こうちゃんの Collection Room
このお部屋にはこうちゃんが、集めたもの、手作りしたもの、日々の記録などを紹介しま~す♪ 

宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏〜3日目<宮崎から熊本へ> その5 はやとの風

特急「はやとの風」 到着です

[広告] VPS


「はやとの風」
  漆黒のボディが印象的なノスタルジックな列車。
  この列車の見どころは、明治時代のままの姿を残す嘉例川駅や、鹿児島〜重富間から見る桜島。
  木のぬくもりを感じる車内で、中央には展望スペースが設けられている。

  2004年に臨時列車として運行開始、2006年定期運行となる。
   運行開始当初はキハ147 1045(1号車)・キハ140 2066(2号車)の2両
   編成で、予備車両がなかったため検査や故障時は運休となっていたこと
   もあり、ほぼ毎日運転していたが臨時列車の扱いであった。 2006年に
   キハ47 8092が加わるとこれを1号車とし、従来1号車だったキハ147 10
   45は方向転換の上で2号車に変更。2号車だったキハ140 2066は予備車と
   なったため「はやとの風」の臨時列車扱いは解除され、多客時には3両で
   運行するようになった。

    ↑ここにもキハ47がいた。そうだったのか〜。

  JR九州は南九州に多くの観光列車を走らせているが、その端緒となった列車で
  ある。
  現在、吉松駅 - 鹿児島中央駅間に1日2往復が運行。
  運行ダイヤは下記の通り速達性よりも観光面をより重視したものとなっている。
  20世紀初頭に建築された木造駅舎の残っている大隅横川駅嘉例川駅で、
  全列車が約5分間停車する。
  車窓から桜島が一望できる竜ケ水駅に4分程度停車する列車がある(乗降扱い
  なしの運転停車)。
  隼人駅 - 鹿児島駅間の途中駅では旅客扱いの停車を行わない。
 
  <停車駅>
   鹿児島中央駅 - 鹿児島駅 - 隼人駅 - 嘉例川駅 - 霧島温泉駅 - 栗野駅 - 吉松駅
    ※赤の駅が私が乗った区間



宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−147
隼人駅に停車する「はやとの風」
  



宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−150
座席はこんな感じ(^^)。確かにノスタルジック!

やはり、水戸岡デザイン。特徴がありあり〜。
たま電車やいちご電車とテイストが同じだわ(^艸^)





宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−148
トイレののれんが!!!??? インパクトあるなぁ〜。
ベンチシートには駅弁がズラリ。
   →混雑時だけに乗車する客室乗務員が販売してくれます。







宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−160
客室乗務員さん 顔を隠すのが勿体無いぐらいの美人さんでした〜。







宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−149
指定席に座ります。
 ※はやとの風はほとんどが指定席。自由席は8席&展望席のみ!?





宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−151
展望スペース(自由席)





宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−158
展望席を満喫するいちご。




宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−153
ブラインドは竹で編んでいます






宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−152
壁のイラストは九州の観光名所(名物)




宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−154




宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−156
運転席





宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−157
車内灯もレトロ♪







宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−161
HAYATO NO KAZEってロゴもある、凝ってるなぁ。






宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−159
あったあった、スタンプサービス!
(押すのはセルフですよん)




宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−162
スタンプカードもサービス、しかも記念乗車証にもなっている(@0@)
ステキな旅の思い出(*^^*)
スポンサーサイト

宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏〜3日目<宮崎から熊本へ> その4 隼人駅

隼人駅
9:50着 
乗って来たきりしまは鹿児島中央駅に向けて出発
[広告] VPS





10:06発
16分の停車時間でしたので大急ぎで駅の写真を撮りに回りました。


表に出て、駅全体の写真
宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−137
明治34(1901)年6月に「国分駅」として開業。
昭和4(1929)年9月に「西国分駅」に改称、昭和5(1930)年9月に「隼人駅」に改称されています。
平成15(2003)年 水戸岡鋭治によるプロデュースでリニューアルされ、竹材で覆われています。
屋根上の駅名表の左側に薩摩ゆかりの「島津家」の家紋が付いています。



風情あるなぁ
宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−136





宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−146





駅構内の様子
宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−138




宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−139



待合室
宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−145
郷土の民芸品が飾られていました。
(ゆっくり見たかったなぁ〜)





ホームの様子
宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−128



宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−129



宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−130



宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−131
どこもかしこも竹だらけ〜







宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−132
向かいのホームにキハ47がいました。





ホームの足元表示
宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−133


宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−134


宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−135


もうすぐ「はやとの風」がやってきます。











快挙!

義弟が参加していた映画祭の事です。

ーFBより引用ー
Filmapalooza 2016 in Atlanta 最終日
大阪代表 DESIRE 『ウェルテル無頼』がカンヌ映画祭での上映が決定いたしました。そして、主演の白井宏幸さんが最優秀男優賞に選ばれました!
部門賞の獲得は日本初の快挙です!チーム関係者の皆様おめでとうございます!なんと3年連続のカンヌ選抜です。出場チーム数が30に満たない参加都市で、このような前例があるのでしょうか?日本のFilmmakerの実力が窺い知れる結果です。


やった〜〜!!
なんとなんと、カンヌ行きですって〜♪


※お知らせです!※
今回のFilmapaloozaの様子を含め、2015年度の大阪大会に密着したドキュメンタリー番組がWOWOWさまで放送されます。
『ノンフィクションW 48時間で映画を作れ!
 ~7万人が競うカンヌへの切符~』
カンヌ映画祭に合わせて、5月頃の放送予定です。

とのこと、誰かWOWOW入っている人いませんか〜??






宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏〜3日目<宮崎から熊本へ>その3

宮崎駅 8:15 特急きりしま5号 隼人駅に向けて出発

ルートは↓ここ
宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−120
薩摩隼人〜と云う通り隼人駅は「鹿児島県」です。


車窓から
宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−121



南宮崎駅で「海幸山幸」を発見!
いつか、これも乗ってみたい。
宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−122



お、こんな車両も!!
宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−123
オーストラリア鉄道会社「Plasser&Theurer 」というメーカーの保線車両。
いわゆるマルタイ。
 レールを掴んでミリ単位で持ち上げ、枕木下に隙間を設け、砂利を突き固め、
枕木下に砕石を入れ規定の高さに線路を直していくモノです。

色がカッコいいねw



車窓から
宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−125





車窓から
宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−126
田園風景が目に気持ち良い♪




宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−127
国分駅にキハ47系が!
キャ〜、、大間違い(><)
415系でした〜〜。
ブロ友さんが間違ってる事、教えてくれました←ありがと〜!







もうすぐ隼人駅です

Filmapalooza 2016 in Atlanta

義弟が映画関係のことやってて。

その義弟が監督したショートフィルム「ウェルテル無頼」が
The Osaka 48 Hour Film Project 2015で
観客賞3位、脚本賞、演技賞 作品賞第1位に選ばれました!
で、2016年3月1日からにアトランタで開催される映画祭『Filmapalooza 2016』に
エントリー、並びに招待され、今アトランタに居ます。
世界中から選抜された優秀作品と競っています。
結果はいかに?(^人^)オネガイ



詳しくはコチラ Filmapalooza 2016 in Atlanta
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。