こうちゃんの Collection Room
このお部屋にはこうちゃんが、集めたもの、手作りしたもの、日々の記録などを紹介しま~す♪ 

わたらせ渓谷鐵道トロッコの旅2014-07 水沼駅から神戸駅までのトロッコわっしー号

トロッコわっしー1号 下り 間藤行
(列車番号 8715D)
水沼駅 10:09発



わたらせ渓谷鐵道トロッコの旅2014-067
水沼駅で対向した わ89-310形 (312)「あかがねⅡ」






わたらせ渓谷鐵道トロッコの旅2014-068
渡良瀬川の落差工? 取水堰?かな

そういえば渡良瀬川には大きなダムが幾つもあります。
 調べてみたら
  「足尾ダム」「黒坂石ダム」「草木ダム」「高津戸ダム」「庚申ダム」
  「桐生川ダム」「渡良瀬貯水池」「松田川ダム」「南摩ダム」などがある模様
     ※間違ってたらごめんね。
 水力発電のため と
 足尾銅山で荒れた山あいの河川は氾濫しやすいので、防災も兼ねている様子










わたらせ渓谷鐵道トロッコの旅2014-069
目に鮮やかな緑
ホントに、いい天気に恵まれて良かった!






わたらせ渓谷鐵道トロッコの旅2014-070
ごんたくろーすさんが「旧花輪小学校が見える」というので慌ててカメラを向けましたが、ちょっと遅かった(^^;)
写っているのはフェンスだけ〜〜
じゃあ、何故画像をアップしたのかと云うと、
      車内上部にわっしーくんが写っているから(^^)v。








わたらせ渓谷鐵道トロッコの旅2014-077
ちゃんと写せませんでしたが「花輪駅(はなわ えき)」について
この地区は、童謡「うさぎとかめ」の作詞をされた石原和三郎氏の出身地で、列車が接近・到着すると同曲が流れる。
駅周辺には、映画のロケなどにも使われる「旧花輪小学校」などもある。
無人の駅で「トロッコ列車」は停車しません。

この駅に「うさぎとかめ」の像があると教えてくれたのもごんたくろーすさんです。
もちろんアテンダントさんも乗車されていて、観光名所のアナウンスをして下さっているのですが、なんせ大入り満員の車内、がやがや声とディーデルのエンジン音にかき消されてあまり良く聞こえません(><)。







わたらせ渓谷鐵道トロッコの旅2014-071
ダンナさんが撮ってくれた写真
左から ごんたくろーすさん
    ぽんきちくん
    (名前、ごんたくろーすさんに教えてもらいました)
    ミニわっしーくん
    いちご(息子)
    私(こうちゃん)   です

あ、後から気がついた、ぽんきちくんの写真もっとちゃんと撮っておけば良かったわぁ。。






わたらせ渓谷鐵道トロッコの旅2014-072
松島橋

写真に撮り忘れていますが、通過駅の「中野駅(なかの えき)」を飛ばし
「小中駅(こなか えき)」を過ぎた辺りの橋で
わたらせ渓谷鐵道の列車を撮るのには絶好のポイントなんだそうです。
今日は平日で誰もいませんが、休日で季節が良いときだと、撮り鉄さんが鈴なりになるそうです






わたらせ渓谷鐵道トロッコの旅2014-073
このトンネルを抜けるとサプライズが!
(それにしてもフロントガラス、結構汚れましたねぇ。
 桐生駅ではキレイだったのに、いつの間に!?)












わたらせ渓谷鐵道トロッコの旅2014-074
「汽車見の滝(地蔵の滝)」
神戸駅に近くになって来て、スピードが落ちて来たと思ったら、まるで止まってしまうかのようなゆっくりさ。
そう、この滝を乗客に見てもらうためのサービスです。
粋な計らいですね!
「第一神戸トンネル」と「第二神戸トンネル」の間に瞬間的に現れるもので、列車からしか見る事が出来ません。なので「汽車見の滝」
また、くしゃみをする間に通り過ぎることから「くしゃみの滝」とも呼ばれているとか(^m^)
スゴイ間近で、窓側に座っていたダンナさんは水しぶきで少々濡れてしまった模様。







わたらせ渓谷鐵道トロッコの旅2014-075
「神戸駅(ごうど えき」 10:26着、 10:28発







スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kousyakuhujin.blog11.fc2.com/tb.php/1058-8ef3b9de
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。