こうちゃんの Collection Room
このお部屋にはこうちゃんが、集めたもの、手作りしたもの、日々の記録などを紹介しま~す♪ 

慈尊院(女人高野・結縁寺)

和歌山県橋本市の近くに用事があったので、
以前から行きたいと思っていた寺社に参拝してきました。


第六番 万年山 慈尊院
慈尊院2014-01
所在地: 和歌山県伊都郡九度山町慈尊院(いとぐん くどやまちょう じそんいん)
開 創:(伝)弘仁7年(816年)、弘法大師(空海)開基
御本尊: 弥勒菩薩(国宝、秘仏) 
      ※慈尊とは、弥勤菩薩の別名で、これより慈尊院と公称している。

慈尊院は、弘法大使(空海)が高野山を開いた時、その麓にあたる参詣の要所として高野山の寺務所を置いた場所。山に登る玄関口だったそうです。
当時の慈尊院は、今の場所より北側にあり、方6丁の広さがあったと伝えられていますが、天文9年(1540年)紀の川の大洪水にて流失しました。しかし、弥勒堂だけは天文6年(1474年)に今の場所に移してあったので、流失をまぬがれました。
また、「我が子が開いている山を一目見たい」と、弘法大師の御母公が香川県の善通寺より訪ねてこられました。しかし、当時の高野山は女人禁制でしたので、弘法大師の元には行くことができず、この慈尊院で暮らしておられました。大師は、月に九度は必ず高野山上より二〇数キロの山道を下って、母公を尋ねられたのでこの地名を九度山と称す。(実際には九度ではなく、それほど多く、との意味)
このことで、女人高野のいわれがあるため、子授け、安産、育児、授乳、良縁、最近では乳癌平癒(病気平癒)などを願って乳房型、絵馬を奉納する女性が多く訪れます。
平成16年7月、高野山とともに世界遺産に登録されました。




慈尊院2014-02
多宝塔
県の指定文化財。
本尊は大日如来が置かれているため、大日塔とも呼ばれている。弘法大師の創立。
現在の塔は寛永年間(1624~1643)に再建されたもの。




慈尊院2014-03
拝堂
弥勒堂と対面する様に建つ。





慈尊院2014-04
境内にある噴水、蓮の形をしています。





慈尊院2014-05
弘法大師像と案内犬ゴンの碑

ウイキペディアより
ゴン
生物 イヌ(オス)
品種 紀州犬と柴犬の雑種(毛色:白)
生誕 不明
死没 2002年6月5日
和歌山県伊都郡高野町
国籍 日本
高野山の案内犬ゴンは、慈尊院や高野山の参詣者・ハイキング客を案内した犬。
昭和60年代(1985年 - 1988年)に、九度山駅と慈尊院を結ぶ途中にある丹生橋の近くに住みついていた紀州犬と柴犬の雑種である白い雄の野良犬が、やがて慈尊院や高野山の参詣者・ハイキング客を案内するようになった。慈尊院から聞こえる鐘の音を好んでいたため、いつしかこの野良犬は「ゴン」と呼ばれるようになった。
最初の頃は九度山駅と慈尊院の間を案内するだけだったが、1989年(平成元年)頃から慈尊院をねぐらとして、高野山町石道(こうやさん・ちょういしみち)の20km強の道のりを朝、慈尊院を発って、夕方に高野山上の大門まで道案内し、夜には慈尊院に戻る毎日を送っていた。
しかし長く険しい山道を連日のように歩き続けたため、体力的・年齢的にも相当の負担がかかったようで、1992年(平成4年)をもってガイド犬を引退し、その後老衰のため、2002年(平成14年)6月5日午後3時50分に息を引き取った。
約1200年前の弘法大師の時代にも高野山の案内犬がいたという伝説があり(金剛峯寺#開創伝承も参照)、このゴンは「弘法大師の案内犬の再来・生まれ変わり」、「お大師さんの犬」などと呼ばれ親しまれていたこともあって、同年7月23日に慈尊院住職の計らいで境内の弘法大師像の横に、ゴンの石像が載せられた「高野山案内犬ゴンの碑」が建てられた。また、絵と「高野山案内犬ゴンちゃん」と書かれた“ゴンの御守”(おまもり)も御供所に備えられた。2003年には童話として出版されました。





慈尊院2014-07
境内に大きな観音像がありました。
背景にある土壁や石碑も重要文化財




慈尊院2014-08
慈尊院の石碑
 世界遺産登録を記念して建てられたもの。
 平山郁夫氏の筆 実は平山郁夫氏の奥さんは九度山町の出身!




慈尊院2014-11
弥勒堂
国の重要文化財。
お母様が亡くなった後、弘法大師はお母様が篤く崇拝していらっしゃった弥勒菩薩座像と御母公像を安置するため、弥勒堂を建てられました。
弥勒菩薩座像は21年毎に御開帳されます。で本当なら今年が御開帳の年なのですが、高野山開創1200年行事に合わせて平成27年4月2日~5月21日にかけて御開帳しますとのこと。

※実は前回、この近くで仕事をしていたので「弥勒菩薩座像」見に行ったんですよね!
 人が多くて大変でしたが、しっかりと拝む事が出来ました。




慈尊院2014-09
有吉佐和子「紀ノ川」より
「紀ノ川」が映画化されたとき、この慈尊院へ乳房型の絵馬を奉納するシーンがあったそうです。





慈尊院2014-06
たくさんの絵馬が奉納されています。
私も一筆書いて祈願してきました。




慈尊院2014-12
慈尊院のおみくじ(左)と乳癌平癒の御守り(右)
私は黒犬のおみくじを買いました。底に穴があって中におみくじが入っています。










スポンサーサイト

Comment

どうかどうか
たくさんのご利益がありますように。(パンパン)

黒犬は焼き物なのでしょうか?可愛いおみくじですね。
案内犬の話はどこかで聞いたことがありますが、すでに他界されていたんですね。
2014.06.27 20:14 | URL | ごんたくろーす #7bSiSdiQ [edit]
案内犬の話はテレビで見たことがありますが、こことは思いませんでした。(もしかしたらほかにもたくさんいるのかもしれないけれど)
それは元気なうちに一度見たかったです。でもまだ私がひ弱だったころよね。20kmは無理かな。
2014.06.28 14:49 | URL | ひよこ #sH1zSBoU [edit]
Re: どうかどうか
<ごんたくろーすさん>

そういえば、ごんたくろーすさんって、案内犬ゴンと
ゴン繋がりじゃないですか(@@)!!

なんだか急に親近感湧いて来た!?

2014.06.30 03:56 | URL | こうちゃん #- [edit]
Re: タイトルなし
<ひよこちゃん>
ゴンの後に「カイ」という犬が居たそうです。
でも案内はしてなかったって!
案内まで出来る犬はそう居ないよね。
カイも愛嬌のある犬で大変可愛がられていたそうですが、
そのカイも今はゴンのもとヘ旅立ったらしいです。

2014.06.30 04:07 | URL | こうちゃん #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kousyakuhujin.blog11.fc2.com/tb.php/1045-6b6b7acb