こうちゃんの Collection Room
このお部屋にはこうちゃんが、集めたもの、手作りしたもの、日々の記録などを紹介しま~す♪ 

また1人、昭和の傑物が‥‥

今日、仕事中に携帯が鳴りました。
ダンナさんからの電話。
「小松(左京)先生が亡くなられた」と、ゆっくり、でも衝撃が抑えられないといった声色でそう伝えてきたのでした。

つい先日「小松左京マガジン42巻」が届いたところで、表紙裏には氏の近況写真が載っていて「痩せられてはいるけど、いい写真だね」と話をしたばかりだったのです。

左京氏(小松さんは自分の事を“先生と呼ばないで欲しい”と仰ってらしたので、ここでは“氏”と付けさせて頂きます)とはダンナさん関係から、少しばかり縁ある御方でした。
10年程前にはご一緒に旅行をする機会にも恵まれました。初めて直接お会いする氏はとても気さくな方でした。博識であるのに、気取らず、ひけらかさず、ウイットに富んで、茶目っ気があり、ですから回りに集まってくる人達もとても気配りの出来る方々が多かったと思います。正に人徳と云えるでしょう。



2年前「小松左京マガジン」の表紙のイラストを、とダンナさんに依頼が来て、私も手伝う形になりました。
そしてその絵が今行われている『小松左京展』のチラシにも起用していただきました。

小松左京展チラシ01
※画像はクリックすると大きくなります
このイラスト、、実は我家族(ダンナさん、私、いちご)が潜んでいます、、。
こんな遊び心が許されるのも氏の懐の広さ由縁なのでしょうね。。





多少なりともこうしてご縁があった事、光栄に思います。
謹んで小松左京氏の御冥福をお祈り致します。
                       


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。