こうちゃんの Collection Room
このお部屋にはこうちゃんが、集めたもの、手作りしたもの、日々の記録などを紹介しま~す♪ 

南方熊楠記念館(2010.05.21)


白浜での出張の後、思いの外 時間ができたので「南方熊楠記念館」に立ち寄ってみました。

久しぶりに来ましたが(20年くらい前と10年くらい前)、以前と同じで変わったところはなく、それがかえって嬉しかったです。

「南方熊楠(みなかたくまぐす)」は和歌山の偉人にして奇人、日本のみならず、いや日本以上に海外での名声が高い、博物学者(粘菌学者?~肩書きはたくさんあるそう)です。
日本で最初のナショナルトラスト運動を起こしたことでも有名です。

「南方熊楠」について詳しくは コチラ を!

「記念館」については コチラ を!


坂道をかなり上がったところに記念館があります。
駐車場からもかなり登ります。
駐車場からの登り口にこんな立て札がありました。
南方熊楠記念館01~入り口前の坂道





登る人のために杖もおいてありました。
(私はやせ我慢して借りませんでした~(^^;))
南方熊楠記念館02~入り口前の坂道2





こんな感じの坂道が続きます。
南方熊楠記念館03~入り口前の坂道 03





坂道の途中に~
  「記念植樹」ってどの木??
木そのものより立て札の方が目立ってるわ(^^;)
南方熊楠記念館04~入り口前の坂道 の途中で







坂道を登って、下を見るとこんな感じ。
森林生い茂ったところに記念館があるのはいかにも熊楠らしくていいなぁ~。。
南方熊楠記念館05~入り口前の坂道4






門が見えてきました。
南方熊楠記念館06~門1





反対側の門には「旧番所跡」とあります。(ほほ~)
南方熊楠記念館07~門2







門を入ってすぐに熊楠についての説明看板がありました。
南方熊楠記念館08~門近くの看板






上の看板の奥にこんな「石碑」も!
南方熊楠記念館09~門に入ってすぐの碑01






これは昭和天皇が南紀行幸のおり、是非熊楠に会いたいと言うことで会見の場を設け、
その後、熊楠を偲んで詠まれた歌です。
結構有名ですよね!?(って思うのは私だけ?)
南方熊楠記念館10~門に入ってすぐの碑02




南方熊楠記念館11~門に入ってすぐの碑03





やっと見えてきました、記念館です。
南方熊楠記念館12~入り口


平日でしたが、わりと人が訪れていました。
(もっと閑散としてると思ってたよ~ごめんなさい(^^;))


中は写真撮影だめなのでここからは写真ありません。
中では熊楠のことを紹介した ビデオを上映していたり、幼少の頃からのエピソード、それに伴う資料を展示していました。
私は熊楠のことを「裸の大将」みたいなイメージがあるので
ロンドン時代に友人から貰ったという「フロックコート」が印象的でした。こんなコートを着ることもあったのね!!
もちろん、粘菌などの資料、天皇陛下に献上したと言われる粘菌の入った「キャラメル箱」 (と同じもの)なんかも面白かったです。

記念館の屋上が360度展望になっていて、しばし癒しのひとときを過ごしました。
ほう=3

その様子は私の写真よりも コチラ を!


(自分への)お土産は、粘菌の「絵はがき」と白浜の「貝殻」でした(^^)v


スポンサーサイト

東京ぶらりひとり旅(2010.2.19)その15~泊まったホテル

めにいさんからご要望があったので、ホテルです。
でもとっても安いのよ(^^;)



2010.2.19-東京ぶらりひとり旅035センターホテル東京01
「センターホテル東京」です。
なんせ東京に行く3日前に予約したからね。。


2010.2.19-東京ぶらりひとり旅035センターホテル東京02
もちろん、シングルです。
寝るだけだから 狭くても全然大丈夫(^m^)ふふふ。

東京ぶらりひとり旅(2010.2.19)その14~あこがれの司修さんと

事件がありました!



仕事が終わって、夜、例の「司修ギャラリートーク」会場へ
会場は目白区の閑静な住宅街の中にありました。
「ポポタム」という絵本専門のお店のようです。
かわいいグッズも並んでいました。

立ち見で~とおっしゃっていたのに、会場に行くと私の分の椅子を用意して下さっていました。


トークは約1時間、
私は絵本でしか司さんを知らなかったので、その人となりなどが少し見えてよかったです。



んでね。。。
嬉しいことにトークが終わってサイン会♪
待ってました~。
持参した絵本にサインをしていただきました。
(もちろんそこで売っていた本も購入してサインしてもらい、サイン本は2冊!)





事件はその後なんです!!

ギャラリーの方が「よかったら、一緒にお食事でも~」と誘って下さったんです。
きゃー!!(>▽<)/
たぶん、友人が絵本作家でもあるので、その関係からだとは思いますが、私ちゃっかりおこぼれに預かっちゃいました(^^)v

ついて行った先でも優遇していただいて、司先生の目の前に座ることになりました。
たくさんしかも直にお話ができて最高のひととき!!!

そこで、また面白い出会いが!!

松浦 範子さんというジャーナリストの方にスリル満点の取材の様子をお聞きすることになりました。
松浦さんはなんとイラクやイスラエル、トルコなどの“クルディスタン”について取材されてるんです。
なんと厳しいところで、命の危険を顧みず取材されてる様子は圧倒されるものがありました。
(トルコが一番厳しいとか~びっくりです!)

松浦さんについては
こちら

それと写真に入れ忘れましたが、左端で覗いていらっしゃる男性は 文藝春秋の方でな~~んと「和歌山出身」なんだそうです。
仕事の時にも和歌山の人に会いました。(しかも串本出身だって!)



2010.2.19-東京ぶらりひとり旅034あこがれの司修さんと


こんな出会い、和歌山では考えられない………。
ああ東京ってすばらしい。

東京ぶらりひとり旅(2010.2.19)その13~仕事に向かう

さて、遊んでばかりのようなこの出張、でも時間にしたらまだこれでも午前中の出来事(^^;)

かかりすぎだよ~(汗汗)

で、ここでタイムリミット
いよいよ仕事に向かいます。
場所は朝確認した丸の内ビル


下の画像は、そこへ戻る途中の景色です。



ていぱーく前のオブジェ
2010.2.19-東京ぶらりひとり旅033ていぱーく前のオブジェ





工事だらけの東京
2010.2.19-東京ぶらりひとり旅033工事だらけの東京


あややおばあちゃんの展覧会ときぃおばあちゃんの手書きTシャツ

2010.05.22古座川町~町民会館にて


古座川町に来た理由。
あややおばあちゃんの展覧会があったんです。
はるばる見てきました。
詳しくは、また後で記事にしますね。(こればっかり)

写真は携帯からの投稿なので、横向いちゃうかな。
(後日パソコンから直しました)

後ろの絵があややおばあちゃんの作品。
いちごが着ているのがきぃおばあちゃんの手書きTシャツ(ゴセイジャー)です。

出張が終わって~その2(古座川町一枚岩)



白浜からうーんと南下して、こんなところまで来ました。
写真は古座川町の「一枚岩」です。
携帯の写真だと、あまり迫力を感じないですね(^_^;)

出張が終わって


今すさみ町です。
あれ
家より遠くなってるよ?
ちょっと行くところがあってね
そのことはまた後で

出張先で~その2


仕事帰りに寄ってきました。
今、携帯からの投稿です。
やりにくいけど、何とか投稿できたよ

えっと、写真は円月島です。

出張先で








美味しいうどん屋さんに入りました。

私がたのんだのは、梅しそおろしうどん、とミニトロ丼のセット。
梅干しでっかーい

んまかったです



ここのお店創業昭和8年ですって!
「よし平」はここうどん屋さんの他に、とんかつのお店も近くにあってそこも美味しいですよ!

東京ぶらりひとり旅(2010.2.19)その12~神田古書街と野球発祥の地


AM.10時半ぐらいに友人から電話が!
(携帯ってほんと便利です)


実はこの東京行きのバスに乗る直前、(前日の晩)思い立って大学時代の友人(現在東京在住)に電話したんです。
「もし都合が合えば会いませんか?」って。
あまりに直前で友人も驚いていました(^^;)


で、結果……。
なあ~~んと!
「今夜、司修さんのギャラリートークを聞きに行くの。予約が必要なんだけど、『和歌山から来た』って言えば一人ぐらい入れてくれると思うのよ。一緒にどう?」とのこと。。

えええ~??
“司修さん”っていえば、私のだ~い好きな「不思議の国のアリス」の最初に出会った本のイラストを」描いた人じゃないの~!!
行く、行く~。絶対に行く~!!


「最初のアリス」の記事はは→こちら






大慌てでそこのギャラリーに電話をして、予約をしました。
そして「立ち見でよければ。」と暖かいお返事~(>▽<)(^_^)vヤッタネ。。




仕事は昼から(13:00~)、時間は今11:00前。少し間があります。
な・の・で。
考えたのは“司修さんの本を買うこと


もし運がよければサインがもらえるかも~(^m^)ムフフ。。
で、この近くの本屋さんを探すことに。

ってここ、神田の近くじゃないの?
神田と言えば神保町古書街~♪
ふっふっふ。


ということで、急遽、皇居外苑巡りから。神田古書街散策へ。。
(でも、ゆっくりしてる時間はないんだけどね)

神田方面では↓こんな感じの古書店が点在していました。
2010.2.19-東京ぶらりひとり旅032神田古書街
3軒目ぐらいにありました。司さんの本(^^)v




買ったのは「道成寺」
和歌山の本だからいいよね~

司修の道成寺の本







ところで、古書街近くででこんなのを見つけました!?
何々??
2010.2.19-東京ぶらりひとり旅032神田古書街 02
でっかい手とボール







「日本野球発祥の地」
ですって!
2010.2.19-東京ぶらりひとり旅032神田古書街 03

平成15年に 日本に初めて野球を伝えたホーレス ウィルソン氏の野球殿堂入りを記念して、学士会館敷地内に「日本野球発祥の地」の記念碑を建立したんだそうです。元はここに東京大学があったらしいです。

こちらを参考に→野球発祥の地




  


それにしても、東京って「人(犬)も歩けば碑(棒)にあたる??」だわ~(笑)。。

冷蔵庫を運びました

今お引っ越しの最中です。

あまりに近くなので、荷物を自分たちで運んでいます。
昨日、ゴンちゃんパパも手伝ってくれて冷蔵庫を運び入れました。
空になった冷蔵庫は意外と軽いです。
(中身を箱に移したけど、そっちの方が重かった)

感想~~
冷蔵庫って運べるもんなんだね~~。。

東京ぶらりひとり旅(2010.2.19)その11~皇居外苑ー平川門


また、橋が見えてきました。
「平川門」です
2010.2.19-東京ぶらりひとり旅030平川門01?






お堀に囲まれているので、すべての入り口(門)に橋があるようで、
橋のところに「○○橋」と書くのではなく「○○門」となっているのが、
なんとなく納得させられる表記でした。
2010.2.19-東京ぶらりひとり旅030平川門02
“ここは江戸城の裏門、大奥に最も近いので、大奥女中達の出入りする通用門でもあり 、御三卿(清水・一橋・田安)の登城口でもあったようです。”とのこと。







何やらでっかい石が。。。
2010.2.19-東京ぶらりひとり旅031追幕の碑01
「追幕の碑」とありました。









説明~読めるかなぁ。。
2010.2.19-東京ぶらりひとり旅031追幕の碑02
2007年には太田道灌公が長禄元年(1457年)に「江戸城」を築城してから、ちょうど550年に当たり、太田道灌公没後450年を記念して「追幕の碑」は建てられたのだそうです。
この石は江戸城の石垣をイメージしてるのかしら?

「七重八重 花は咲けども山吹の 実のひとつだに なきぞかなしき」 の句が有名ですね。

皇居外苑を廻っているだけで、いろんな歴史が学べそうです。





2010.2.19-東京ぶらりひとり旅032皇居外苑案内図
↑今このあたりです。
東京は大きな交差点ごとに詳しい地図があるので、迷わずにすみます。




さてこのとき時間にして10時過ぎ、ここまできて友人から℡が~!!??








東京ぶらりひとり旅(2010.2.19)その10~皇居外苑~和気清麻呂と震災銀杏

気象庁のところまできました。
このあたりです↓
2010.2.19-東京ぶらりひとり旅021皇居地図2
「大手緑地公園」というそうです。








なにやら、大きな銅像が!!?
だれ?
2010.2.19-東京ぶらりひとり旅028和気清麻呂像(後に丸紅ビル)01








和気清麻呂像。ですって!
かなりでっかいです!!
2010.2.19-東京ぶらりひとり旅028和気清麻呂像02
和気清麻呂の偉業についてはこちらを参考に。。






読みにくいけど、一応アップ!
裏側の説明です。
2010.2.19-東京ぶらりひとり旅028和気清麻呂像03説明






銀杏の木がありました。
「震災銀杏」とのこと!!

2010.2.19-東京ぶらりひとり旅029大手濠緑地の震災銀杏


関東大震災の時に奇跡的に焼失をまぬがれた銀杏の木だそうです。
幹の手前に白いところがありますが、そこが焼け跡の様です。
今は葉っぱがないので枯れたように見えていますが、夏から秋にかけては見事に葉を茂らすようです。

詳しくはこちらを!











皇居の周りだけでも結構面白いわぁ(^^)♪

母の日


先日、大阪の路上パフォーマンス?で若い女の子が書いていたの。可愛いので買ってしまいました

東京ぶらりひとり旅その9(2010.2.19)~桔梗濠から大手門


ここは「桔梗濠」です
向こうに見える門(橋)は「大手門(大手高麗門)」というらしいです。
  (ちがったらごめんなさい)
2010.2.19-東京ぶらりひとり旅027桔梗濠(大手高麗門)01






大手門
2010.2.19-東京ぶらりひとり旅027大手高麗門02
ここから東御苑に入れる(無料)ようなのですが、残念なことに金曜日は閉園ですって(><)
(次の日にいく行くことになりましたので、後の記事をお楽しみに♪)





東京ぶらりひとり旅(2010.2.19)その8~巽櫓


お堀の向こうに見える建物は「巽櫓(たつみやぐら)」です。
辰巳櫓とも書くらしいですが、正式には桜田二重櫓なんですって!
2010.2.19-東京ぶらりひとり旅026巽櫓01
絵になる風景~心が洗われるわぁ。
とってもきれいな風景だけど、「巽櫓」の事を調べてみたら、
“石落としとしての役目を果たす出窓や、弓や鉄砲を撃つ狭間という隙間があり、敵の攻撃に対処するために作られた櫓です。 ”って、江戸城時代の戦いのための建物なのね。






巽櫓前のお堀の鴨たち
2010.2.19-東京ぶらりひとり旅026巽櫓02鴨たち
皇居のお堀は水鳥のオアシス、とりわけ、ここには鴨が多かった!




こんな鳥たちも。
(何ていう鳥なんだろう?)
2010.2.19-東京ぶらりひとり旅026巽櫓03~近くの鳥たち





 

東京ぶらりひとり旅(2010.2.19)その7~蛤濠と桔梗門


坂下門をさらに北上。
ここは「蛤濠」(らしい)です
2010.2.19-東京ぶらりひとり旅024蛤濠




しばらく行くと、松林を剪定しているところに出くわしました。
2010.2.19-東京ぶらりひとり旅024松林の剪定
うーん、これだけの木があると、1年中どこか剪定してるよなぁ。。きっと。






「桔梗門」です。
名前がかわいいですね(^^)
2010.2.19-東京ぶらりひとり旅025桔梗門01






ここでも入門チェック。
ここは車がどんどん入っていっていました。
「たまごの○○」とか「牛丼○○」とかいう車も入っていっていて、なんだか面白かったです。
2010.2.19-東京ぶらりひとり旅025桔梗門02入門チェック






東京ぶらりひとり旅(2010.2.19)その6~坂下門


さて、まだまだ続く「東京」でのお話。。。


皇居周りをうろつくことにした私~坂下門のところまで来ました。
なにやら人気が多くなってきたのですが、二重橋とはちょっと雰囲気が違う感じ。
ビジネス街の出勤する方々みたい。
でも、、でも、行き先は「皇居!」


2010.2.19-東京ぶらりひとり旅021坂下門02ー出勤する宮内庁の人たち>
↑坂下門に向かって出勤する方々
どうやら、、ここ皇居に勤める方々も「9時出勤」な様です!(^^;)





門の前ではやはり“厳しい?”チェックが!(そりゃそうだ!)
2010.2.19-東京ぶらりひとり旅021坂下門03ー厳しいチェック






東京駅からからここまでのルートです。
丸印が現在地(坂下門)
2010.2.19-東京ぶらりひとり旅021坂下門までの地図



 

豊作サクランボ2010


今年はサクランボが豊作です(^^)v
あややおばあちゃんのお庭でたわわに実りました♪
豊作サクランボ2010-01



1日でこんなに採れました!
豊作サクランボ2010-02

缶詰のサクランボがきらいないちごも、このサクランボはパクパク食べていました。(*^^*)

こいのぼり


いちごが小学校の図工の時間で作ったものです。
今年はバタバタしどうしなので、こいのぼりをあげることが出来ませんでした。
この作品が唯一の飾りかな(^-^)g"

東京ぶらりひとり旅その5~二重橋


二重橋です。
東京ぶらりひとり旅019二重橋
ひっきりなしに観光客が写真を撮っているので、なかなかいいアングルのところを
ゆっくりと吟味している時間がありません(^^;)
急いで撮ったのでピントが甘いです(><)。




やはりここにも派出所が
「丸の内警察署祝田町派出所」とありました。
なんだか可愛いたてものです。(これもレトロ調~?)
東京ぶらりひとり旅019二重橋前ー丸の内警察署祝田町派出所

実はここの斜め向かいにも派出所がありました。すごいわぁ。。





この二重橋の向こうが皇居の正面玄関のようです。
2010.2.19-東京ぶらりひとり旅020二重橋の向こう
宮殿があるのでしょうが、もちろんロープが張ってあって入れません。
ロープの前に警備員が二人立っていました。

そして、そして、東洋系外国人の家族がその前で写真を撮っていて、その中の女の子(7,8歳位?)がロープstyleをつかんでぶらぶら~としたとたん。。
「コラー」と大声が響きました。
「何をしてるんだ! 入ったらだめだと書いてあるだろう。そのロープから離れろ」と警備員がさけびながら駆け寄ってきたので、家族は子供の手をつかんであわてて逃げていました。
そして警備員はロープに下げている看板を直しながら「ここを何処だと思ってるんだ、まったく」とぶつぶつ言いながら、周りをにらんでしました。


これにはホントにびっくり!
ええ、警備は厳しいのが当たり前の所だとは思うんですよ。これぐらいして当然位の場所かも。。
でももしうちのチビを連れて来ていたら同じような事をしそうです。と思うとヒャーって感じです。





ドキドキしながらも、、もう少し皇居周辺を散策する事にしました。











東京ぶらりひとり旅その4~皇居前広場


馬場先門から二重橋の方面に向かって歩いて行くと見事な松林が!!
皇居前広場のようです。
天気はいいし、広い景色で、気持ちはゆったりまったり~(^^)
東京ぶらりひとり旅018皇居前広場の松林





ちょっとドキっとするのはこれ。
東京ぶらりひとり旅018皇居前警備派出所
これは皇居前警備派出所です。
こういう派出所がやたらと点在してて、目立つ目立つ!!
さすがに警備には気を使ってるんだなぁ~って思いました。







皇居前広場の道
広~~い!!
東京ぶらりひとり旅018皇居前広場01








さらに進んでゆくと、観光客の団体が次々と渡って行くのに出会いました。
平日の朝9時位だというのに凄い人です。
東京ぶらりひとり旅019二重橋前02





それにしても、この広い道~~。
道だけでも「威厳」?を感じてしまいます。
東京ぶらりひとり旅019二重橋前03



さ、二重橋はすぐそこです。

東京ぶらりひとり旅その3~日比谷通りのレトロビル


さて、肝心の会場を確認したので何処へ行くともなくぽちぽち歩く事に。
歩いているとさらに広い道路に出ました。

「比谷通り二重橋前」でした
東京ぶらりひとり旅015日比谷通り二重橋前01






道路の向こうには森の様な??
あ、二重橋って「皇居」じゃないの?(今頃気づきました(^^;))
東京ぶらりひとり旅015日比谷通り二重橋前02
では、二重橋でも見に行きましょうかね。


東京のいい所は道角ごとに案内図があること。
方向音痴の私が、地図も持たずにぶらつけるなんて事まぁありません。
二重橋の方面へぶらぶら。。





振り返ると、、ん?重要文化財の建物?
「明治生命館」ですって。思わずパチリ!
東京ぶらりひとり旅016二重橋前-明治生命館01





窓の柵も素敵♪
東京ぶらりひとり旅016二重橋前-明治生命館02






ガス灯っぽい街灯もおっしゃれ~♪
東京ぶらりひとり旅016二重橋前-明治生命館03







入り口です。
こんな所で働いていたら、自慢したくなっちゃうね(^^)。
東京ぶらりひとり旅016二重橋前-明治生命館04






馬場先門まで来ました。
東京ぶらりひとり旅017馬場先門01






馬場先門のお堀から眺めた東京の景色
東京ぶらりひとり旅017馬場先門から02




あ、さっきの明治生命館の全貌が見えます。
やっぱり上にビルが建っているのね~。
東京ぶらりひとり旅017馬場先門からー明治生命館全貌


このとき午前8時30分ぐらい。。
<その4>に続く





 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。