こうちゃんの Collection Room
このお部屋にはこうちゃんが、集めたもの、手作りしたもの、日々の記録などを紹介しま~す♪ 

春の七草、七草粥

朝、「ピンポ~ン」とチャイムの音。
出てみると、ご近所の自然博物館にお勤めの方。
手には七草。

「これ、博物館のスタッフが採って来て集めた物です。よかったらどうぞ。」


そう言えば、今日は七草粥の日。そして、去年も同じように頂いたっけー。
いつもありがとうございます。


春の七草



七草の説明


上の写真は頂いた七草の一部をお皿に入れて写したもの。
で、下の図を見ながら、これかな?と名前を入れてみたのだけど、
間違っていたらゴメンね~(^^ゞ)





・『せりなづな 御形はこべら 仏の座
      すずなすずしろ これぞ七草』


七草粥の風習は、奈良時代に中国から伝わり
平安時代に“四辻の左大臣”が この句を詠んでから、
春の七草として定着したそうな。


・『君がため 春の野に出でて 若菜つむ
       我が衣手に 雪は降りつつ』

  光孝天皇 「古今集」より

もちろん、若菜 とは 春の七草のこと。
この句にもあるように、七草粥を作るのは<男の役目>でもあったそうな。




さて、句に詠まれた草の名前と、実際の菜の名前が違っているのは皆さんご存知ですよね。
念のため説明を(といっても私もウケウリですが‥‥)

1.芹(せり)-------川辺・湿地に生える
2.薺(なずな)------ペンペン草
3.御形(ごぎょう)----ハハコグサ(母子草)のこと
4.繁縷(はこべら)----ハコベ、
5.仏の座(ほとけのざ)--コオニタビラコ、正しくは田平子(たびらこ)
6.菘(すずな)------カブ(蕪)
7.蘿蔔(すずしろ)----ダイコン(大根)



<七草粥の作り方>(添付の資料より)
好みにもよりますが、お米1に対して、水7の割り合いでお粥にすると、ころ加減のお粥が出来ます。七草は根の付いているものは取り除き、細かくきざんで熱湯でサッと湯通しして、お粥が沸騰する少し前にいれると七草の香りが残っておいしく召し上がれます。
 塩は少なめにして、薄い時は後からたすのがよいようです。
(なお、1セットで10人分は作れます)

上記の作り方で、七草粥を作ってみました(去年も作ったけど)。
ちょうど、近所の友人Sさんのとこへチビ連れで遊びに行く予定だったので、
持っていってそこで作りました。
いちごもゴンちゃん(Sさんの子)も美味しそうにパクパク食べていたよ(^^)

あれ??画像が無い??七草の写真撮ったのにな~~?
あ、しまった、Sさんのカメラで撮ったんだ。
また後日公開しますね(^^;)
 
スポンサーサイト

Comment

我が家も、昨日は七草粥を食べました。スーパーで七草セットを買ってきたんだけどね(~_~;)。。毎年朝ごはんに大急ぎの味噌仕立て粥にするんだけど、今年は休日だったのでお昼にゆっくり食べました。フフ…
2006.01.08 09:33 | URL | めにい #mBUWyLB. [edit]
<めにいさん>
私も、友人の所へ持っていってから作ったので、お昼に食べました。
めにいさんとこは味噌仕立ての粥なの?
へええ、和歌山ではあまりお粥を味噌仕立てにはしないので(茶粥にはよくするけどね)、面白ーい。でも美味しそうですね~。


2006.01.08 10:59 | URL | こうちゃん #mQop/nM. [edit]
我が家は昨日、間違って「焼き肉」にしちゃいました。(T.T)
って、自慢して歩いているみたいですが、もちろんやすいお肉で、大満足。。でも、ご先祖様、ごめんなさい。m(__)m
2006.01.08 13:34 | URL | さと@さと #1n9Tsjm2 [edit]

<さとさとさん>
大丈夫(^^)b
だってね、本当は、『旧暦の1月7日』なんだも~ん。

おお、焼肉ですか!!それは是非見に行かなくては~~。
2006.01.08 20:49 | URL | こうちゃん #mQop/nM. [edit]
孝謙天皇が摘んだわけじゃあないんだよ。。万葉集に原歌があって、倣うように詠った歌だから。。寅さんでは、樋口可南子さん扮する若菜ちゃんの名の字を、さくらがこの歌を引き出して答えてました。私が作ったら、若菜だらけになっちゃうな。ちょっとだけが似合う七草粥です。「・・わがころもでに」ふるのは、奥さんの早く食べてかたずけ手、の声です。
2006.01.09 07:16 | URL | sezon #- [edit]

『君がため ‥‥』に原歌があったんですね。知らなかったです。
まぁ、天皇自らが雪の日に七草摘みをするというのもあまり考えられないですし、でもそういう風物だったんじゃないかと推察されますよね(^^)。
う~ん、じゃあ私に降るのは「早く起きて仕事に行かんかい!!」かな?(^^;)
       
2006.01.10 01:26 | URL | こうちゃん #mQop/nM. [edit]
七草粥は皆さん記事にすると思ったのでやりませんでした。
野摘みの七草とは凄いですね、スーパーのセットは近年良く見かけますが、なんとなく年末にセット組したんじゃないかと思わせるような干からびた七草では作る気がしませんね。
ムリに七草そろえずに大根の葉で菜粥でもいいような気がします。
2006.01.10 11:08 | URL | EATMAN #- [edit]

<EATMANさん>
そうなの、大根とカブ以外は全部野山で散策して採ってきたそうです。すごいよねー。
毎年の友の会の行事で、わいわい言いながら採るのが楽しいようですよ。博物館でも200円で売るんだって!

でもウチの母は嫌がるの。
無農薬かもしれないけど、イヌのおしっこがかかってるかもしれないじゃない、って!
うーん、よく洗ったし、灰汁抜きで沸騰したお湯に入れるし、きっと大丈夫‥‥(--;)と思う。

そうそう、EATMANさんのいうように、あるものでいいんだよね。大根菜の0おかゆで十分だと、私も思います。
(もらったから、作ったけどね~)

2006.01.11 11:27 | URL | お名前忘れてます #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kousyakuhujin.blog11.fc2.com/tb.php/145-19f13793
七草雑煮
ウチのご近所さんは自然博物館の学芸員さんが3軒もいらっしゃるの。なので毎年、七草の材料は学芸員さん経由で届きます。そう、七草セットは博物館の友の会の方が自力で採取して博物館で売るんです。で、私はご近所さん
謹賀新年
お節は親戚の食べ歩きに頼りきって作ったことがないのですが、お料理ブログをやっている以上しかたがないかと初めてチャレンジしてみました。   お品書き一の重焼きガニ小柱の柚子しょうゆ漬けくわい栗きんとん(栗の渋皮煮は市販品)かずのこ黒豆(市販品)酢バスかまぼ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。