こうちゃんの Collection Room
このお部屋にはこうちゃんが、集めたもの、手作りしたもの、日々の記録などを紹介しま~す♪ 

粉河とんまか雛通りと山崎邸 その2〜山崎邸1階

前回の2階のつづき
山崎邸 1階


玄関を入ってすぐの室内灯
粉河とんまか2016春-35
室内灯ですよ!!




1つ目の座敷で大の字になるいちご
粉河とんまか2016春-36
やってみたい気持ちは判るが(汗)




大広間です。奥が15畳の主座敷、手前に10畳の仏間。
粉河とんまか2016春-37
交流会の準備をしていたので、長机が並んでいます。






後日の写真(上のと反対側から撮っています)
粉河とんまか2016春-43
手前の主座敷には床の間(上の写真に写っています)、違い棚、琵琶床、
付け書院等の座敷飾りを備え、壁は、金唐紙を張り、天井は折上げ格天井
などと豪華なものです。
欄間ですが、これは一枚板を鋸で透かしを入れたもの。
桟を足したものではありません。
正面から見る位置の左側は向こうが透けて見えるけど、
斜めからの位置になる右側は向こうが見えないので
隙間の細さが分ります。






折上げ格天井
粉河とんまか2016春-40




折上げ格天井
粉河とんまか2016春-41
今見たら、丁度 角の所に照明が重なって見えにくいですね(><)





これは、何とかきれいに写ってました。
粉河とんまか2016春-38
世帯主の写真と思いきや、なんと、肖像画です。
小さい写真のが一枚ありますが、これは二代目の奥様で、早くに亡くなられたそうです。
とてもきれいな方でした。
左側の賞状は、信心深い当主が高野山へ多額の寄付をされたときの感謝状でした。








ふすまを開けると〜〜おお〜。
粉河とんまか2016春-42
仏壇が隠れていました。
なるほど、だから仏間ね。





反対側の障子
粉河とんまか2016春-44





組み木細工がきれい!
100年経っても折れた所1つない。。(修復してる?)
粉河とんまか2016春-45





アップ
粉河とんまか2016春-46




廊下に出て外から付け書院を覗いた所
粉河とんまか2016春-47




その廊下は曲がり角で、階段状に組み合わされている
粉河とんまか2016春-48
こういうのなんて言うんだろう?





ここも組み木 また違う柄だし
粉河とんまか2016春-49



一階の洗面所
粉河とんまか2016春-50




お風呂 大理石です!!
粉河とんまか2016春-51



湯船
粉河とんまか2016春-52
お湯を沸かす仕組み、どうなってるんだろう?




お風呂場の天井 換気口があります
粉河とんまか2016春-53




お風呂場から直接廊下に出られる様になっています。
粉河とんまか2016春-54




ドアの飾り窓を廊下側から見た所
粉河とんまか2016春-55





トイレ
粉河とんまか2016春-57


トイレの窓
粉河とんまか2016春-58
えっと〜〜。
ここ、開けるとそのまま。裏庭が見えるんですけど…。
(ということは、開けると外から丸見え???)



男性用トイレの窓
粉河とんまか2016春-59






トイレの中の照明
粉河とんまか2016春-56
電球は外されていましたが、まだ使えるそうです。





そしてこれがスイッチ
粉河とんまか2016春-60
何となく何かを連想してしまうわぁ(^^;)





トイレから出てすぐの木戸にも絵が描かれています。
粉河とんまか2016春-61






廊下の照明
粉河とんまか2016春-62
これでも室内灯




ダイニングルーム(食堂)への扉
粉河とんまか2016春-63
この奥は本当に「かふぇ」としてお店をしているのでここからの出入りはなし。





こんなところに電話室が!
粉河とんまか2016春-64
電話ボックスといったところかな。


実は、入ってすぐの客間(というのか?)を撮り忘れていました。
なので、ちょっと他から拝借です。
粉河とんまか2016春-65
この1つ目の間のところに受付があって、賑やかにしていたから撮りそびれちゃったのよ。


次は「かふぇ創」です



スポンサーサイト

Comment

最初の方の建築用語のほとんどがわからなかったけど金唐紙だけはちょっと前に見たところだからわかるわ。
障子の組み木が素晴らしい。それも最近ネットの画像で見ていいなぁっておもっていたの。いま注文したらとんでもない値段なんだろうなぁ。
最後の画像、時代劇に出てくるみたいに次々開いて登場って感じね。
2016.04.13 23:16 | URL | ひよこ #- [edit]
Re: タイトルなし
ずっと前にね、兵庫県西脇市の古民家に行った時にも詳しく見てせっかくだから調べて
今回は案内してくれる人が居たので、尚の事詳しく知り得たわ。

うんうん、時代劇ぴったり〜!!
2016.05.20 00:56 | URL | こうちゃん #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kousyakuhujin.blog11.fc2.com/tb.php/1148-ff2170a9