こうちゃんの Collection Room
このお部屋にはこうちゃんが、集めたもの、手作りしたもの、日々の記録などを紹介しま~す♪ 

成田山不動尊その1

お正月、いちごはずうぅぅっと風邪をひいていました。(><)
なので、今回の帰省ではひらかたパークにもいかず、行こうかな?って思っていた映画村にも行けず。クスン

でもその代わり、初詣に成田山不動尊にいって来ました。

枚方なのに成田山って?(^m^)
こちらにHPがありまーす⇒成田山不動尊(大阪)


実家から近いものの、実は一度も行ったことがなかったの。
行きたいなぁって思ってはいたんだけどね。
(後で聞いたら、ダンナさんも「初めて行った!」って。え~~、こんなに近いのに?)


いちごの熱が下がったときを見計らっていざ出発!
きぃおばあちゃん(義母)とトビィーおじちゃん(義弟)も一緒です。
というか、トビィーおじちゃんが案内人です。(毎年初詣していて詳しいの♪)

枚方成田不動尊2009-24

きぃおばあちゃんとトビィーおじちゃんの間で(^^)/

こちらは実は裏鳥居です。バス停からはこちらの方が近かったので、裏から入っちゃった!


お正月は後にも先にもこのイベントだけ!
でも念願の成田山に行けて嬉しかったわ

ここの写真が多いので、おいおい追加記事書きますね




スポンサーサイト

レザークラフト 皮のお手入れについて

<革のお手入れに着いて>

他のサイトより貼付け。

参考にしてる所(サイト)が消えてしまう事もあるのでなるべく自分で残しておこうと思います





革の手入れ


1. はじめに

革の手入れは、品物や素材の種類、ご使用状況やその頻度等により対処法が異なります。例えば、当店の製品にも多く使用しているの染料仕上げの革は、手入れ剤の選択を誤るとシミになってしまうことがあるため十分な注意が必要です。また、革靴に用いられるツヤ出し手法や、ライダース用品等のオイリング手法をそのまま鞄や小物に転用するべきではありません。理由は、過剰な手入れになりやすく、革に必要な通気性を損なったり、着色クリームなどは衣服への色移りの恐れもあるためです。また、オイリングは革の柔軟性や耐水性をあげる場合にのみ行ってください。基本的に、自然な仕上げの革ほど自然につきあってゆくことが最良の方法と感じます。以下、皆様方のレザーケアの手助けとなれば幸いです。 ※以下の方法を実践される場合は、念のため自己責任の元でお願いいたします。


2. 革のお手入れの基本

とにかく基本はこまめなブラッシングと乾拭きです。 目では確認しづらいですが革には無数の毛穴があります。 そこに塵や埃・汚れなどをため込めないように心がけましょう。表面加工のされていない革であればブラッシングしたのち、 時々湿らせて固くしぼったきれいな布で全体を均一に拭いてもよろしいかと思います。 この時、水分により一時的に革の変色がおこりますが、ほとんどの場合乾けば元にもどります。 ただし、染料仕上げの革は色が若干濃くなることもありますので拭き作業を均等に行うことがポイントとなります。 なお、このあとに保革剤を塗布する場合は完全に乾いてから行ってください。


3. 革の汚れについて

「顔料仕上げの革は付着汚れ」「染料仕上げの革はシミ汚れ」といったように、革の汚れは種類によって、気になるポイントが大別されるのではないかと思います。付着汚れに対しては消しゴムなどで擦り取る方法があげられますが、この方法は部分的に汚れが取れることによるムラや、逆に革の表面を傷めてしまう場合もありますので、十分な注意が必要です。

ヌメ革や染料仕上げの革についたシミ汚れは、レザーソープを使って洗うことで、きれいになることがあります。リペア業者などでは「革の染め直し」=「顔料による塗り直し」であることが少なくですが、ヌメ革や染料仕上げの革は、その方法よりもレザーソープで水洗いした方がよい場合が多いです。


4. 革の傷について

革の傷についても、上記の汚れ同様に顔料仕上げか染料仕上げかなど、革の種類よって付き方の印象が異なります。 油分を含んだタンニン革などは、傷がついても布で擦ることにより目立たなくなる場合があります。また、長い時間の経過とともに革の表面が変化し、徐々に馴染んで行く場合もあります。顔料仕上げの革の場合は、比較的、傷はつきにくいももの、色剥げなどでみすぼらしい印象になりがちです。こうなるとタンニン革のような素材特性が少ないため、目立たなくするためには着色するしか方法がありません。どちらにせよ、革の表面(吟面)が削れてしまった場合は本質的な回復の余地はなく、擬似的なカモフラージュ以外の方法はありません。革の種類を問わず、切目仕立ての製品であれば、コバの再仕上げにより全体的な印象をアップさせることが可能です。とにかく、傷が気になってしまう方はスムースな素材はできるだけ避け、シボや型押しの入った素材を使った製品を選択されることをおすすめいたします。


5. 保革剤の必要性

革の風合いは、微妙な水分と油分のバランスにより保たれています。革のメンテナンスというと、とかくミンクオイルに代表される油分補給がとりざたされますが、主に鞄や革小物にとってこのような方法はあまり適切ではありません。程よい油分を与えるためには、きれいな手でよく触ってあげるだけでも十分です。表面が乾いていると感じた場合など、定期的なメンテナンスにはデリケートクリームによる保湿をおすすめいたします。防水剤や撥水剤等のご使用は実用性の向上には役立ちますが、結果的に革の風合いを損なう恐れがあります。先述のミンクオイルに関しても、実質的には代替成分が用いられていることがほとんどのようです。表面保護の際は、植物由来のワックスの方が無難かと思います。


6. 革が濡れてしまったら

革が濡れてしまった時は、乾いたタオルなどで押し拭くように水分を取り、形を整えて風通しのよい所で陰干ししてください。 濡れた革を強く絞ったり、ドライヤーなどの急な熱で乾かしますと、硬化や変質・変形等の原因となりますので絶対に行わないようにしてください。また、革に必要な水分が乾燥と同時に抜けていってしまいます。完全に乾いていることをご確認の上、適宜、栄養補給を行ってください。その際、一晩は浸透時間をおき、その後十分に乾拭きを行ってください。


7. 最後に

大切に保管し過ぎることが、硬化や雑菌の繁殖につながる場合もございます。 また、紫外線は変色や退色の原因になるため直射日光下に放置することは避けてください。何はともあれ、愛着をもってご使用いただくことが最善のお手入れ法ではないかと思います。革の栄養補給等よりも無理な使用で型くずれさせないことが製品の状態を保つためには重要です。

別ページにて、革についての雑事を記載しております。よろしければ、あわせてご一読ください。
>革選び・3つのポイント



皇帝ダリア


あややおばあちゃんんが
「緑花センターで植えたのを、分けてもらったの。咲くのが楽しみ!」
  と夏からずっと大切にしてきた花が年末から満開です。



皇帝ダリア2009-01
青空にピンクの花が映えるでしょう(^^)






この花の名前
「皇帝ダリア」というのですが、正にその名の通り!
寒い真冬の空に凛ととそびえ立ち、たくさんの花を咲かせています。


そして、こんなに背が高いんです!(@0@)!
皇帝ダリア2009-02
2階から観賞する方が見やすいのよ(^^;)




2010年、今年もよろしくお願いします


明けましておめでとうございます!


いちごの年賀状2010
↑いちごの年賀状です!






昨年は怒濤のように過ぎ去りました。

何より一番の思い出は
  このブログで知り合った方たちと「オフ会」をしたこと!
     すっごく楽しかったです♪






あとは新型インフルエンザ。。。
  いちごもかかりました(><)

これが流行ったおかげで、イベントがいくつか中止になったり、延期になったりで
  仕事の予定が大幅にずれこんで大変でした








他には和歌山に集中的におそった豪雨
  いつも50分~60分ぐらいで行ける職場に
     3時間半もかかったのは初めてのことでした






そんなこんなでアップダウンの激しい一年でしたので、
   今年はどうか平穏無事にすごせることを祈るばかりです。

皆様のご多幸をお祈りします!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。