こうちゃんの Collection Room
このお部屋にはこうちゃんが、集めたもの、手作りしたもの、日々の記録などを紹介しま~す♪ 

「トワイライトエクスプレス」の引退によせて

一度は乗ってみたい豪華寝台、それがトワイライトエクスプレス

「トワイライトエクスプレス」の引退によせて
札幌駅にて


今は超豪華な寝台列車がお目見えしているので、トワイライトエクスプレス級は
中級なんだろうか?

今春、「老朽化のため」引退した。
平成元年(1989年)7月21日に運行開始。今年平成27年(2015年)3月12〜
13日最終運行でした。

 25年と数ヶ月、車両よってはトワイライト用に改造しているのもあるので、40年になろうとする客車もあるとの事。確かに老朽化もあるでしょう。ただ全般検査(車検)もまだ残っている様ですし、報道では、専用客車は、食堂車でフランス料理などが楽しめる「ランチクルーズトレイン」など団臨として活用する方向で検討、とある。

 とうことは単に老朽化の為だけの引退では無い事が丸判りである。
では何が問題なのか?
 トワイライトエクスプレスはオリエント急行をモデルとし、内装「は木のぬくもり」をテーマにした木目調でシックで豪華。車体は「寝台列車=ブルートレイン=青」というイメージとは一線を画し、深い緑に黄色のラインがエレガント!  「Bコンパート」席の人でもサロンカーやレストランカーが利用出来るので、気分的には豪華列車を満喫出来る。 
 その上この路線、車窓が大変美しいのだ。。長距離で停車駅も多く、また対向待ちや途中駅で牽引車の付け替えなどで時間は掛かるものの、大阪発〜札幌の日本海側を走り、その名の通り大阪発では日本海側で海に沈む夕日(トワイライト)が拝める。札幌発では駒ケ岳の迂回ルートを楽しめる他。大沼での夕日が楽しめる。これが「夢の寝台列車」と言われる由縁。

「トワイライトエクスプレス」の引退によせて02
「サロンデュノール」からの夕日




料金は、最近お目見えした超豪華寝台「ななつ星」のような部屋も豪華ならお値段も豪華〜というのではなく、庶民が乗る気にになりさえすれば手が届く列車でもあった。
なので、いつも指定席の販売と同時に「スイート」「ロイヤル」「ツイン」「シングルツイン」の豪華な席(部屋?)は満席になるほどだ。見知らぬ人と相席になる「Bコンパート」も運行までには9割方埋まると云う。(季節によってはもうすこし少ないときも……)
ゆっくり旅するのもいいよね〜、という層には根強い人気がある列車なのだ。そのため運行コストはペイできている筈である。

こんな人気の列車が何故引退?? 老朽化しているのなら新車両を造ってでも続ければ良いのに…。
そう、上にも書いたけど、ただただ「老朽化」だけが問題ではないのだ。


下記は私なりの考察
1)北海道新幹線の開通
   ‎2016年3月に北海道新幹線開業予定で、青函トンネルを含む約82キロが新幹線
   と在来線の共用走行区間となり、架線電圧が在来線用の2万ボルトから新幹線
   用の2万5000ボルトへと変更される。これに伴い従来の電気機関車は使えなく
   なる。さらに保安装置もいろいろと変わるらしく、対応する機器類を全て機関
   車に取付ける必要がある。この改造が、かなり金がかかるらしい。
   ※JR北海道が貨物列車用に交流二電源の機関車を開発しているが、客車は牽引
    しない方針。
   ※JR東日本の「北斗星」もしばらくは臨時列車として運行ののち、2015年8月
    22日で完全廃止。
   ※カシオペアが存続するかどうかは未定。

2)北陸新幹線の開業 
   実は「新幹線開業!」「金沢へ行こう!」と華やかな宣伝をしているが、その
   裏では並行在来線がJRから第3セクターへの会社自体の譲渡があったのだ。
   なので、トワイライトエクスプレスの通過路線である金沢〜直江津は3セクの
   営業となり、開業以降に引き続いて運行する為には3セクへの通行料が必要に
   なってくるのだ。
   今まではJR西日本・JR東日本・JR北海道の3社に距離に応じて運賃や料金を
   配分する事になっていたが並行在来線が3セクの3社に分業される事になった
   ので、収入は6社で分配される事になる。これがかなりややこしそうだ。自社
   の取り分が減る上に分配業務が面倒となると及び腰になるのも無理はないか
   も…。
   ※なので「サンダーバード」も金沢駅止まりになってしまった。
   ※在来線特急「はくたか」「北越」もラストラン!
   ※先日、発表のあった超豪華寝台「トワイライトエクスプレス 瑞風(みずか
    ぜ)」も運行路線はJR西日本だけの様だ。
   ★青春18切符で日本海側は回れない!!? ガーン!

3)老朽化
   3号車のスシ24形は485系・489系からの改造であり既に車齢40年以上が経
   過している。日本一長い区間を走る車両としては厳しいモノがありそうだ。
   揺れも相応にあり、快適な昨今の車両に乗り馴れているなら、「かなり揺れ
   る!」と感じてしまうかも。
   食堂車の厨房床は、床に水をまいてブラシで清掃を1日に何度も行うため、基
   礎を含め腐食が相当すすんでいるらしいし、シャワー機器(温水器、制御装
   置)なども、水圧調整が困難等の不具合も発生しているとのこと。サービス関
   連機器は電気配線等が相当多く、絶縁不良等のトラブルも多発しています。こ
   の辺りの老朽化は深刻な感じ。



老朽化で次の全般検査で廃止されるのは必須だったかもしれませんが、今年「2015年に廃止」というのは(2)が大きな要因でしょうね。
国鉄からJRになった弊害はこんな所でも現れる。線路は続くどこまでも〜♪ でも会社の壁があって通行止め(><)なわけだ。


とは云うものの、そんな根強い人気の「トワイライトエクスプレス」はこのまま「さよなら〜」ではすまされない様だ。
2017年の春開業をメドに
「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」が運行予定。
ただし、九州「ななつ星」の成功に見習って超〜〜豪華列車になってしまう。。

次に乗ってみたいと思っても手の届かないモノになってしまうトワイライトエクスプレス。一度、乗った事があるのがせめてものかなぁ。
何にしても25年間、お疲れ様でした。そして、旅の夢をありがとう。






「トワイライトエクスプレス」

トワイライトエクスプレスの画像








「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」のイメージ映像
トワイライトエクスプレス 瑞風01


トワイライトエクスプレス 瑞風02
スポンサーサイト

Comment

これ、鉄ではない私もニュースで見たよ。
素敵な電車なのでさみしいね。
新しいのはモダンすぎてなじめない・・・どっちみち手の届かない値段なら関係ないんだけどさ。
2015.03.23 21:10 | URL | ひよこ #- [edit]
Re: タイトルなし
先日「しばらくは<団臨(団体用臨時列車用>として使います」と発表してたよ。
少なくても次の総検までは何処かで走るんでしょうね。
いつかまた乗る機会があると良いなぁ。
2015.03.31 23:17 | URL | こうちゃん #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kousyakuhujin.blog11.fc2.com/tb.php/1102-d60e4f96
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。