こうちゃんの Collection Room
このお部屋にはこうちゃんが、集めたもの、手作りしたもの、日々の記録などを紹介しま~す♪ 

東京ぶらりひとり旅(2010.2.20)その28~東御苑~「本丸大芝生」と「北桔橋門(きたはねばしもん)」

再び、本丸跡の広場に出ました。
広場では芝生の上に寝転がってる人達がチラホラ。。
そう、2月とは思えない陽気で、こういう姿を見るととても気持ち良さそう~♪
2010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑039~本丸大芝生01









私もまねして、寝転がってみました
しかも、広場のど真ん中で~(^^)v
2010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑039~本丸大芝生02
うーん、気持ち良い~♪
東御苑(皇居のお庭)でこんなことが出来るなんて、日本て平和だなぁ。









真っ青な空に一筋の雲が……。
2010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑039~本丸大芝生03






15分ぐらい寝そべっていたら、顔が暑いくらいでした。
さて、御苑内はほぼ一周したし、そろそろ外に出るかなぁ。。
近くの出口を探ります。
2010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑039~北詰橋門まえの林









「北桔橋門(きたはねばしもん)」が近そうなので、そこから出る事にしました。
ここは天守閣の北の本丸大奥から外部に直接通じる門で、重要地点にあるところから、濠を深くして石垣は最も堅固雄大にしてありました。
 また、橋は、はね上げる仕掛けにしてあり、通常は上げられていましたが、 有事の際には外部に逃げたり、交通を遮断出来る様になっていました。
 現在は、皇居東御苑へは大手門、平川門と同様に、ここからも出入りができます。

2010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑039~北詰橋門01
入口と書いていますが、中側からjは「出口」となっています。
入る時にもらった入園票をお返ししました。
入園票の記事はコチラ





スポンサーサイト

東京ぶらりひとり旅(2010.2.20)その27~東御苑~「楽部庁舎」と「桃華楽堂」

二の丸庭園を回って、再び本丸跡の方へ出てきました。
ここには建物が二つ。
今までとっても純和風な佇まいだった東御苑ですが、
この二つの建物は洋風~大正ロマン風といったところでしょうか?
(大正時代のではないですけどね(^^;))



「楽部庁舎(がくぶちょうしゃ)」
2010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑038~楽部庁舎(がくぶちょうしゃ)
宮内庁式部職の楽部では,雅楽の保存,演奏,演舞,宮殿で演奏される洋楽を担当しています。毎年秋には,楽部による雅楽の一般公開が行われています。通常は一般の人は入れません。







「桃華楽堂(とうかがくどう)」
010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑038~桃華楽堂(とうかがくどう)01
桃華楽堂は、昭和41年2月に完成し収容人員は200名の音楽堂で、音楽好きの香淳皇后(こうじゅんこうごう)さまの還暦記念として建設されました。

鉄仙の花弁を形どつた屋根と八面体の珍らしい建物で、ホール外壁のモザイク・タイルの図柄は、各面とも大きく羽ばたく鳥を抽象的に描いたものに、日月星・衣食住・風水火・春夏秋冬・鶴亀・雪月花・楽の音・松竹梅と八面の正面から左へ順に陶片であしらっています。

「桃華」の由来は、香淳皇后さまの御誕生日が三月なので桃の節句にちなんで桃とし、華の字形は十が六個と一で構成されていることから還暦(数え年61歳)を意味するということで命名されました。


全体として日本女性の優雅でおおらかな理想像をえがき出したものと言われています。陶片には,有田焼,信楽焼などが用いられており,玄関正面の屋根の上には鬼瓦の代わりとして金色の雛人形が飾られています。
2010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑039~桃華(黄金のひな人形)
なんか、とっても可愛いわぁ。。








東京ぶらりひとり旅(2010.2.20)その26~東御苑~「二の丸庭園のロウバイ」

2010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑037~二の丸庭園14ロウバイ
微妙にピントが合っていないので、長い事見ていると目が痛いです(ーー;)
写真はなかなか難しいなぁ。。
まぁ、コンデジだし、サイズ落として撮ってる事を考えたら、こんなもんかも~って言い訳)

※サイズ落としてるのはね、実はこの一人旅は「出張」に来て、たまたま時間が出来たのでぶらりとしてる訳で、
こんなに写真を撮るとは思ってなかったんだよね。で、写真を沢山撮る為に小さめのサイズで撮る事にしたんだよね~(^^;))



2010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑037~二の丸庭園12ロウバイ
ロウバイはロウバイ科なんですね~。。








2010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑037~二の丸庭園11
庭園の所々に、こうした植えたてのところがありました。
どんどん変化していくんですね。近かったら散歩にきて季節の移り変わりを楽しむのも良いですねぇ♪

東京ぶらりひとり旅(2010.2.20)その25~東御苑~「二の丸庭園」

『東御苑~二の丸庭園』
2010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑037~二の丸庭園01
江戸時代、二の丸には、小堀遠州が造り、三代将軍の徳川家光の命で改修されたと伝えられる庭園がありましたが、長い年月の間にたびたび火災で焼失し、明治以降は荒廃していました。

現在の回遊式の庭園は、昭和43年の皇居東御苑の公開の開始に当り、九代将軍徳川家重の時代に作成された庭園の絵図面を参考に造られたものです。
(皇居ー参観ガイドより)






ここの画像は、もう見てもらうだけで、解説なんて無用ですね!
つたない技量での写真ですが、ご堪能ください0(^^)0





2010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑037~二の丸庭園02










2010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑037~二の丸庭園03










2010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑037~二の丸庭園04










2010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑037~二の丸庭園05










2010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑037~二の丸庭園06










2010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑037~二の丸庭園07










2010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑037~二の丸庭園08










22010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑037~二の丸庭園09










2010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑037~二の丸庭園10



東京ぶらりひとり旅(2010.2.20)その24~東御苑~「二の丸雑木林」

※画像はクリックすると大きくなります

「都道府県の木」の向こうに「二の丸雑木林」がありました。
2010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑036~二の丸雑木林01
分かれ道~えーっと、左に行って見よう。






あら、素敵な雰囲気の館が。。
2010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑036~二の丸雑木林02
「諏訪の茶屋」というらしい。
江戸時代には違うところにあったらしいのですが、明治45年に再建され、明治期の茶室風の建物として優雅な外観を持っているため、皇居東御苑の整備に当りここに移された、とのこと。






「諏訪の茶屋」を違う方向から見たところ。
2010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑036~二の丸雑木林03
紅白の梅がかぶって風情あります。







二の丸庭園の方へ向かいます。
2010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑036~二の丸雑木林04

 江戸時代、二の丸には、小堀遠州が造り、三代将軍の徳川家光の命で改修されたと伝えられる庭園がありましたが、長い年月の間にたびたび火災で焼失し、明治以降は荒廃していました。
現在の回遊式の庭園は、昭和43年の皇居東御苑の公開の開始に当り、九代将軍徳川家重の時代に作成された庭園の絵図面を参考に造られたものです。







少し行くと綺麗な池が見えてきました。
2010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑036~二の丸雑木林05






この石段を降りていくと
2010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑036~二の丸雑木林06






池のほとりに出てきました
2010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑036~二の丸雑木林07






全体はこんな感じ。
2010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑036~二の丸雑木林08
はぁ~、、心が洗われる様な景色です。
これは是非とも画像をクリックして、大きな画面でお楽しみ下さい!








もっと池に近づくと
2010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑036~二の丸雑木林10









これはこれは、何とも見事な根上り松が!
2010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑036~二の丸雑木林09











ここには沢山の花が咲く様なのですが、まだまだ季節は先の様です。
2010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑036~二の丸雑木林11



東京ぶらりひとり旅(2010.2.20)その23~東御苑~「平川門」「都道府県の木」

1年前に行った東京の記事、長~くなったので一時中断しておりました。
(夏に冬の記事って言うのもどうかと思って(^^;))
で、丁度季節が巡って参りましたので、再開でーす!


以前の記事はカテゴリーの「東京ぶらり一人旅」をごらん下さい。



さてと、皇居東御苑の「平川門」です
2010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑034~平川門へ





えっと、下が東御苑の略図です
東御苑の略図

確か「大手門」から入って29→28→13→14→11→1→3→4
       →5→6→7→16→19→20と回ってきた、、かな。









しばらく行くと、こんな表示が。
2010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑035~都道府県の木01
都道府県の木!!
  こういうのはさすが皇居って感じがします。




最初に見えたのは「北海道ーエゾマツ」
2010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑035~都道府県の木02
成る程、、ほぼ北の都道府県から順番に並んでいる様です。




あった、「和歌山県ーウバメガシ」です
2010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑035~都道府県の木03



ふーん、「ウバメガシ」ってブナ科だったんだ~。。
東京ぶらりひとり旅005~東御苑035~都道府県の木03-02











ちゃんと、何処にあるのかのマップもありました。
2010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑035~都道府県の木04






北原照久氏のトークライブ&サイン会

頑張って待った甲斐がありました。
本を買って、で、やっぱりおもちゃも買って
両方にサインをして貰いました。


サインして貰っているところを写真におさめようと思ってカメラをかまえたら、こちらを向いてにっこり笑って下さいました。
北原照久さんと2011
すごい、さすがにマスコミなれしてる方は違う!







↓いちごがしてもらったサイン
北原照久さんのサイン2011-01
To ○○ Kun となっている(笑)
ゴンちゃんのプレゼント用にも同じ様にサインをして貰ったんですが
やはり、To ○○ Kun でした。(^m^)

サインが顔になっててかわいい♪








↓本にしてもらったサイン
北原照久さんのサイン2011-02
サインをした後に
“辛→幸”と書いて、
その解説までしてくれましたよ。
☆「辛(つらい)」と言う字は十回立つと書くよね、でも一を足すと幸(しあわせ)という字になるんだ。
  11回立ったら、幸せになるんだよ。だからね、辛いのは幸せの一歩手前だと思ったらいいんだ」
とのことです。


私が買ったこの本の中にも書かれています。
とってもポジティブな内容の本です。


すっごい沢山の人が並んでいるのに、そんな事まで書いて解説までしてくれて、別れ際には北原さんの方から握手をしてくれました。(いちごも!)

とってもいい人なんだなぁ~、、と嬉しい気持ちでいっぱいになりました。







北原照久氏のトークライブ

和歌山市の中心街だったっぶらくり丁
そのまたシンボル的だった老舗デパート「丸正」

でも公共交通の便が悪い事と、駐車場が不便な事でどんどん寂れていっています。
丸正が閉店したあと、救世主の島精機社長に救われ
「フォルテワジマ」と名を変えて今もなんとか営業しています。


その「フォルテワジマ」に、あの「なんでも鑑定団」で有名な北原照久さんが集めたコレクションを展示する『おもちゃ博物館(ミュージアム)』がありました。

出来た当初も見に行ったのですが、今回なんとこの月末で閉館すると言うではないですか!?
がーん、、、ショック。。。
(最近の和歌山はどんどん寂れていくのです。。とほほ)
(そういえば、『宮井平安堂』も閉店してしまいました)

なので、この博物館を見に行く事に!



今月もいろいろすることがあって忙しいのですが、何とか都合のつく13日に行く事にしました。
13日、、そう、本当は11日に免許の更新をすませている筈だった私は、13日の午前中になんとか更新をすませ(連休明けだったので、すっごく、込み合っていました(><))、午後いちご連れのパパと合流。
合流前パパから電話
「今日、北原さんのトークライブとサイン会があるそうだよ」

「え~!!? 本物に会えるの??」


フォルテワジマに着いて、エレベーターに乗ったら
↓コレが貼ってありました
北原照久さん、トークライブ2011
やったね!
夕方、ゴンちゃんチへ行く予定があったんだけど、3時のサイン会は参加出来そう♪




合流して、トークライブ(ラジオの和歌山放送で生中継してたらしい)も少しだけ参加。
でもいちごはものの10分もじっとしていられなかった。
無理もない、大人向けのトークだったもの。。

で、すぐに会場を出て、本来の目的だったミュージアムの方へ。
むむむ。懐かしいおもちゃがいっぱい。(もっと世代の古いのもありましたが)
でも触れないおもちゃを見ていても、やっぱり退屈ないちご、、
まぁ、そうでしょうねぇ(^^;)

入り口の鉄人は一緒に写真を撮ってもいいということで
鉄人28号と2011,02,13
ガオー!
(いちご、、ちょっと怖がってる??)

このあと、3時まで屋上(広場になってる)で走り回ったり、
パン屋さんの喫茶室でジュースを飲んで時間を潰しました。




続きはまた明日

金柑が鈴なりです!


あややおばあちゃんチの金柑が今年も豊作。
金柑が鈴なりです2011
ヒヨドリにやられてしまうので、ネットを張っています。
すごい網の大きなネットだと思ったら、
あややおばあちゃんが自分で編んで作ったんだって。。
あら、道理で。。


今年のバレンタインデーは大雪で‥‥


和歌山市にこんなの大雪が降るのは何年ぶりだろう。
中学校ぐらいの時に雪合戦した覚えがあるから、その時も
コレぐらいは降ったのだろうか??
今年のバレンタインは大雪で‥‥01
↑帰宅途中に立ち寄った某施設です。







どんどん降り積もってそこら辺真っ白です。
今年のバレンタインは大雪で‥‥02
外気温も寒くて外に出ると、痛いぐらいです。








せめて気持ちだけでも温かくならなくっちゃね。
友チョコを貰いました。
今年のバレンタインは大雪で‥‥03
幾つか貰った中でこれが良かったな~。
ハートのクッキーにチョコのコーティング。
メッセージがまた可愛い。
中2の女の子からのプレゼントです♪







こっちはファミチョコ(家族へのチョコ)&職場への義理チョコ?
今年のバレンタインは大雪で‥‥04
ネットで見つけたチョコレート大判焼き
ちょっとレンジでチンして、ほんのり暖かいのをいただくのが良いです。





大判焼きのひなさく堂コチラ

象さん、飼ってます!

「あ、ぞうさん!」





住宅並びの少し上の方








指差したその先にいたのは、、、








まぎれもない








象さんだった!(驚)
ぞうさん飼ってます2011
すごい、あんなところに。。。

いったい誰が!

















って、何の事はない
ぞうさん飼ってます2-2011
モデルハウスの呼び込み用のアドバルーン象さんでした。(^^;)



でも、
インパクトはありました。




でもって、この象さん、愛嬌ある顔つきで、
子供達は大喜びでした(^^)b

雪景色の伊太祁曽神社(いだきそじんじゃ)

昨日、免許の書き換えが出来なくって、その代わりにいって来た伊太祈曽駅。
ここまでくればついでのついで、「伊太祁曽神社」にも寄って見よう。

駅から、神社まではほんの2、3分程。
傘を持ってこなかったけど、雨ではないので平気。
雪景色の伊太祁曽神社2011.02.11-01
常磐橋からみた大鳥居です。







鳥居をくぐって本殿までの参道にはのぼりが並んでいます。
雪景色の伊太祁曽神社2011.02.11-02








境内の中です
雪景色の伊太祁曽神社2011.02.11-03
白い雪景色に赤い太鼓橋が映えて綺麗です。
うーん、侘び寂びの感じ?







橋をアップにしてみました。
雪景色の伊太祁曽神社2011.02.11-04






本殿は工事をしていました。
雪景色の伊太祁曽神社2011.02.11-06
神主さん(禰宜さん?)たちが本殿から出て来られて、駆け足でどこかへ行くところの様です。
後で知ったのですが、「紀元祭」があったようです。建国記念日だったものね。







伊太祁曽神社(いたきそじんじゃ)は、和歌山県和歌山市にある神社である。旧称山東宮。
五十猛命(いたけるのみこと、別名 大屋毘古神)を主祭神とし、左脇宮に妹神の大屋都比賣命(おおやつひめのみこと)、右脇宮に同じく妹神の都麻津比賣命(つまつひめのみこと)を配祀する。いずれもスサノオの子であり、木の神として信仰される神である。

伊太祁曽神社についての具体的な年号の初見は「続日本紀」の文武天皇大宝2年(西暦702年)です。
※今年で1300年目を迎える事になります
元々は日前神宮・国懸神宮(ひのくまじんぐう・くにかがすじんぐう=通称:日前宮にちぜんぐう)の社地にお祀りされていたようですが、日前宮のご鎮座が垂仁天皇16年と伝えられていますので、その頃に山東(さんどう=現在の伊太祈曽)に遷座せられたようです。



日本書紀では
スサノオがいうのに、「韓郷の島には金銀がある。わが子が治める国に船がなかったら困るだろう」と(『日本書紀』では、スサノオと奇稲田姫〔クシイナダヒメ〕の子が大己貴神〔オオアナムチノカミ。大国主神ともいいます〕。スサノオに代わり地上を治め、葦原中国〔アシハラノナカツクニ〕を作りました)。
 そこで、スサノオ、ひげを抜いて放つと、そのひげが杉の木になった。胸毛を抜いて放つと檜に、尻毛は槙に、眉毛は樟になった。
 「杉と樟は、船を造るのによい。檜は宮を造るのに、槙は現世の国民の棺を造るのによい。たくさんの木の種を播こう」
 スサノオの子、イタケル、オオヤツヒメノミコト、ツマツヒメノミコト。この三柱の神が大八洲国(日本)に木種を播いて回った。
 その後、スサノオは熊成山(くまなりやま)を通って、とうとう根の国に入った。
そして、イタケル、オオヤツヒメノミコト、ツマツヒメノミコトが最後に定住した地が「木の国」→「紀の国(和歌山)」と言う訳です


 


このあと、ちょっと面白い写真が撮れました。
続き‥‥で紹介するね o(^^)o




  

2011年の雪景色

本州最南端と云われる場所に位置する和歌山県ですが、
それでも2、3年に一度は白い世界になる事があります。
(まぁ、和歌山県でも、北部の方なんだけどね)


今日、起きる時」なんか外が明るいなぁと思ったら。。
なんとまぁ、真っ白!
雪景色2011.02.11-01
しかもまだ降り続いてる。。






今日、免許の更新に行こうと思ってたのになぁ。
実家の方からの方が交通センターに近いので、お泊まりの今日を狙ったのに。
いちごも母が預かってくれるって言ってるのに。
雪景色2011.02.11-02
でもまぁ、和歌山で積もったからと言ったって交通麻痺する程ではなく。。
しゃあない、車に積もった雪をかき下ろして行って来るべぇ。








ところがね。。
交通センターに着いてみると、工事をしていてね。
工事の監視をしていたお兄さんが近寄って来て
「今日はやってませんよ」だって。。
え~~!?(><)
そう、土曜と祝日はお休みだったんです。ガックリ。
私の様な人が他にも居て、工事のお兄さんはそちらの方にも走っていって同じ様な事を伝えていました。
クッスン、この雪の中、チビを預けてまで来たのにさ。
(よく読んでいなかった自分が悪いんだけどさ~)






悔しいので、帰りがけ「伊太祈曽駅」に行って来た。
雪景色2011.02.11-03
おおお~丁度「たま電車」が止まってるじゃないですか!(^^)v
ひとつぐらいは良い事があるもんだ。








貰いもので~す(^^)v


ご近所さんから頂いたものです。

えっと、これは「わさびチクワ」と、(ん?もう一つはなんだったっけ)です
貰い物の「あごちくわ」「とうふちくわ」





こっちは
「岡山産の牡蛎」
貰い者の牡蠣

でかいです!
新鮮なので、生食で頂きました~!!
ありがとうございました♪

豆餅ぜんざい

豆餅が食べたくなって買って来た。
豆餅のぜんざい
で、ぜんざいにしてみた。

塩昆布がいい味引き出してくれました(^^)v

節分

昨日は節分でした。
例に漏れず、「恵方巻」今年の恵方巻2011
いちごも食べやすいように、太巻きはやめて細巻きに!
長さもハーフサイズです。
具は、いか、まぐろ、サーモン、まぐろのタタキ、かにかま、
キュウリ、卵、自家栽培のレタス(未だに青々してるの)などなど

今年は南南東ですって。
ん?ウチから見た南南東ってどっちだ??(笑)

ポタさんからの贈り物!

最近、お知り合いになったpotaさんのブログで
台湾旅行のお土産プレゼント企画がありました!
プレゼントは何と14セット〔14人に当たるの)も~!!

私も参加したのですが、残念ながら落選(^^;)、あらら~


おっと、ところが希望者の無かったプレゼント番号のをpotaさんチョイスでプレゼントして下さいました。
やったっ(^^)v


届いたのがコレ↓
ポタさんからのプレゼント!2011
左から御守り袋と根付けとユニセフのカード♪
はずれたのに3つも送ってくれました~。
ガラス製の根付けが可愛いわん(^艸^)


ポタさん、ありがとうございました~!



potaさんのブログは→potaのひとりごとでーす



お正月のお出かけは~東映太秦映画村!その16



いよいよ閉園(閉村?)じかんなので、出口まで急ぎます
出る間際、あら、さっき見たおねぇさん。。
太秦映画村2011-村の中ー映画の泉 の前で南京玉すだれ
「南京玉すだれ」の大道芸人でした。
写真とっても良いですか?と聞くと、↑こんな風にセッティングしてくれました。
いちごはちょっとビックリしてた感じ(笑顔が引きつってる~)











「あ、飛行機雲!」
太秦映画村2011-村の中ー映画の泉
いちごが指差したので、思わず撮りました。






お正月のお出かけは~東映太秦映画村!その15




映画村の一番奥に、「お化け屋敷」が~~。。
太秦映画村2011-村の中ーお化け屋敷
ここお化け屋敷と書いていますが、実際には「お化け屋敷に通じるアーケード」で
しばらくお店が続きます。




でも入ってすぐのところに“顔出し看板”がありました
太秦映画村2011-村の中ー顔出し看板01
それにしてもなんか統一性の無い顔出し看板だなぁ。。
左のなんて顔がでかいから、実際の人物の顔を当てはめたらバランス悪~い(^^;)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。