こうちゃんの Collection Room
このお部屋にはこうちゃんが、集めたもの、手作りしたもの、日々の記録などを紹介しま~す♪ 

筑波宇宙センター 2014-その4


JAXA〜筑波宇宙センターより旅行記をお届けしております。
今回で4回目、これで終わりです。(^^;)

筑波宇宙センター2014-34
「わっしーくんとH-Ⅱロケット」
わっしーくん、とはこの見学の次の日に訪れた
 <わたらせ渓谷鐵道>のマスコットキャラクターです。





さて、ガイドはまだまだ続きます。(全体で1時間ぐらいだったかな?)
筑波宇宙センター2014-29
コレはH-Ⅱロケットに搭載されている<LE-7型エンジン>です。
ロケットの一番下についている、円錐形のすぐ上あたりについています(^^)v
流石にでかい〜



詳しい中身はこちら
ガイドさんが解説してくれます。
筑波宇宙センター2014-30
「<LE-7型エンジン>はH-IIロケットの第1段用ロケットエンジンです。」
「初の液体燃料ロケットのエンジンになります」
とかなんとか…。(違ってたらゴメン)





宇宙服の説明もありました。
筑波宇宙センター2014-33
このタイプの宇宙服で、だいたい重量が120Kg、(宇宙でしか着られないよ〜)
制作費1着あたり1,000万ドル(約10億5千万円)←ひえ〜〜!!

この宇宙服、アメリカ製の本物ですが、頭の部分の後ろ側はなくて「顔出し看板」の様になっていた
ので、みんな顔を出して、にわか宇宙飛行士気分〜♪
(今中に入っているのはダンナさんです)
若田船長と記念写真、なんちって。。


宇宙服豆知識〜
宇宙服内は体温が外気に逃げて行かない為、チューブを張り巡らせた
液体冷却服を着用し、そこに冷却水を通し、温度を一定に保たせています。

宇宙服についている温度調節などの切り替えスイッチの文字は鏡に映したように、左右逆になっている。宇宙服の中に入った状態では、頭を動かしてスイッチを見ることが出来ないために、腕に取り付けられた手鏡状の金属でスイッチなどを映して操作する際に見やすくなるようにしているのである。




これで、ガイドは終わり。
解散したあとも、自由に施設内を見学出来ます。



あ、これこれ、見たかったんだ〜
探査機「はやぶさ」 1/2スケールの模型
筑波宇宙センター2014-31


筑波宇宙センター2014-32
もうすぐ、「はやぶさ2」も打ち上げられるんですよねー。
※2014年12月3日に無事打ち上げられました。
 はやぶさ2に載せるメッセージを一般募集していたので、私たち家族も応募したの。
 今頃メッセージを載せて、宇宙を旅してるんだなぁ〜。。なんか不思議。




これは「だいち2号」にむけたメッセージ
筑波宇宙センター2014-36
これはたぶん搭載はされないと思う。
けど、隙間に書いて来た


疲れたのでショップ、カフェで休憩。
ショップではノートとガシャポンを少し。

筑波宇宙センター2014-37
最後にスタンプ〜♪



これで、見学はおしまい。
ですが、まだまだ旅は続きま〜す。。






スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kousyakuhujin.blog11.fc2.com/tb.php/1095-e708c01e