こうちゃんの Collection Room
このお部屋にはこうちゃんが、集めたもの、手作りしたもの、日々の記録などを紹介しま~す♪ 

初めてのバンガロー体験2011.3.19 その4  川湯温泉付近

ようやく、渡瀬(わたぜ)につきました!


この地名、どうやらやっぱり「わたぜ」だったようです。

ここの温泉場を仕切っている、コーナングループの社名が「わたらせ温泉」なので、
こちらの名前が有名になったらしいのですが、本当の地名は「わたぜ」というのです!
へぇへぇへぇ~でした



さて、バンガローはどこ??
それらしいもの(建物)は見当たりません。
川湯の方なのかしら??
すぐそこなので、ちょっと行って見よう。。
初めてのバンガロー体験2011-16
ここは川原を掘ると温泉が湧き出すという全国でも珍しい温泉。体が浸かる大きさまで掘れば、自分だけの露天風呂が出来上がり!
冬毎年12月から翌年2月にかけて川をせき止めた、広大な露天風呂が出現します。
「仙人風呂」(千人、入れる、という語呂もかけている)と呼ばれ、野趣あふれる冬の風物詩として親しまれているのです。








ここが川湯温泉。
ぽつ、ぽつと見える掘建て小屋は脱衣場のようです。
初めてのバンガロー体験2011-05
案内によると
どなたさまでもご利用いただけますが、ご宿泊以外のお客様はスコップなどの道具をお持ち下さい。
川原の温泉だけでなく、すぐ近くに川湯温泉公衆浴場がございますのでご利用ください。
200メートルほど下流に約50台収容の無料駐車場がございます。ご利用時間は午前9時~午後5時とさせていただいておりますのでご注意ください。
仙人風呂期間は個人で掘る場所はなくなってしまいます。あらかじめご了承ください。
川湯温泉地区(温泉泉質:単純泉、73℃//飲用効果:胃腸病、糖尿病、痛風//浴用効果:神経痛、糖尿病)
とのことです。





もう夕方(4時前)でしたが、何人かは遊んでいました。
初めてのバンガロー体験2011-06
もうちょっと早くくれば、ここで遊ぶのも良かったなぁ~。
いちごも楽しかっただろうなぁ~、、、でもまた今度ね!
(今度っていつ~(^^;))




さて、バンガローは何処だろう??
(ああ、方向音痴(><))
スポンサーサイト

初めてのバンガロー体験2011.3.19 その3近露王子

先ほど行った「なかへじ美術館」の近くに「近露王子」(実際には「近露王子跡」)がありました。

ここでいう「王子」とは所謂「九十九王子(くじゅうくおうじ)のことで、熊野古道沿いに在する神社のうち、主に12世紀から13世紀にかけて、皇族・貴人の熊野詣に際して、その先達をつとめた熊野修験の手で組織された一群の神社のことで、参詣者の守護が祈願されたのです。
したがって、その分布は紀伊路・中辺路の沿道に限られます。



初めてのバンガロー体験2011-15 近露王子01
「近露王子」は王子社の中でも最も早く現れた王子のひとつで、熊野詣の宿場として賑わった近露の里の中に鎮座して、産土神としても祀られていたそうです。
近くを流れる日置川は近露王子におまいりする前に潔斎をした清流で、川岸には後鳥羽上皇の御所もあったといわれています。



初めてのバンガロー体験2011-15 近露王子02
現代でも皇太子が参拝された模様






初めてのバンガロー体験2011-15 近露王子03
案内板がありました。
ちょっと読みにくいので、写し書き!

 永保元年(1081)十月、熊野に参詣した藤原為房は川水を浴びた後、
「近湯」の湯屋に宿泊しています。王子社の初見は、藤原宗忠の日記、
 天仁二年(1109)十月二十四日条で、宗忠は川で禊をした後、「近津湯王子」に奉幣しています。  このように、古くは「近湯」「近津湯」とありますが、承安四年(1174)に参詣した藤原経房の日記以降は、「近露」と書くようになります。建仁元年(1201)十月、後鳥羽上皇の参詣に随行した藤原定家の日記によれば、滝尻についで、近露でも歌会が行なわれています。定家は、川を渡ってから、近露王子に参拝していますので、上皇の御所は右岸にあったようです。
承元四年(1210)、修明門院に随行した藤原頼資の日記でも同様で、女院は四月二十九日に宿所に着いて「浴水・禊」をし、翌五月一日に王子社に参拝しています。このように、近露では宿泊することが多く、川水を浴びた後、王子に参拝するのが通例でした。江戸時代には、若一(にゃくいち)王子権現社と呼ばれ、木像の神体が安置されていたようです。明治時代には王子神社となりましたが、末期に金比羅神社
(現、近野神社)に合祀されました。
なお、跡地の碑の文字は、大本教主出口王仁三郎の筆によるものです。

と書かれていました。



初めてのバンガロー体験2011-15 近露王子06
八咫烏(ヤタガラス)のマーク入りの碑もありました。







ここにも「近露王子」と彫られた碑が!
初めてのバンガロー体験2011-15 近露王子04
これでもか~って感じですよね。
実は 「近露王子」は、明治末期まで社殿もあり、少し下手にある春日神社とともに近露の氏神として祀られていましたが、神社合祀により十数本あった杉の巨木も伐られ、廃絶したのでした。
神社合祀にはかの南方熊楠も大反対でした。

そんな事もあってか、この石碑たちには、意地と気合がこもってたんでしょうかね。











これが先ほどの大本教主出口王仁三郎の筆による石碑
初めてのバンガロー体験2011-15 近露王子05以下は説明板より。

王子碑の文字について

「近露王子之跡」と書かれた碑の文字は、記名がないけれども大本教主出口王仁三郎の筆跡である。昭和八年(1933)三月二十一日この地に来て休息した際、当時の近野村長横矢球男の依頼で用紙に筆をふるったのである。翌年一月それを彫りつけた王子碑が建立されたが、二年後の昭和十年十二月大本教は二回めのはげしい宗教弾圧をうけ、この碑も取り壊さねばならぬことになった。その時横矢は、この文字は筆跡を自分が模写したものであると主張し、保存していた王仁三郎の書を警察に提出した上で、碑面に見られた「王仁」の書名を削り、そこに「横矢球男謹書」と彫り改めて、王子碑の撤去をまぬがれたという。出口王仁三郎の筆跡の碑は全国に数多く建てられていたが、他はことごとく破壊され、辛うじて残ったのはここだけだとされている。







熊野道についての説明もありました。
初めてのバンガロー体験2011-15 近露王子09
書き写すの面倒になって来たのでここは省略。








ここには歌碑も3つ
初めてのバンガロー体験2011-15 近露王子13
峠路ゆ 見おろす村の わが里は 家ごとにして 梨の花さく  ~花山~


初めてのバンガロー体験2011-15 近露王子07
ふるさとの 山????? 映えて 麓をめくる 川の瀬の唄

よ、読めない(><)




初めてのバンガロー体験2011-15 近露王子08
世をてらす かげとおもへは 熊野山
         こころの空に すめる月かな
                    後鳥羽上皇







もう少し続くよ~







初めてのバンガロー体験2011.3.19 その2   熊野古道なかへち美術館

年度末の忙しい時期でもあったので、直前まで何も調べることが出来ませんでした。
前日にインターネットで場所を確認。
往き道も確認。
なんたって、カーナビなんてついてないし、私は方向音痴。
ダンナさんは和歌山育ちじゃないので土地勘なし。
あー、恐ろし、、、。


でね、往き道を調べていたら、
途中に興味をそそられる物があるじゃないですか!(^^)v
初めてのバンガロー体験2011-07
名前は知っていたんだけど、行ったことなかったんですよね~♪
もち、立ち寄ることに(^艸^)

なかへち美術館についてはこちら






看板を左折すると、、何もない?(@@)/
初めてのバンガロー体験2011-08



道の突き当たりにやっと見えてきましたが??
初めてのバンガロー体験2011-09
え?モニュメントだけ??


そういえば途中に何やらたてものがあったような??

おそるおそる戻ることにしたら
初めてのバンガロー体験2011-10
あった、ありました。

立て看板が透明なため、見落としていたんです。
おしゃれなのはいいけど、目立たないというのも困りものかも



で、こんな感じなんですが??
とってもモダンな建物ですが、なんだかひっそりしてる。

もしや、休館日?
初めてのバンガロー体験2011-11
でも土曜日に休館日って言うのも変だよねぇ??





入り口にはひっそりと案内板が~。
初めてのバンガロー体験2011-12
「休館」とは書いてないし、入れるのよね??



入れたかどうかは、続きをご覧下さい

初めてのバンガロー体験2011.3.19 その1  熊野ロマン街道

(3月19日の出来事です)

去年、市の文化祭で「紀州山の日」イベントで宿泊券が当たるというイベントをしていたので申し込みました。
なんと、当たっちゃいました~(^^)v

バンガローの当選券2011


ということで、出かけてきました。
いちごにとったらバンガローに泊まるのは初めてです!
(私も10数年ぶり~)
場所は熊野本宮町♪




大地震の後だったので、「本当に行っていいの?」と懸念もしたのですが
~何でもかんでも自粛してたら、日本全体が沈んでしまう~という意見もあり
ここは敢えて出かける事にしました!



昼前に家を出発
和歌山インターから阪和自動車道に乗り、南紀田辺インターで降りる。
しばらくすると、看板が~!
この「渡瀬(わたらせ)温泉」の近くです。(のはず!)
初めてのバンガロー体験2011-01
あれ?
よく見ると、「渡瀬」のことを「Wataze」と表記している!?
ずうっと「わたらせ」と読んでいたし、聞いていたんだけどなぁ~~??
「わたぜ」なの??え~~??






途中でこんな物を発見!
初めてのバンガロー体験2011-02
たぶん、こっちの山とあっちの山とで荷物を行き交いするための物だと思うんだけど?
ちがうかな??









途中の看板
何たって熊野は「世界遺産」だもんね!(えっへん)
初めてのバンガロー体験2011-03








そしてこんな看板も!
初めてのバンガロー体験2011-04
え~、熊野古道って、ロマン街道なの?
初めて知りました‥‥。(^^;)


春の庭2

忙しかったので、庭の写真も夜に撮ったモノです(^^;)
でも4月当初より、忙しさは少しマシになってきました。

春菊とクレマチス2011
手前の薄紫の花はクレマチス
奥の黄色い花はなんと、大きくなりすぎた春菊
更に奥はスナップエンドウです。
春菊がスゴい、めっちゃクレイで、切り花にしても長持ちします!
これは素敵、今度の冬にも植えよう!



春菊の花2011
春菊のアップです。
黄色いマーガレットみたい!






他にはこんな花が
名前不明の春の花2011-01
これ、確かひよこちゃんが植えてくれたような?
何と云う名前か忘れてしまったので、ひよこちゃん教えて下さい。





名前不明の春の花2011-02
これもかな?
斑入りの葉っぱが可愛い♪




アイリス2011
これはアイリス
前の人が植えた球根が残っていてあちこちで咲いています(^^;)

どんどん伸び放題でさて、この夏はどうなることやら~。。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。