こうちゃんの Collection Room
このお部屋にはこうちゃんが、集めたもの、手作りしたもの、日々の記録などを紹介しま~す♪ 

京都研修2017-おまけ その2

京都で見つけたビックリしたもの‼️


京都研修2017-おまけ17
ジャンボカフェはときどき見ることあるよね。


でも
京都研修2017-おまけ16
からあげ?
ロースカツ?
ホントにのってるー。

これは初めて見た❗️





いつもの御朱印帳
京都研修2017-おまけ19
三十三間堂




京都研修2017-おまけ18
大覚寺


研修に行くのに書いてもらうの悪いかなぁ、と思いつつ持って行ったら
喜んで書いてくれた。
むしろ歓迎された。
そして、研修グループにもお仲間が沢山いた〜。
今、御朱印帳大流行りみたい。

高校のとき父と一緒に回った時は、
「若いのに信心深いねぇ」と感心されたが、
今は御朱印女子というのがいるそうだ(^^;;





ついでにスタンプ
京都研修2017-おまけ15
スタンプ帳も持ち歩いてたりして^_^;
集めてるのは駅スタンプが中心なんだけど、たまにこういうのも押します。




ついでのついで
マンホールです。
京都〜の割に地味です。いや、意外と京都らしいか?
これがわび、さび 言いますんや とか(^^;;
京都研修2017-おまけ21


スポンサーサイト

京都研修2017-おまけ

今回の研修 夜の部?
情報交換会で、連れて行ってもらったお店です。
店名忘れた(^^;;
嵯峨美の教授、オススメの店です。
京都研修2017-おまけ03
京都だけど、なぜか店内は船内をイメージした内装で、おもしろ〜い


全国から研修に来られた方たちと交流。
仕事の現場事情はそれぞれ、参考になることも多かった。


お料理〜1つずつ説明してくれたけど、すっかり忘れた😅
京都研修2017-おまけ04
付き出し


京都研修2017-おまけ05
生麩とミョウガのお吸い物



京都研修2017-おまけ06
枝豆とジュンサイのスープ(だったかなぁ(^^;;))





京都研修2017-おまけ07
忘れた(^^;;)




京都研修2017-おまけ08
えっと、メイン?
流れ星をイメージしてるとか。
星は生麩の天ぷら、食感が良かった。
もちろん、牛肉のたたきも抜群。
でもどこのお肉だったか忘れた💦




京都研修2017-おまけ09
これはセレクト
私が頼んだのは、京のお漬物の握り




京都研修2017-おまけ10
隣の方の、撮らせてもらった
なんとかのお焦げの出汁茶漬け


京都研修2017-おまけ11
こっちも美味しそうだったわぁ〜。




京都研修2017-おまけ12
デザート
カシスオレンジと、なんとかのシャーベット(忘れた💦)





たっぷり喋って、たっぷり食べて、楽しかったー。
京都研修2017-おまけ13
ホテル、個人でとって部屋ですが、シングルルームが満杯だったこともあり
シングル料金でツインの部屋をゲット!
広々〜〜💕

おやすみなさい。z z Z




京都研修2017 その5 大覚寺

京都研修2017-47 大覚寺

ウイキペディアよりー
大覚寺(だいかくじ)は、京都市右京区嵯峨にある、真言宗大覚寺派大本山の寺院。山号を嵯峨山と称する。本尊は不動明王を中心とする五大明王、開基は嵯峨天皇である。嵯峨天皇の離宮を寺に改めた皇室ゆかりの寺院である。また、後宇多法皇がここで院政を行うなど、日本の政治史に深い関わりをもつ寺院である。また、嵯峨天皇を流祖と仰ぐ華道嵯峨御流の総司所(家元)である。



さて、嵯峨美で古画の講習を受けた後、オプションで大覚寺も案内してもらえることになった。
大覚寺は嵯峨美の設立母体なので、そういうオマケが付いてくる(^-^)v
しかも、大覚寺住職さんと嵯峨美の教授、お二人による解説付き‼️
行くっきゃないっしょ。

※ちなみに嵯峨美の教授さんは、京都国立博物館の館長さんの奥さんです。



京都研修2017-48 大覚寺
こちらは裏手になりますがここから入ります。



京都研修2017-49 大覚寺
天井の細工が細か〜い!







京都研修2017-51 大覚寺
窓から上に跳ねあげているのは雨戸
オシャレ〜💕





京都研修2017-55 大覚寺
留め具に蝉の飾りが付いています。
それも1つ1つ微妙に大きさや羽の開き具合など変えてあるんですって。

もともと、嵯峨天皇が奥さんと避暑に訪れた別荘みたいなもの?だったこともあり夏をイメージした飾りになってるんだとか。



京都研修2017-50 大覚寺
中庭



京都研修2017-56 大覚寺
ここは開かずの扉。
勅使唐門 天皇や、近くご親族がお越しになった時だけ開くにだそうです。



京都研修2017-66大覚寺
御影堂前庭。前にあるのは四方6mの石舞台、元は五大堂 (本堂) が建っていたそうです。







京都研修2017-57 大覚寺



京都研修2017-58 大覚寺
金の襖に松や牡丹の絵
位の高い人の部屋に描かれるんですって。





京都研修2017-60大覚寺


京都研修2017-61大覚寺
こちらは、白地に墨画なので御付きの者などの部屋。




京都研修2017-59 大覚寺
中庭越しに本堂が見えます。
急に雨が降ってきました。さっきまですごく良い天気だったのに⁉️

長くなるのでread more で〜

京都研修2017 その4 嵯峨芸→嵯峨美

一夜明けて次の日の研修は「京都嵯峨芸術大学」
京都研修2017-35 嵯峨美

⬇︎

いやいや、えっと、今年から「嵯峨美術大学」になりました‼️
京都研修2017-30 嵯峨美

1971年 嵯峨美術短期大学 設立
2001年 4年制に認可→京都嵯峨芸術大学
〃 京都嵯峨芸術大学短期大学部に改名
2017年 嵯峨美術大学 嵯峨美術短期大学 に改名


京都研修2017-33 嵯峨美
綺麗な中庭😄




京都研修2017-34 嵯峨美
研修室です。


京都研修2017-36 嵯峨美
学内マップ



京都研修2017-41嵯峨美
屋上から見た京都の街並み




京都研修2017-42嵯峨美
屋上から見た京都の街並み2
嵯峨美術大学は右京区にあって、すぐそこが観光名所。
都会ですが景観のため高層ビルの建設を禁止しているので
3階の屋上からでも遠くまで見渡せます。



あとは 続きを見る で






京都研修 2017夏 その3

三十三間堂のつぎはここ
京都研修2017-13 三十三間堂
三十三間堂のすぐ近くにあります。




京都研修2017-25 京都国立博物館
この建物だけ見ると、ここはどこの国?って思っちゃう。





京都研修2017-24 京都国立博物館
ここです。
京都国立博物館です。


京都国立博物館は、独立行政法人国立文化財機構が運営する博物館。
1897年(明治30年)5月に開館した。

なんと、120年目です‼️


主に平安時代から江戸時代にかけての京都の文化を中心とした文化財を、収集・保管・展示するとともに、文化財に関する研究、普及活動を行っている。平常展示のほかに特別展が1年に2~4回行われている。








京都研修2017-17 京都国立博物館
建物、カッコいい〜、
本館(明治古都館)ですね。




京都研修2017-29 京都国立博物館
新館(平成知新館)です。
今回はここで研修します。(^-^)v





京都研修2017-28 京都国立博物館
ちょっと他から画像拝借。全体こんな感じです。





迷路のような新館の裏側をあんないしてもらい、研修室へ。
今回の特別展示を担当した研究員の方から、展示のテーマ、作品に隠されたもの、展示の工夫、作品の見方などなど、裏方に関わることをたっぷり講習。盛り沢山でメモを取るのが大変でした。
でも、講習を受けた後に展示を観覧したら、見どころが分かって楽しかったです。見学時間が足らなーい💦



今回の特別展は↓
京都研修2017-26 京都国立博物館
京都水族館とのコラボだそうで、これも初の試み!









当然、館内は撮影禁止なんですが、↓ここはOKでした。
京都研修2017-14 京都国立博物館












京都研修2017-16 三十三間堂
途中、貝合わせや、銅鏡・銅鐸に触れる、なんてコーナーもありました。
貝合わせ、面白かったです。





京都研修2017-19 京都国立博物館
中庭にはロダンが❗️
ここにあったんだー。




京都研修2017-20 京都国立博物館
暑い日で噴水が気持ち良さげ。





京都研修2017-22 京都国立博物館
子ども、かわいい😍


1日目の、研修、終わりでーす。

京都研修2017夏 その2

京都研修2017-12 三十三間堂
三十三間堂


研修場所は京都国立博物館なんですが、早く来られる方はこちらもどうぞ、と
連れて行ってもらったのが三十三間堂




すっごく久しぶりです。
お堂、綺麗になってるー!
詳しくはHP三十三間堂を見てね。
HPを見ると、修復してたのがリニューアルしたばかりのようです。
(にしても、参拝者ファーストって💦 なんか流行り言葉に乗せられてるみたいでやだなぁ。)



京都研修2017-07 三十三間堂




京都研修2017-08 三十三間堂




京都研修2017-11 三十三間堂




京都研修2017-10 三十三間堂

もちろんお堂の中は撮影禁止なので画像はありません。
三十三間堂といえば、千体仏(1001体の千手観音)で有名ですが、和歌山県民の私としては、通し矢の最高記録(ギネス?)が紀州藩であることが誇り(^-^)v



HPより
- 通し矢と矢数帳
 その始まりは伝説的で不明ですが、桃山時代には、すでに行なわれたと伝えます。
  「通し矢・とおしや」は、お堂西縁の南端から120メートルの距離を弓で射通し、その矢数を競ったもので、矢数をきめて的中率を競う「百射・ひゃくい、千射・せんい」等があり、江戸時代、殊に町衆に人気を博したのは「大矢数・おおやかず」で、夕刻に始めて翌日の同刻まで、一昼夜に何本通るかを競うもので、慶長11年(1606)の浅岡平兵衛の試技以来の武芸者の栄誉をかけたものとなり、尾張、紀州の二大雄藩による功名争いは、人気に拍車をかけ、京都の名物行事となりました。
  「矢数帳」には、通し矢法を伝承した〈日置六流・へきろくりゅう〉の江戸期の試技者氏名、月日、矢数などが編年で書き留められており、最高記録は、貞享3年(1686)4月、紀州・和佐大八郎(試技年齢は18歳という)の総矢13,053本、通し矢8,133本で、強靭な身心にしてこそ可能な凄絶な競技だったことが窺えます。



ざっとの計算で6秒に1本矢を射らなければ、この記録はありえません。スゴイことです。しかもあまりのことに和佐大八郎は途中で気絶し、その窮地に修験道が出てきて左手に短剣を突き刺し、腕のうっ血を治療したことで、気力を復活させた、との逸話もあるそうです。もし、名誉奪還しなければ切腹という事態が待っていたので、文字通り命懸け、とはいえよくやった。


このあと、これ以上、白熱させてはいけないと、通し矢の競技は禁止されました。
今は、行事としての競技がおこなわれています。


ここを1時間ほど自由見学。
いよいよ、ホントの研修が始まりまーす。

京都研修 2017夏

研修と言いながら、出張費のでないのもある(ー ー;)
今回のがそう。
一泊2日だけど、内容がとっても美味しいので自主参加〜交通費も宿泊費も自腹です。
一応研修なので出勤義務がないだけ。


嬉しいことに、行きだけ乗せてってくれる方がいて、これはラッキー(^-^)vでした。
その人とランチ。
ここ↓
京都研修2017-01  京都大学
ってわからないよねぇ(^^;;



京都研修2017-05 京都大学
この道を反対側に進んで〜




京都研修2017-02 京都大学
ここ、
あ、看板とかないですね(^^;; ごめんなさい。

えっと、京都大学です。



いや、食べに行こうと言ったお店が、 まだ空いてなくって
その店の向かいが京都大学だったのよね。
学食とかあるんじゃない? ってことで入っちゃいました。




日替わりランチ、480円だったかな
やっぱり安いね〜。(^-^)v
京都研修2017-03 京都大学


こんな飾りもあって楽しー。
学生が作ったのかなぁ。
京都研修2017-04 京都大学


そういえば、中庭でジャグリングの練習してる人もいたわ。
クラブなのかな?
ちょっと楽しいひと時でした。

くすのき公園の野上電鉄

くすのき公園の野上電鉄2017-01

紀美野町行きの道中に見つけました‼️
詳しい説明は看板を読んでね。

くすのき公園の野上電鉄2017-03



くすのき公園の野上電鉄2017-05




くすのき公園の野上電鉄2017-04




くすのき公園の野上電鉄2017-02



野上電鉄思い出といえば、高校の時、生徒会で知り合った海南高校の生徒が「野上電鉄が廃線になりそうなんだ。高校生にとって鉄道が無くなるのは大変不便になるっことなんだ。なので、存続のための活動してる。」って言っていた。
その時は私はあまり鉄道にさひど興味がなく、普通に「それは不便になるねぇ。存続してもらえると良いね。」とよそ事のように答えていたように思う。
あれから何年かたって本当に廃線になってしまったが、今思えば、一度でも乗っておけば良かったと反省。
乗っておきたかったし、微々たることだけど、みんなが少しずつ利用することで廃線にならない事もあるから。

あの子は今どこで何をしてるかなぁ。

これなーんだ!

ブロックの?01
息子が大好きなんですよね〜。

答えは、続きを見る で



※ところで、先日アップした記事の〈和歌山市にメガソーラーが!〉の件
早速、知り合いから署名協力のメッセージが届きました。
ありがとうございます😊
やる気出ますね。 頑張ります‼️



エコって何なのか〜和歌山にメガソーラー〜

メガソーラー01

メガソーラーの話。
友人のひよこちゃんのブログに、メガソーラーが和歌山市にできる❗️
とあった。!(◎_◎;)
そしてそれはなんと甲子園の約53倍の森林を伐採して作るというもの。
ちょちょちょっと待って⁉️
それって変よ。
チラシにもあるけど、ソーラーってエコなんでしょ、だったら良いことじゃない、ってみんな騙されてない?
エコってなーに?
エコって環境に優しいっていう意味じゃないの?
森林をこんなに大幅に伐採して作るソーラーって、本当に必要なの?
森林は何十年、何百年とかかって出来たもの。それをこんなに大幅に伐採して本当に大丈夫?
2,30年後にはソーラーパネルそのものの耐用年数がきて、大量の産業廃棄物になる。
治水の問題は?土砂災害にならない?
飲み水は安全?
森林に住む動物、虫、植物などの生態系はどうなる?
などなど問題は山積みなように思う。
和歌山市民に詳しい説明もなく〜少なくても私の周りの人はほとんどこの事を知らなかったわ〜しかも工事を入札した業者は地元じゃなくって、東京と三重の会社って聞いた。和歌山は何の利益もない。
(土地を持ってる人は売ったお金? 近隣住民へに保証金?ぐらい?)

政治的なことはよく分からないし、先頭きって反対を掲げるほどに勇気も行動力もないけど、見て見ぬ振りをするのも心苦しい。
奇しくも、数十年前、私の母は、和歌山に原発が設置されるかもという時に、デモ行進して反対運動をした1人。和歌山の立地条件で原発が無いのは、その時に運動したからだよ。って今でも自慢げに言っている。

私も、大きなことはできないけど、署名集めならできる。
私の大好きな作家のまつおさんも署名集めしてるとFBで知り、用紙を分けてもらうことにしました。
反対しても、署名が集まっても、メガソーラーは出来てしまうかもしれない。でも、あの時自分は反対したんだって胸を張って言いたい。 将来、あの時何もしなかったと肩身の狭い思いをしたく無い。


メガソーラー02
今日から署名集めはじめます。協力お願いします🙇‍♀️🙏
※署名に賛同してくださる方は、コメント下さい。

熊取町煉瓦館

(前に記事に書いたと思っていたけど、なかったわ💦)
母の友人がここで毎年写真展をしています。
なので、何回か行ったことある場所です。

熊取町煉瓦館2017-01y


熊取町煉瓦館2017-13

HPより
 煉瓦館は、もともとは綿布工場として昭和3年頃に建てられたものです。近代化産業遺産として貴重なこの建物は煉瓦壁を当時そのままに残し、のこぎり屋根を再現するなど工場の雰囲気を残しながら、平成17年に煉瓦館として新しく生まれ変わりました。

 元々の綿布工場としては、明治後期に現在の公園部分に旧工場(紺屋工場)が設立され、その後昭和初期に川を挟んで現在残っている新工場(五門工場)が増設されたもので、敷地面積約20,000平方メートルの広大な土地に、工場のほか、宿舎や食堂などが併設されていました。

 平成4年に工場としての役目を終えることになりましたが、一部は町指定文化財として、また平成18年には経済産業省の近代化産業遺産、平成21年には大阪ミュジーアムの登録物に認定されるなど、地域文化の発信基地、生涯学習の拠点など地域のシンボルとして、新たな命が吹き込まれました。



201708091104043ce.jpg



熊取町煉瓦館2017-05




喫茶室や、地域の名産品店もあります。
熊取町煉瓦館2017-03
この横には藍染の体験工場もあるらしいです。(要予約)




熊取町煉瓦館2017-06
綿布工場だったこともあり、こんな展示も!
でも、前回きた時の方がもっと色々転じてたと思うのだが?
その時の写真を探すのが面倒だわ。



熊取町煉瓦館2017-07






これは?
熊取町煉瓦館2017-09


ボイラー?の排気口とかかな、すっごく目立つパイプです。
熊取町煉瓦館2017-10
それが、事務室にドーンと‼️
インパクトありありです。





展示会はこんな感じ。
熊取町煉瓦館2017-08

すっごくステキな、かわいい、野鳥の写真展なんですが、アップの許可取ってないので、ここまで💦


公民館なので、熊取町の住人はタダで借りられるんですって。
いいなぁ。

cafe fouetさんのベーグルサンド(大阪市 福島)

cafe fouet さんのベーグルサンド01
念願の「cafe fouet」さんに行って来た。
京都に研修に行った帰り。


cafe fouet さんのベーグルサンド02




cafe fouet さんのベーグルサンド03





cafe fouetさんのベーグルサンド05
ベーグルサンド、美味しかったー。
表面カリッとパリッと、中ふんわり サーモンもいい感じo(^▽^)o





cafe fouetさんのベーグルサンド06
展覧会の会期に合わせたデザートも食べたよん😄✌️

ただ、一番食べたかったキッシュは、売り切れてたのが残念。



cafe fouet さんのベーグルサンド08
展覧会「よむひと」も面白かったー。
短歌、楽しい。 読むことで青春時代がよみがえる感じ。
絵は、クロッキー? 素描? っていうのかなー、見事‼️ めっちゃ上手い❗️
それが、大量に貼られた壁。なんか不思議な空間に囲まれた感じでした。
作家さんにも会えて、ちょこっとお話もできてラッキー☺️









cafe fouet さんのベーグルサンド04




cafe fouet さんのベーグルサンド07




cafe fouet さんのベーグルサンド09





cafe fouetさんのベーグルサンド10

本日 淀川の花火大会で、浴衣着た人がチラホラ。
人混みにならないうちに、退散しました。
またいつかキッシュ、リベンジしまーす💪

キミノーカさんのジェラート

記事が前後しちゃいましたが、紀美野町行きの続きです。
もくもくさんの近くに美味しいジェラートのお店がありました。
農家が作るジェラート その名も「キミノーカ」
ここまで来たら、行くっきゃないでしょ。
キミノーカさんのジェラート01
えんどう豆や、かぼちゃなど、いかにも農家さんっぽい。




HPより
いくつかの山や橋を越えてたどり着いた場所紀美野町に、
かわいいお店が一軒あります。
初めまして、農家が作る本格ジェラートのお店、キミノーカです。
と言っても、本業は農家をしております。
野菜や果物を毎日育てていると感じることが有りました。
「畑でかじる野菜や果物は本当に美味しい。」
新鮮な作物の持つ豊かな香り、みずみずしさや酸味や甘み、
そして自然の中で食べる幸せをもっと多くの人に味わっていただきたい。
そんな思いから、素材を丸ごと味わってもらえるジェラートにしました。
毎日育てている農家だからわかる、一番おいしいタイミングをぎゅっと詰めこんだ
口いっぱいに広がる旬のジェラートを
自然の風と緑に囲まれた環境で召し上がりください。

オーナー 宇城哲志




キミノーカさんのジェラート04
私の選んだのはこれ、八朔ピール~マスカルポーネ と 梅ソルベ~つゆあかね
名前も可愛い😍





キミノーカさんのジェラート03



キミノーカさんのジェラート02


キミノーカさんのジェラート05


嬉しいことに、このお店、JR和歌山駅MIOにも支店を出してるんだって❣️
ここまで来なくっても食べられるよね〜(^-^)v



和歌山近代美術館でランチ

和歌山近代美術館でランチ01


久しぶりに和歌山近代美術館へ
お昼時だったので、まずはランチ😄

和歌山近代美術館でランチ04
前は梅鶏のカレー、だったので今回はタコライス。
サラダたっぷりなのが嬉しい。





和歌山近代美術館でランチ06

和歌山近代美術館でランチ07


和歌山近代美術館でランチ08


和歌山近代美術館でランチ03


和歌山近代美術館でランチ02

最近、古民家のリノベーションが流行っているが
ここも、それを意識した作り。
建物はは近代的だけど、廃校になった小学校からいろいろ調達したという椅子や机、
うん、どことなく🏫学校風 ☺️

気を良くしてデザートも頼んじゃった。
和歌山県産のすもものタルト、とこれまた和歌山県産のみかんジュース
和歌山近代美術館でランチ09
私はますます丸くなるし、懐は細くなる:;(∩´﹏`∩);: ははは



でもゆったりしたひと時でリフレッシュできたよ。
さ、展覧会、見に行くか!☺️