中身は全部ダンナさんが飲みました。

はう=3、揃うと壮観!! なのです

ペンギン&ハムスター

ハム&ペン

『ペンギンズランチ1&2』
『ハムスターズランチ』
北陸製菓というお菓子メーカーが出した、びすけっとについていたオマケ。

「食玩」って知ってますか?
お菓子などの食品についている『オマケ』のこと。
グリコなんかが代名詞になってるかな??
最近はこの『オマケ』の方がすっかり主役でお菓子はどこに??と言うものも多い。

しかし、この商品はオマケも一流なら、お菓子もなかなかの物でした。
もともとが北陸地方で有名なビスケットメーカーだったらしく、お、美味しい~~?

そして、フィギュアは今や日本一とされるフィギュアの老舗(?)“海洋堂”製のモノ。
いや~~、頑張って集めちゃいましたよ。
うん、今こうして画像見ててもいいなぁ~~。可愛いなァ~?

写真がビニールに入ったまま撮ってあるので見えにくくてスミマセン。
チビが出来てお部屋に飾っていられないので、実家の物置きに片づけっちゃったため、
写真の撮り直しが出来ませんの(ーー;)


ディズニーアリスのミニチュア食器

ミニチュア食器

昔、たぶん、キディランドで見つけたんだと思う。
アリス物が珍しかったので、思わず買ってしまった。
ドールハウス用にしてはでかいので、ママゴトセットに近いかも‥‥。

チャーハンのお稲荷さん

おいなりさん

下の梅シソそうめんが食べられないダンナさん用に作ったお昼ご飯
チャーハンはいちご(チビ)でも食べられるように薄味にしたので、ダンナさんにはお稲荷さん仕立てにしてみました。
これが結構イケた様です(^^)/
今度は私もこっちにしようっと!

梅シソ素麺

そうめん

昨日に引き続きそうめんメニューです。
青紫蘇をきざんでのせて、シラスのせて、梅干しのたたきをのせて出来上がり。
ワーイ、楽ちん、って思うでしょう~~!
私だけならね‥‥。
ウチには好き嫌い大将がいるので、このメニューは私only!

そう、ダンナさんは梅干しがちょっと苦手。
紫蘇はとんでもない!!
しらすは“ちょこっとなら”というレベル  ふう=3

なので、ダンさんは別メニューなのさ~~
→「チャーハンのお稲荷さん」のトラバを参照

素麺の豚しょうが焼きのせ

050625s.jpg

昨日の昼ご飯。
素麺をたくさん貰ったので、これからしばらくお昼ご飯は素麺です。
豚のしょうが焼きを作る時にちょっと味を濃いめに、そしてタレを多めに焼きます。この時の味付けで素麺をいただくのです。(素麺にタレはかけません)
ミニトマトとキュウリはあややおばあちゃん製
サラダのところにマヨかドレッシングかけてもいいです。

さっぱりこってり(?)してすごく美味しかったです♪

パン作り

チーズパン


P1010014s.jpg

ウチにはオーブンがないので友人宅(ゴンちゃんママと)でパン作り。

今回は二通りの作り方を試しました。
ゴンちゃんママは奥園式、私は村上式です。
奥園さんのはビニール袋に入れて練るので手や台所周りが汚れずGOOD。
村上さんのはレンジ醗酵させるので、なんと手早くやったら、二次醗酵終了まで40分という超スピードアップパンです。

作ってる時は、ゴンちゃんはお昼寝中、いちごは保育所だったので余裕で作れたのだけど、デジカメ持って行くの忘れて、後から自宅まで取りに行ったりしてる間に、ゴンちゃんはお目覚め(よく寝てたんだけど、寝過ぎなのでママに起された)、いちごも保育所降所時間となりました。
なので、チビたちに崩されないウチに写真撮るのが精一杯。
だから、ピンボケしてるよ~(><)
しかもゴンちゃんママの作ったパンは撮るの忘れてました!(普通のカメラでは撮ったんだけどね‥‥そのうち、追加UPします)


一枚目はウインナーチーズパン。
 焼く直前に「あ、ケチャップつけよう」、と大慌てでたしました。
 それが正解、なかったらちょっと味が薄かったかも。

2枚目はクルミパン
細かく刻んだ、クルミを混ぜ込みました。ちょっと焼き色が薄かったんだけど、作り置きして、あとで食べる時にオーブントースターで焼いたら、ちょうどいい色に焼き上がり、しかも焼き立てと同じ感じに食べられて良かったです。

ゴンちゃんママのはロールパンとウインナーパン。
 ウインナーのまわりに細長くのばしたパン生地を、ネジネジと巻いて行って整形したもの。
 こちらは卵が入っているためか、ちょっとあじがまったりした感じで美味しかったです。

個人的にはチーズウインナーが美味しかったかな(^^)♪
また作りたいでーす!

きのこカレー、コロッケ付き

P6080002s.jpg

私は結婚するまで(実家にいた時は)、カレーに生卵を落とすことはしなかった。
嫌いじゃなかったけど、そういう習慣がなかっただけ。
でもダンナさんは「生卵」と「福神漬」は必須らしい。
福神漬は、漬け物嫌いなダンナさんの数すくない食べられる漬け物。(あと胡瓜のキューちゃんもOK)
私はどっちかと言うと、カレーにはラッキョ派。

ウチのカレーは私の気紛れで具が変わる。しかもルーも変わる。
なので、二度と同じ味にはならない。でもだからこそカレーは飽きないのかも知れない‥‥。
今回はきのこカレーにしました。ただし、タマネギ、豚肉、人参、じゃがいもは定番なので、入っています。
コロッケは近所のお肉屋さんで3個100円だったもの。
これにミニサラダ(レタス、ミニトマト、キュウリ)付き。

たくさん作って、明日のお昼もカレー、もしくはカレーチャーハンになります。うふふ、ちょっと楽ちんなので嬉しいわ!

ピンク カサブランカ 

050618-3s.jpg



050618-1s.jpg


最近料理ネタばかりなので、ちょっとちがうものを。

庭のない住宅住まいの軒下でのミニ園芸。
といっても、本当にミニ、いやミニミニ……。
そのひとつ……ピンクカサブランカです。(6/18撮影)
カサブランカはでっかくなるけど、植木鉢で、ここまで、おっきくなるなんてねー!!
(前に白いの植えた事あるけど、ここまで、でっかくなかったぞー)
めいきちんと手入れしなかったのに、きれいに咲いてくれたのでお披露目を(^^)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。