こうちゃんの Collection Room
このお部屋にはこうちゃんが、集めたもの、手作りしたもの、日々の記録などを紹介しま~す♪ 

花びら餅

花びら餅1


花びら餅2


ダンナさんの実家で出された和菓子。
「お正月に食べる和菓子らしいの」とのこと。

こんなお菓子、初めて知りました。

中にはなんと、味噌餡とごぼう!!

あっさりとして、美味しかったです。



~~他のHPより引用~~
新春の和菓子店に並ぶ「花びら餅」。
正式な名称は「菱葩餅(ひしはなびらもち)」。このお菓子は、茶道裏千家
の初釜の主菓子。

もともとは、宮中の正月の行事食。600年も前の文献にも載っている歴史
の長い食べ物。しかし、その頃のものは、現在の餅よりも大きく、生地に
甘みがなかったらしい。明治以降、お菓子になったそうです。

「菱はなびら」とは、平安時代の新年の「歯固めの儀式」(長寿を願って
猪、大根、押鮎などを食べる儀式)を簡略化したものと考えられ、ゴボウ
は押鮎を表わし、餅と味噌餡には雑煮の意味が込められているのだそうで
す。形は花びら餅と同様ですがかなり大きなものだったようです。もちろ
ん現在でもおせち料理の一つとして宮中では作られているそうです。

明治時代に裏千家が初釜に用いることを宮中から許され、以後、新年を象
徴する菓子として、「花びら餅」となりました。以後、庶民の間に次第に
広まっていったようです。


白餅を丸く伸ばした中に、小豆汁で赤く染めて菱形にのばして餅を重ね、
味噌餡を敷き甘く炊いたごぼうをはさんだもの。白い餅の皮を通して中の
赤い餅が見え、新春の風情が漂います。

和菓子は、その形、色、季節感、食感・・・ そのいずれをとっても格別。
和菓子で、暮らしに希薄となった季節を取り入れることもできるでしょう。

スポンサーサイト

Comment

義母が裏千家なので、よく知ってますよ。何年か前に食べたこともある。上品な味ですよね。おせちの中のひとつとは知らなかった。皮をめくった写真、面白い(笑)。。
2006.01.08 09:36 | URL | めにい #mBUWyLB. [edit]
<めにいさん>
え~~。めにいさんのお義母さんて、裏千家なんですか?
めにいさんの御一家っていろいろ文化人の方が多いですね~。すごおい。
私なんて、お節どころか、このお菓子の存在も知らなかったですよ。(^^;)
2006.01.08 11:13 | URL | こうちゃん #mQop/nM. [edit]
羽二重餅。。とは違うのでしょうか。
我が家でお茶会の真似事したときにセンセイが持ってきました。
ゴボウも。。入っていたなぁ。。(^_^)b

今ググッて見たら、わたしの記憶違いでした。(^^ゞ
食べたのは確かにこの和菓子ですが、今まで「羽二重餅」って覚えてました。(T.T)

でもおかげで、正しい記憶に変えられました。(^_^)b
今年もヨロシクお願いします。(^ヘ^)v
2006.01.08 13:30 | URL | さと@さと #1n9Tsjm2 [edit]
<さとさとさん>
羽二重餅、あ、そっちは知ってます。
私の中では羽二重餅の方が、有名です(^^;)。

さとさとさんのお家で、お茶会されたんですか~!!
それもすごい、みなさんスゴイ方達ばかりですね(@0@)
2006.01.08 20:30 | URL | こうちゃん #mQop/nM. [edit]
文化人の中で素人的な言葉・・・こんなきれいなお持ちの中がごぼうなんて~~。昔は甘くなかったんだね。おかずっぽかったのかな。・・・なんて平凡なコメントでしょう。
だって私、お茶は半年で逃げちゃったもの~~(笑)
今日Tさんにあったよ。はーちゃんのブログのアドレス行っといたから遊びに来るかも~~。
2006.01.08 20:33 | URL | ひよこ #sH1zSBoU [edit]

あら、書き込んでいる間に、ひよこちゃんが!!
そうなの、私も「えっ?ごぼう、どんな味??」って思いました。
ごぼうも甘く柔らかく煮てあったので、お菓子として
全然問題なかったです。

TさんってあのTさん?だよね!
懐かしー。来てくれると良いな(^^)。

2006.01.08 21:00 | URL | こうちゃん #- [edit]
あれえ?ごめんね言葉が足りなかったね、【裏千家茶道の先生をしてる】でした。裏千家の家柄だったら、私なんかお嫁にこれない(^^ゞ。。早とちりさせてごめんなさい。ちなみに家人はお茶会に行って、出されたお菓子を何個も食べ、「母はお茶の先生をしてます」といってすましていたとのこと。。恥ずかし~~(笑)
2006.01.08 22:29 | URL | めにい #mBUWyLB. [edit]
わたしも「真似事」でしたから。。(^^ゞ

そのとき呼んだセンセイ(嫁の友達)がいっさい仕切ってくれました。だからそのときの食事は。。全然懐石じゃなかったです。(^^ゞ

でも、最低限必要な(と言って)、屏風と扇子、お茶道具を持ってきてくれて。。懐かしくて写真探しましたが、まったくこの「花びら餅」でした。そう言えば、そのお茶会、結婚直前のお正月、だったなぁ。。(ちなみにそのときの食事は「お好み焼き」でした。笑!)

おかげさまで懐かしい写真みれました。(^_^)b
2006.01.09 07:04 | URL | さと@さと #1n9Tsjm2 [edit]
<めにいさん>
いやいや、お茶の先生っていうだけでも大した物ですよー。
ダンナさんの話、面白ーい(^▽^)/

<さとさとさん>
お茶会にお好み焼きと言うのが親近感湧いて嬉しいわ。
お茶会の時って懐石料理なのね!
(ホラ、こんな事も知らないのよねー。)
その懐かしい写真、またブロブにのせて下さいな♪
2006.01.09 07:13 | URL | こうちゃん #mQop/nM. [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kousyakuhujin.blog11.fc2.com/tb.php/146-0e3af4b8
謹賀新年
お節は親戚の食べ歩きに頼りきって作ったことがないのですが、お料理ブログをやっている以上しかたがないかと初めてチャレンジしてみました。   お品書き一の重焼きガニ小柱の柚子しょうゆ漬けくわい栗きんとん(栗の渋皮煮は市販品)かずのこ黒豆(市販品)酢バスかまぼ