こうちゃんの Collection Room
このお部屋にはこうちゃんが、集めたもの、手作りしたもの、日々の記録などを紹介しま~す♪ 

枕スイカ

枕スイカ1



枕スイカ2



枕スイカ3

スーパーで「枕スイカ」と言うのを売っていたので、買って来ました。
私より、ダンナさんの方が興味津々だったもので‥‥。
中は黄色いスイカでした。

切っていくと‥‥むむ、顔が出て来た(笑)
どうもウチのスイカは顔に縁があるようで(爆)
(今度のは自然の顔だよ!)

味は‥‥ちょっと甘味が少なめ、でも冷やして食べると水気が多くてそれなりに美味しく頂けました。


スポンサーサイト

銀作品

銀製品2


鯛の歯のペンダント2


七宝焼を習っていた時に作った銀作品の一部。
実家に帰った時にすぐ取りだせるものだけ、写真に撮って来ました。
でも急いでいたのでピントが甘いわ(ーー;)

先日紹介した「サグラダファミリアのブローチ」は鋳造法だったのに対して
後のは全て銀粘土による作品。

銀粘土は、その名の通り、粘土状になった銀で、非常に成形し易い。
成形した後は、七宝用の窯に入れ焼きあげ、銀磨きで磨きあげると、純銀の製品が出来上がると言うもの。
これだと、七宝の窯さえあれば、家でもできるので、最近はこの方法が多く用いられます。


作品左から
・ペンダントトップ/真鍮のパイプに銀粘土をチューブ状に練り出して巻き付け
          淡水真珠をほどこしたもの

・アンモナイトのピンブローチ/本物のアンモナイトで凹型をつくり、その型に
               銀粘土を押し込んで作ったもの
               赤いのは珊瑚七宝

・サグラダファミリアのブローチ/初めて作った銀作品
                鋳造法でつくったもの

・鯛の歯のペンダントトップ/なんと鯛の歯を型取りしました。
              錆色加工したら、化石風に見えるから面白い
              これだけ、UPの写真があります。

銀色そのままより、ちょっとシックな色に変色させる方が好きだったので、
こうして並べると、どれもこれも黒っぽいわー!
でもやっぱり、こっちの色の方が好き♪

オムうどん

オムうどん

焼うどんが食べたいなーと思って、うどん玉を買って来ていました。
作る時になって、ふと「あ、オムうどんにしたい」と思いついた。
卵は‥‥あるある。

「オムうどん」というと、薄焼き卵にきれいに包まれたイメージがあるんだけど
きれいに包み込むのは私は苦手(^^;)
なので、ふわふわオムレツ風にしました。
オムレツを上に乗せて、まん中で割り開いてふわふわトロトロの感じを見せると言うもの。

うん、何とか成功。

ダンナさんが「トロトロ卵が、うどんのソースと混じって、面白い味だね!」

“面白い味!?”‥‥‥美味しいのか?美味しかったんだよね??
美味しかったと言う事にしておこう(笑)

でもこのオムレツって結構卵の量がいるのね。
二人合わせて5個も使っちゃった。
コレステロール取り過ぎ??(^^;)
そして、また卵買ってこなくっちゃ、在庫が1個だけになっちゃった‥‥。

急に思い立って、8月26日(金)27日(土)と白浜に行って来ました。

1日目はアドベンチャーワールドへ
2日目は海へ

面白かったけど‥‥疲れたー!

疲れたけど‥‥面白かったー!!

行って良かったです。
夏ももう終わりですね。


サグラダブローチ

サグラダブローチ

以前、友人達と海外旅行にいくと決まった時に、
事前に作ったものです。
バルセロナに行くので、サグラダファミリアのブローチをしていったら面白いなぁと
思って作りました。

素材は『銀』
技法は『鋳造(ちゅうぞう)』


七宝焼を習っていた時にそこの先生が『鋳造法』も教えてくれました。
『鋳造法』とは蝋(ろう)を削ったり溶かして型を作り、さらに石膏でその蝋型の
凹型を作り、そこにに溶かした銀を流し込んで作る方法です。

いまでは『銀粘土』という便利なものがありますが、これを作る時はまだそんな
便利なものがなくて、苦労して型を作りました。
特に尖塔部分は、細くし過ぎると折れてしまうし、丸い部分は大きさが
揃わないし‥‥。(フウ)


でもこの『鋳造法』の方が強度が強く、凹型を特殊ゴムで作れば
同じものが複数個できるという利点があります。
(ペアでつけたい時などはGOOD!!)

もちろん、私が作ったこのブローチは1個だけです。
(いくつも作るほど良い出来ではないし‥‥(^^;))


私が作ったのはこの一番最初の蝋の型だけ。
後の作業は、専門の道具と技法(例えば銀を溶かすなんて、結構恐いです!!)が
必要なので、先生も専門家のところへお願いしていました。

あ、出来た後に、銀磨きをして、さらに古びたように見せ掛けるための
錆び付けをほどこしたり、ブローチなので、裏に留め金(これも銀で
つくりました)をつけたりするのは、教えてもらいながら、私がしました。


写真はちょっとピンぼけぎみですが雰囲気はわかっていただけるかな?
大きさは縦5cmぐらいです。

ゴーヤーチャンプルー

ゴーヤーチャンプルー



ゴーヤー

一昨日、同じ住宅の家の前に「ご自由ににお取り下さい」とゴーヤーが並べられていた。
日よけのつもりで植えたら思いのほかたくさん出来たようだ。
博物館の学芸員さん、しかも植物専門の方なので、栽培が上手なのかも知れない。
(ちなみにウチの住宅には学芸員さんが3世帯もいらっしゃるの‥‥)

で、2本、貰っちゃいました。


さて、何を作ろう??
3年前にゴーヤーチャンプルーを作ったら、ダンナさんに「苦い苦い~!」を連発されて、去年はカレーに入れたら、よけて食べられてしまった。
いろいろサイトで調べたら、30分ほど塩水につけて出汁で炊いた後さらに塩水につけてしぼったら、かなり苦味が抜けるとのこと。
これならいいかな??
そのゴーヤーと豚肉でみそ風味仕立てにしました。

苦味はほんのりになっていて、なんとかダンナさんも食べる事が出来ました。

後ろに見えているのは「あややおばあちゃんが作ったハンバーグ」、食べられない時の保険でつけておきました。こちらも美味しかったです。

PS. あややおばあちゃん曰く
「ゴーヤーは苦い所がおいしいのよ」
 はい、ごもっとも‥‥。私もそう思います(^^;)

今日の夕食代、豚肉250グラムぐらい:205円
野菜:70円ぐらい
ゴーヤーとハンバーグは貰いモノなのでタダ。

アルマイトのお弁当箱

アリスのお弁当箱



アリスのお弁当2

久々のコレクション紹介。

今はなかなかこんなお弁当箱売ってないねー!

どこかのお店で倉庫整理してたら出て来たと言うもの。まさに掘り出し物(^m^)

こういうものは自分が使った思い出がつまってるのが良いんだけど、コレクターとしては
『未使用』ってとこがポイント高いですね(^^)b

重ねトンカツ

重ねトンカツ

松源(スーパー)のお料理レシピにあったもの。
豚肉の薄切りと、焼き海苔を重ねていって、カツにしました。
もっと海苔の匂いとか味とかすると思ってたんだけど、そうでもなかったなー。
ただ、レシピの写真はもっとお肉が薄くなっている‥‥、ちょっと分厚くしすぎたようで、だから海苔が感じられなかったのかな~(^^;)

向こうのは「鮭と玉ねぎのラップ包み蒸し」
アルミホイルが嫌いなダンナさんがいるので、代わりにラップで蒸しあげました。(アルミホイルはダメでラップはOKというのも‥‥‥?)
うん、まぁまぁかな!?
フライパンを使わないので、洗い物とかが少なくて楽でいいけどね(^^)v

鮭が思いのほか大きかったので、「今日はメインが2品だね。」と言われてしまった!
そっか、どっちか次の日に回したらよかった(^^ゞ)

ラタトゥイユのパスタ

ラタトゥイユのパスタ

昨日のラタトゥイユが残っていたので、そこにミートソース(ひき肉、玉ねぎ、トマトピューレなど)を加えて嵩ましし、パスタにしました。
うん、これはダンナさんも食べてくれました(ナスを除いて)。


そうそう、お昼は、ひよこさんのやまかけ丼に刺激されたので、出張先で『とろろそば」を食べましたよん。
あれ??麺類ぱッかりじゃないの~~(^^ゞ)

ラタトゥイユ&豚肉と卵の和風炒め&野菜の甘酢づけ

ラタトゥイユ


豚肉炒めと野菜の酢漬け

あややおばあちゃんから、家庭菜園で出来た茄子ときゅうりをもらいました。
さて何にしよう。
パラパラとお料理の本をめくって‥‥『ラタトゥイユ』というのが出ていました。
フムフム、いろいろ夏野菜が入ってて“私は”いいかもー!!
問題は「好き嫌い大王のダンナ様」
 トマト苦手、セロリ苦手、茄子なんてもっての他!!

でも嬉しい事にトマトの煮たのは少しは食べれる。ナスも他にその匂いとかが移っていなければ、よけて他のモノが食べられる。セロリは今家にないから入れないし‥‥ということで決定!

で、肉気がないので簡単豚肉炒め(卵入り)、それと茄子が沢山あるので、この前ひよこちゃんに教えてもらった『玉ねぎの甘酢漬け』のなす漬け、ミニトマト漬けも作ってみました。


『ラタトゥイユ』は案の定、ダンナさんにはちょっと苦手っぽかったです。
   (たまねぎのとこは食べてくれたけど)
『豚肉の和風炒め』(単に砂糖醤油で炒めただけ)がなんと美味しかったー!
   簡単なのが一番美味しい(^^;)
『野菜の甘酢漬け』は、これもイケました!(ひよこちゃんありがとう♪)
   ただし、やはり酸っぱいもの苦手なダンナさんには不向き‥‥。

あ、しまった! 野菜類をたぶんダンナさんが食べられないだろう事を見越して“レタス”を添えようと思ってたのに忘れてました。なので後で別のお皿に入れました。


『ラタトゥイユ』は一人分完全に余ったので、それを使って今日パスタにするつもり!
  (ユウタンママのところに出ていたレシピ参考)

モスバーガー<匠>シリーズ

ちょっと前の事、モスバーガーに行って来ました。
もちろん、目的は<匠>シリーズ。
<匠>は午後2時からしか受け付けないと言うので、朝は遅い目に食べました。

作るのに時間がかかると聞いていたので、電話で注文。
案の定、今から作り始めて30分ぐらいかかります、とのこと。
私の家からは15分ぐらいかかるので、ゆっくり出発しても大丈夫!!




<匠チーズレタス>私の注文

すごいよね、このレタス!!
レタスに埋まって、具が見えない。
モスは具材にこだわりがあって、このレタスも有機栽培、葉も1枚1枚手でしっかり洗うのが信条だそうです。
野菜たっぷり食べた感じがしてGOOD!
あ、中身はハンバーグとトマトと玉ねぎ、チーズです。

モスバーガー匠レタス



<匠十段>ダンナさんの注文

そりゃ、せっかく食べるんですから、十段でしょう!!
パン、具をあわせて十段積み重ねているから“十段”
ダンナさんはこの分厚いハンバーグを、
「かぶりつくのがハンバーグ」といって、ガブっとかぶって食べていたの。
(ただし、トマトはチョイ苦手なので、2枚ある内、1枚は私が貰いました)
スゴイ、意外にでっかい口なんだなー(@0@)/と感心したりして。
別添えのタレ(デミグラスソース?)が美味しかったです。

モスバーガー匠十段


ひよこちゃんも大丈夫(?)、赤ピーマンの肉詰め!

赤ピーマンの肉詰め

「ピーマンの肉詰め」は実家に行った時に作りました。
だから、いつもとお皿が違うでしょう!
(画像がハレーションぎみでゴメンね(^^;))


で、私の母は“ピーマン”が嫌いです。
作る時に、「お母さんの分はピーマンに詰めないでね」と言っていました。
で、ここで、お試し。
“ピーマン”が少し苦手、とおっしゃる方でも、色付きピーマンなら食べれたりします。
(たぶん、臭みが少ないんでしょうね)
なので、“赤ピーマン”に肉詰めしたのも作ってみました。

恐る恐る食べた母‥‥
「あら、これ美味しいじゃないー!」と一言!
モグモグ食べてしまいました。あら、良かったわ-♪


ピーマンの“少し”苦手な方、お試し下さいね(^^)b
ただし、保険でハンバーグも作っておく事をお勧めしますが‥‥。

ピーマンの肉詰め

ピーマンの肉詰め!

以前、椎茸の肉詰めを作ったら、家族に好評だったので、今度はピーマンの肉詰めを作りました。
表面にパン粉をふって、ちょっとカリカリ感を出してみましたが、面白い食感でした!

簡単ティラミス!

ティラミス

昨日『マスカルポーネ』を買って来ました。
本当は“GUIDYさん”のパスタ(http://blogs.yahoo.co.jp/guidy00/9310371.html)をまねしようかと思ってたんですが、マスカルポーネの容器にティラミスの作り方が載っていたの。
あら、これは簡単!!
材料も何とか間に合うようだし‥‥ということで、急きょ、ティラミスに変更しちゃった。


インスタントコーヒー小さじ2
湯:大さじ3
添付ソース
1、上の三つを混ぜたものにビスケットをつける。
  容器のレシピにはビスケット6枚となっていましたが、家にあったのは
  チビちゃん用のビスコのみ、なのでクリームの部分をとりのぞいて
  12枚ぐらいつけました。


2、ホイップクリーム100gとマスカルポーネ100gをまぜあわせる。

器に1と2を交互に盛り付けて、ココアパウダーを振り掛ける。
ココアパウダーが切れていたので、インスタントコーヒー(苦くなるので少なめに!)を振り掛けました。


なんて、ラクチン(@0@)/
レアチーズケーキよりよっぽど簡単で、しかもすぐに食べられる。
こんなに簡単にできるなんて知らなかったヨ。

お店で出てくるのよりは味は落ちるけど、それなりのモノが出来ました。
ココアパウダーの代わりにブルーベリーソースなんかでもいいかも!!

酢豚

酢豚



パイナップル

「台湾パイナップル」と言うのを売っていた。
面白いので(安かったし)でかってきちゃった(^m^)
そのまま食しても、甘酸っぱくて美味しかったんだけど‥‥
酢豚にしてみました。
パイナップルたっぷり入れたので、タレはちょい酸味を少なめにしました。


うん、なかなか~~
でも、残念ながらダンナさんにはイマイチなんだよねー(^^;)
だって、パイナップル、嫌いなんだもーん。
分かってて、たっぷり入れて作っちゃった!!

でもいちごは食べたよ♪
「いちごちゃん、お父さんみたいに好き嫌いしちゃやーよ、」って今から
よ~くいいきかせとかなくっちゃ!!

離乳食12-お好み焼き

お好み焼き1



お好み焼き2

以前、100円ショップで卵焼きの型を購入して、試してみたけど、その時は失敗したの。
下にひく油が少なかったようで、型にくっ付いて形が崩れてしまったのです。


その型を使って今度はお好み焼きを作ってみました。
今度は何とか成功(^^)v
サイズも小さいので、これはいちご用!

型は「車」と「とりさん」
いちごは大の車好き♪なので、「車」のは大変喜んだヨ(^^)/
最初に見せたら「あ、ぶあぶあ~(車の事)」とまじまじ見ていました。(笑)


中身の具はいたって普通 
 ミックスベジタブル、豚肉、キャベツ、を細かくきざんだもの、でーす!

!!!

8/12(金)、お昼頃、ダンナさんが家にいて、何か動くものを見た!


よくよく見ると、見られていると分かったのか“それ”も動かずにふりかえった。
そして、お互い、バチッと目があった‥‥。


それは‥‥


それは‥‥






ねずみだった!!



きゃーあ!!
家の中でネズミを見るなんて!、しかも部屋のまん中にいたなんて!!


ダンナさんも吃驚して、お隣さん(モルモットを飼っている)に相談しに行くと。

「小さいねずみなら、ゴキブリホイホイにかかるよ!、餌はウインナーが良いと思う」とのこと。

ホエー、<ゴキブリホイホイ>ですか!



その日の夜、部屋のあちこちにゴキブリホイホイを15個しかけた。
朝になって、みてみると‥‥、
キャーキャーキャー!!
2、2匹もいるう~~



で、捕まえたはいいけど、これをどうしたらいい??
そこで、ご活躍なのは、ご近所の博物館の学芸員さん!!
こういう時に、聞きにいけるのはとても助かる。


すると、引っ掛かったのは『かやねずみ』だそう。
このねずみは人には悪さしないんだって!(ホッ)
それどころか、最近は少なくなって来ている種なので、できたら河原とかに逃がしてあげるのがいいと言う。
たぶん、裏の空き地に巣を作っていたのが、最近そこに工事のための飯場が出来たので、民家に逃げ込んで来たものだろうとの事。
なので、逃がしてあげる事にしました。



ところが、ゴキブリホイホイは結構、強力なんです!!
ま、掛かったゴキブリが逃げても困るからなんだけど、なかなか外せない。
学芸員さんが努力して下さっていると、近所で遊んでいた、子ども達も興味津々で寄ってくる。
何とか外せたけど、ベトベトっぽい!
それに、体力が弱い種なので半日飲まず食わずだったろうから、危ないかも‥‥とのこと。


そう聞くと、可哀想~~。ゴメンネー。



取り急ぎ、紀ノ川の河川敷に逃がして来ました。
無事に生き延びてくれるといいけど‥‥




それにしてもビックリしたな-!!



下の記事に画像を貼りました。
ねずみさんが、苦手な方は見ないようにねー(^^;)b


ps.ねずみは2匹で終わりじゃないかも‥‥ってううう‥‥

かやねずみ

<注>
この記事には、ねずみさんの写真がUPしてあるので、苦手な方は見ないでね!!







かやねずみ1



かやねずみ2




かやねずみ3



かやねずみ4


同窓会?(ひよこちゃんとデート2)

数年ぶりに帰郷した友人Mより連絡があった。
で、Mとひよこちゃんと3人で会う事に。
ミニ同窓会だねー♪(学校も学年も違うけど‥‥塾が一緒だった??)

お昼にMさんとこに集合、お昼ご飯はMさんの近くの焼肉屋さんへ。
ちょいボロいお店だけどお肉屋さんが直営なので、安くて美味しい!
私は“肉重定食(880円)”を頼んでみた。ひよこちゃんとMさんは“和風ステーキ定食(800円)”
なかなかなボリュームで、しかも本格的に炭火で焼いている、それがこのお値段なのでとってもリーズナブル。家族で来るのにいいかもね(^^)b
車中にデジカメ忘れていったのでランチの画像がなくてスミマセン(^^ゞ)



さて、次に行ったのが、ひよこさんお勧めのレストラン
和歌山の町中にここだけ閑静なたたずまい。
外から見ると和風なお店‥‥に見えるけど・・??
入り口




入り口に近付くと雰囲気が洋風に~!入り口2




入り口のすぐ外に可愛いディスプレイ?看板?




Mさんがたのんだ“ロールケーキ”
ケーキ1




ひよこちゃんがたのんだ“チョコレートケーキ”
ケーキ2



私がたのんだ“りんごのスフレ”
これだけ何故か2プレート。豪華なように見えるけど、りんごの器は上げ底でちょっとしか入ってなかったわ。
お上品な作りだったのね、美味しかったけど、少しものたらないわ。
あー、質より量の庶民的な‥、あ、いやいや質も量も要求するわがままな私(^^;)   
スフレ



美味しいランチ&ディナーの後は、再びMさんチへ
そこからはまた、例のごとく3人でしゃべるしゃべる~~、あー喋りまくった、面白かった!!

Mさんは今日、朝の6時に自宅(千葉)に向けて出発。
今回はダンナさん無しで帰郷したので、なんと一人で運転して帰るんだって。
戻ってくる時は14時間かかったそうな‥‥。
今ごろついたかな??
ご苦労様-、また戻って来てねー!!

おからのハンバーグと枝豆のスープ

おからのハンバーグ2




おからのハンバーグ



枝豆のスープ

昨日、久々に会った友人の家の近くの市場で、「おから」を購入。
ひよこちゃんが「おから、100グラム25円だよ!?」と発見。ひよこさん、友人、私ともに200gずつ買っちゃったヨ!
すごくお買得だね(^^)v


で、家に買い置きの豚ひき肉があったのでハンバーグにしてみました。

おから : 200グラム
豚ひき肉 : 120グラムぐらい
玉ねぎ : 半個
卵 : 1個
パン粉 : 適量


おからとひき肉と卵をまぜまぜ、初めこれだけでハンバーグにしようと思ったんだけど‥‥、
しまった~~、おからがかなり柔らかい、まとめてもまとめてもくずれてくるよ。
レンジでチンして水分を飛ばせば良かったな~~(ーーゞ)
しかたがないのでパン粉を適当な堅さになるまで混ぜました。


おからにしっかり味がついているので、めっちゃ美味しい~~♪
何もソースが入らないよぉ(>▽<)


付け合わせに枝豆のスープも冷製にしていただきました。
きれいに渦巻きが出来たのでちょっとハッピー?
(ただし、もうひとつの分は失敗したけど‥‥えへ)


さて、ひよこさんじゃないけど、今日のはかなり格安メニュー
おから、50円
ひき肉、70円ぐらい
卵、15円
その他の野菜、調味料 ん~~30円ぐらいかな??
スープ 50円ぐらい

合計215円!??
ひゃー、これで、2.5人分だから激安です!

豚肉の紅茶煮

豚肉の紅茶煮1
コッコ~♪さんとこのブログ★園児のキャラ弁&手抜き料理レシピ★で、「鶏肉のコーラ煮」が紹介されていた。
http://blogs.yahoo.co.jp/tgyhs046/8382593.html
とっても美味しそう(^m^)
私はたま~にだけど、豚肉のコーラ煮をつくる事がある。
そういえば、豚肉のブロックの買い置きがあったわ!!(29日は肉の日!と安売りをするお店があるので)


で、コーラ煮‥‥てでもコーラはあるにはあるけど、ダンナさんが飲むために買ってあるものだし、使ったらまた買って来なくちゃいけないし、そうだ、「紅茶煮」を作ろうっと!!
昔、友人から教わったもので、最近作ってなかったし……ね。


<豚肉の紅茶煮>
豚のロース肉塊    約500g
紅茶のティーバック   2個
水  適量

醤油 : 100cc
みりん : 50cc
酒 : 50cc
お酢 : 50cc(酸っぱいのが苦手な人は入れなくても可)
砂糖 : 大2


豚肉がかぶる量の紅茶液を作る。 苦味が出る前にパックは取り出す。
そこに豚肉をかたまりのまま入れ弱火で30分~40分くらい煮る。
大きさによるので一度竹串を刺して火の通り具合を確認する。

別の鍋に調味料を入れて煮立てる。(調味料は好みに合わせて加減してね(^^)b)
火を止めて熱いうちに紅茶で煮た豚肉を入れて漬け込み、2~3時間以上おく。

今回はスライスしてそのまま食べました。
(付け合わせは野菜ののマリネとチンゲンサイのお味噌汁)
うおっ、美味しい~。昔作ったけど、こんなに美味しかったけ??
ダンナさんも前に食べた事は忘れていて、「これ美味しいな-」の連発!
タレの具合がちょうど良かったのかも知れない。



豚肉の紅茶煮2
ちなみに↑が紅茶で煮ているところ。
すごく油が浮いている‥‥。
この油と灰汁が抜けるので、かなりヘルシーになります。
それに紅茶は肉の臭みを抜いたり、夏ばて予防にもなるんだとか!!


この紅茶煮、結構日持ちがする(冷蔵庫で1週間~10日)ので、作り置きもOK!
チャーハンに入れたり、いろいろ出来ると思います。(^^)b

残暑お見舞い申し上げます

スイカ

 先日、ダンナさんがスイカを食べたら、

  こんなになっていました(>▽<)


ちょっとだけ画像処理して、残暑見舞いでーす
みなさん、毎日暑いですけど、美味しいもの食べてのりきりましょー!!



※ダンナさんのほうのブログに5年前のバージョンの残暑見舞いをUPしましたので
 あわせて見てね(^^)v

   ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/mad_hatter_mm/8774813.html

椎茸の変わり揚げ

椎茸の肉詰め

ピーマンの肉詰めならぬ、“しいたけの肉詰め”
それの衣がちょっと変わってるというもの。
お料理の本に載っていたので、試してみる事にしました。

しいたけに、鶏ひき肉で作ったハンバーグのタネを乗せます。
この時卵は卵黄だけ混ぜます。

卵白はかたく泡立てます。
小麦粉、片栗粉、水を混ぜた中にこの、泡立てた卵白を入れて泡を消さないように混ぜます。
しいたけの裏側に↑をつけて揚げます。
辛子醤油などをつけて、食べます。


本のはもっと色が薄く揚がっていましたが、中まで火が通ったかどうか心配で、長い時間揚げちゃったので、見た目が悪いです(><)

それと‥‥、ウチには泡立て器がないので、なんと“穴空きお玉”で泡立てました。
すごいしんどかった~~、なのでちょっとゆるい泡立て方になっちゃった(^^;)
でも衣はふっくらして面白い食感でした。

★椎茸は肉厚の方が美味しいと思います! 

鶏そぼろ入りニラ玉粥(男の料理!?)

ニラ玉粥

朝からいちごを小児科につれていったり、でバタバタして疲れちゃったので、「お昼あっさりしたもの食べたーい、あーでも作るの面倒~~」と、うだうだしていたら、珍しくダンナさんが「作ってあげよう」と言ってくれた。
わーいわーい!!
Mad-Hatter(ダンナさん)のお料理だーい(^m^)
リクエストは「あっさりしたもの」と言うと、私の持ってる料理の本をあれこれ調べ出した。
そして出来たのがコレ『ニラ玉粥』

いや~~、これが出来上がるまでどんなに苦労した事か!!(お互い(^^;))
まず、料理の本に載っていたのはただの『ニラ玉』それをお粥にしようと言うのである。
料理のし慣れた人なら容易いかも知れないが、年に数回するかしないか、しかも作った事のあるのは「焼き飯」「焼そば」「お好み焼き」のみ!‥‥の人が作るのである。

次に料理の基本を全く知らない‥‥。
「小さじ、大さじってどれ??」「引き出しに入ってるから-」
「1カップて何??」「計量カップがあるのよ!」
「1カップ200ccってじゃあ、75ccって何カップ??」「わざわざカップに換算しなくてもそのまま75のメモリで計れば良いのよ-!!」
はぁはぁはぁ‥‥、だいたいそんなにきっちり計ったって、あなた、『お粥』にするんでしょー、その時点で分量が違ってくるのよ~~(><)/

すったもんだの約1時間、で、出来たのがコレ↑

でもね、でもね、でもね、
すっごく美味しかったのよ-!!

まぁ、お互い苦労したけど、美味しいものが出来て、しかもお粥だからチビも食べれて、
ううう、良かったわ-ー(>▽<)



さて、もうひとつ、
なんとデザートまで用意してくれた。
その名も「桃の姿作り!」(ダンナさん命名)(爆)
  これぞ、男の料理、なのか??

桃

ホットサンド

ホットサンド2
朝食にホットサンドを作ってみました
挟んだのは前に作ったレバーペーストと卵サラダ
朝からこんな凝ったこと出来るのも今の内‥‥。職場復帰したので、その内どんどん忙しくなってくるからねー。



ホットサンドの作り方
今回はサンドイッチ用のパンの端をお箸で押さえてはさみました。(あれ?だじゃれ??ー笑)

中に具をいれ、合わせめの所に卵(又はお水)を薄く塗り下の写真のようにして強く押さえます。
4辺とも押さえたらオーブントースターで焼いて出来上がり(^m^)
ホットサンドのプレートがなくっても挟み込みが出来る方法です!

ホットサンド1




ちょっとだけ、デザートも‥‥クラッシュドコーヒーゼリーです。
クラッッシュするのに瓶に入れて振ったら、泡泡になったの。カフェラッテみたいネ。

コーヒーゼリー

ひよこちゃんとデート?

外食

8/5にひよこちゃんとデートしてきました。
和歌山に新しく出来たホテルのレストランでお食事。
初め計画してたところとは違ったけど、中々美味しかった。
なにより、二人とも盛り付け方に興味津々!!
もちデジカメでパチパチ撮っちゃいました

その後、そのホテルに入っている書店でお料理の本を物色(^m^)
結構いろいろあって迷っちゃったけど、私はパンの本にしました。
(いつも友人に借りているので……(^^;))
ひよこさんは<村上祥子さん>の「電子レンジのおやつ」を買っていたよ。
また作ったらブログに載るね、楽しみだわ♪

そのあと、ひよこさんチの“水出しコーヒー”の話になって、急遽そのコーヒーをおよばれに行く事に!!
これも予定外の行動ですが、うん、飲みたーい!!と即決定。


さて、ひよこさんチでは長女さんがお部屋の片づけをしてくれていました。
長女さん、ありがとー?
(いいなぁ、今の所私の家は急遽、誰かを呼び入れたりは出来ないわ~~)

掃除してくれたのは次女さんだったそうです!!
間違っちゃってごめんね、そしてありがとう(^▽^)

そしてそして、およばれしたのは“水出しコーヒー”だけでなく“マンゴープリン”も!
うわーい、幸せ(^▽^)、でもますます太りそう……(^^;)
マンゴ-プリンは今日の外食で、ひよこさんの頼んだセットメニューにもついてきていたの。私も一口味見させてもらったから、味比べ。
ホテルのはすっごくマンゴ~~ってしてた。ひよこさんのはマイルドな感じ。同じマンゴープリンでもまた違った風合いで面白ーい!!(ウチのダンナさんはマンゴーのまったりしたのがチョイ苦手だから、きっとひよこさんの作ったプリンの方が好きだろうな!!)

その後はしゃべるしゃべる、ひたすら喋る~~(爆)
あっという間にもう6時、おっとチビを迎えに行かなくちゃ、ひよこさんも旦那さんが帰ってきたよ。
いつも、待った無しで料理が出てくると思っている旦那さん……なのでひよこさん大丈夫かなー?と思いつつもひよこさんの表情はわりと余裕!!
ええっと、大丈夫だった様で、すごいよあっという間におつまみ出来てたものね(@@)/
ハヤワザ~~、しかもしっかり写真もとってるヨ!!
なんでも手早いな-!  ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/silkeifowl/8640422.html

しかし、いっぱい喋ってすっごく楽しかったよ。
また近々合おうね~~(^▽^)/

鶏ムネ肉の三段活用

鶏肉の三段活用1



鶏肉の三段活用

鶏ムネ肉1枚で三種作っっちゃいました(^^)/
(ただし、鶏皮は前に棒棒鶏を作った時に剥いて冷凍してたものを足しました)

まん中のトマトとキュウリはマリネの素にお浸しして!
『マリネの素』なんてあるんですね。
昨日初めて知りました(って今ごろ‥‥(^^;))、
便利で良いなぁ、味も悪くない。これを素にひと味ふた味足すのも良いなぁ~。


ウチのダンナさん鶏皮が好きなので、「大きいのバクッて食べれて満足ー」だって!
他のは、他のは~~!!??




えっと、コッコさんとこの☆★「鶏肉料理」を作ろう!★☆企画への参加はこれで7品目かな?(バリエーションも含めてだけど)
   ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/tgyhs046/7932769.html


今週はとり肉オンパレードだわー!(笑)

レバーペーストのサンド

レバーペーストサンド

ちょうど、TVで“レバーペースト”を使ったサンドを紹介していたので作ってみた!

昨日作ったレバーペーストにカレー粉、マヨネーズ、クラッシュしたゆで卵をまぜまぜ
それを食パンにはさんだだけ。

チキンのピカタも残っていたのでそちらのサンドも作ってみた。

レバーペーストは全く見事にレバーの感じがしなくて、『レバー苦手』とおっしゃる方にもお勧め。
鉄分たっぷりだから夏のスタミナ切れにも最高だしね!!
ピカタの方はやわらかくて食べやす~~い(^^)/

あー、こんな事してる場合では‥‥お仕事いかなくっちゃー!

レバーペースト(離乳食12?)

レバーペースト

離乳食用に時々レバーペーストを作ってたんだけど、これがなかなか美味しいの♪
クラッカーにつけて軽い朝食や、おやつなどにするのもお勧めです。

レバーが嫌いなウチのダンナさんも「レバーとは思えないぐらい美味しいー」といってパクパク食べてます。(初め食べる時は『レバー』と聞いてドキドキしたってー(笑))


鶏レバー 250グラムぐらい
にんじん 1/3本
玉ねぎ 半個
ニンニク 適量
ガラスープ 50cc
調理酒(ワインなど) 適量
塩・胡椒 適量
ゴマ油 適量



レバーは一口大に切り水(又は牛乳)で血抜きする
野菜は薄くスライスしておく
フライパンにゴマ油を入れニンニクを炒める
ニンニクの色が茶色になってきたら、野菜を入れしんなりするまで炒める
そこにレバーを入れ表面の色が変わってきたらガラスープ、調理酒を入れて煮詰める
水気が無くなってきたら塩胡椒で味を整えて火を止める
粗熱がとれたらフードプロセッサーにかけてペースト状にして出来上がり!


野菜は好みに合わせて替えても可、ただし玉ねぎは必須だと思います。
ペーストの粗さもお好みで‥‥、今回はすこしツブが残るぐらいにしました。
このレバーペーストを基本にしていろいろアレンジできるので、お試しあれ(^^)b

チキンのピカタ

チキンピカタ

鶏ムネ肉 1枚
みりん  適量 
醤油   適量
小麦粉  適量
卵  1個
粉チーズ 適量
塩胡椒  少々
ドライパセリ(自家製)
カレー粉 適量


鶏ムネ肉は一口大に切って、みりん、醤油の合わせたのにつけておく
それに軽く小麦粉をまぶして、粉チーズと塩胡椒をいれたとき卵にくぐらせて、フライパンで焼く。
今回、とき卵にに合わせてカレー粉やドライパセリを入れて味に変化をつけたのも作りました。(写真ではどれだかわかんないネ(^^;))

ほうれん草と赤ピーマン(下茹でしてからかるくソテーした)を付け合わせに!


鶏肉が柔らかく焼き上がってよかったヨ。
味に変化をつけたのは正解(^^)b、美味しくいただけました。