こうちゃんの Collection Room
このお部屋にはこうちゃんが、集めたもの、手作りしたもの、日々の記録などを紹介しま~す♪ 

わたらせ渓谷鐵道トロッコの旅2014-13 間藤駅にて

さて、前回の記事にひよこちゃんからコメント頂いた様に
「わたらせ渓谷鐵道トロッコの旅」と銘打ってるにもかかわらず、ここでトロッコとはお別れです(^^;)
トロッコに乗る事がメインのイベントだったので、安易にタイトル付けちゃったわ〜。
実際にはトロッコに乗ってる時間より、これからの方が長いです…。


ま、気を取り直して「わたらせ渓谷鐵道沿線の旅」とでもしましょうかね!

私たちが乗って来た「トロッコわっしー1号」は間藤駅で折返し
「トロッコわっしー2号」となって11:31に発車、桐生方面に進行して行きました。
わたらせ渓谷鐵道トロッコの旅2014-160


間藤駅に残ったのは、私たち3人と、もう一家族3歳ぐらいの小さなお子さん連れのご家族です。
このご家族は始発の桐生駅から一緒でした。

何をしたかと云うと、一つは昼食(駅弁)です。
駅舎構内で駅弁を食べました。

駅弁は間藤駅では売っていないので、前もって予約注文しておきました。
ごんたくろーすさんからの情報では車内販売用に5個ぐらいはあるとのことでしたが、売切れたらもう買えまえんものね!
「わたらせ渓谷鐵道のHP」には↓

駅弁の車内販売について
やまと豚弁当(\1,030税込)のみ、事前予約制で車内までお届けいたします。
ご希望の方は乗車日の前日16:30までに、電話でレストラン清流(TEL0277-97-3681)へご注文ください。
1号車の売店は、飲み物類とグッズ類のみの販売となります。


とあったので、事前に電話予約しました。
お弁当についてのHPはコチラ
HPでは「やまと豚弁当」のみとありますが、実際にお店に電話してみると
「『やまと弁当』と、『トロッコ弁当』があるのですがどちらにしますか?」と聞かれました。
あらら?
でも、私はトロッコ弁当が食べたかったので嬉しかったです(^^)v



駅弁は神戸駅でトロッコに積み込んで、予約したお客に販売。
なので、車内で食べている人もいましたが、イルミネーションや景色を楽しんでいたらあっと云う目に間藤駅についてしまって、食べる暇がありませんでした(^^)

そうそう
駅舎に入る前にわっしー号の前で写真を撮っていると、上記のご家族がアテンダントさんに「ここら辺で昼食食べられる所ありませんか?」と聞いていました。すると「ここらでは食べる所とかはありませんねぇ」との返事
おお、やっぱりお弁当注文しといて良かったよ
で、ごんたくろーすさんが車内に少し積んでいるとの前情報があったのを思い出して、横からアドバイス。
アテンダントさんとその家族のお父さんが話している所に割って出て「あの〜、お弁当まだ余ってないですか? 余ってたら、それを買って駅周辺で食べたらどうですか? 私も駅で食べる予定なんです。」と。
アテンダントさんは、思い出したかの様に「ああ、ありますよ。」と急いで取りに行きました。ご家族の方もホッとされてた様です。


外は暑かったので、構内で食べました。
わたらせ渓谷鐵道トロッコの旅2014-140
いちごの食べてるのは「やまと豚弁当」
食べかけなので、お肉が少ない様に見えていますが、ご飯が見えないほどぎっしり乗っていました!!
お父さんもこれにしました。


わたらせ渓谷鐵道トロッコの旅2014-138
やまと豚弁当にはオマケで日本手ぬぐいもついているんですよ!
日本手ぬぐいの画像は後でアップしますね。






私のは「トロッコ弁当」
わたらせ渓谷鐵道トロッコの旅2014-139


わたらせ渓谷鐵道トロッコの旅2014-141
この辺りは舞茸が名産なのだそうで、炊き込み御飯や舞茸の天ぷらが入っていました!
他にも色とりどり入っていて、嬉しい限りです
あ、お茶も頼みました。
お茶は懐かしい駅弁用のパックじゃないですかー!!

ただ、間藤駅では他にしたい事もあったので、ちょっと急ぎぎみで食べました。







* * * * * * * * * * * * * * * * * *
さぁて、二つ目の「したい事」(^m^)


こちらです
わたらせ渓谷鐵道トロッコの旅2014-161
間藤駅は駅舎の待合室の何倍も広い陶芸教室があるんです。
旅の思い出に手作りってのもいいよね♪




わたらせ渓谷鐵道トロッコの旅2014-151
手回しろくろで、手びねりの作品。
次の電車の出発時間まで短いので、先にその事を教室の先生に伝えると、
簡単な説明だけでささっと造れるようにしてくれました。







わたらせ渓谷鐵道トロッコの旅2014-152
いちごはお皿、わたしとダンナさんは湯飲みを作りました。
粗方の形が出来たら竹串で絵を描いて…。
色はお店の人におまかせ、輪郭線の所に色を注してくれるらしい。
出来上がりは約1ヶ月毎の事。帰ってからのお楽しみの増えました(^^)v







そうこうしているうちに、次の列車が入ってきました。
わたらせ渓谷鐵道トロッコの旅2014-150
わ89-311 「たかつど」
名前の由来は高津戸峡(たかつどきょう)から〜とても紅葉のきれいな所の様です。
いつか、そんな良い季節に訪れたいものです。
車体側面の模様は鳥でした。何の鳥だろう?


わたらせ渓谷鐵道 間藤駅 発 12:22  桐生行き  もうすぐ出発です








スポンサーサイト

Comment

やっと謎が解けました。
こうちゃんならしゅっ中陶芸できるけどいちごちゃんはなかなか機会もないだろうし、夏休みの思い出としてはとってもいいよね。
なんの絵を描いたのかな?
2014.08.28 08:33 | URL | ひよこ #sH1zSBoU [edit]
たぶん・・・・
車体側面の鳥は雉(キジ)ではないかと思うのですが・・・

2014.08.28 20:45 | URL | ごんたくろーす #7bSiSdiQ [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kousyakuhujin.blog11.fc2.com/tb.php/1066-b50e6bc0