こうちゃんの Collection Room
このお部屋にはこうちゃんが、集めたもの、手作りしたもの、日々の記録などを紹介しま~す♪ 

春の山菜2007.4.18~その1「筍」


もう、かなり時季はずれなんですけど(^^;)

ご近所さんから、山菜をいただきました。
「タケノコ、フキ、ワラビ、、」
タケノコは朝の獲りたてを、フキは頂き物のお裾分けだそうで、ワラビは揚げと一緒に焚いた状態でいただきました。



山菜2007春-02
タケノコは今年は豊作だっだそうです。
さてと、アク抜きしなっくっちゃね。

そうそう、アク抜きといえば、
春の山菜は冬の寒い間じっと地面の下で我慢していて、その栄養を蓄えています。春になって出てきた新芽は栄養素の固まりで、その分アクもきついとか。でも体の中の老廃物も一緒に流してしまうという、ステキな効能もあるようです。文字通り「体のアク抜き」もしてくれるんですね(^^)



山菜2007春-03
まず、タケノコの外側の皮を2.3枚剥きます。
でもウチにあるお鍋は大きくないので、入るぐらいまで皮むきしました。
全部皮を剥かないのは、皮にある成分が焚いたときにタケノコを柔らかくしてくれるんだそうですよ。

そして、先の方を斜めに切り落とし、縦に切れ目を入れておきます。

お鍋に筍を入れたときに、浸るぐらいのお水を入れます。
そのお水に米ぬか一握りと鷹の爪2,3個いれて1時間ぐらい茹でます。
※米ぬかがなければ米の研ぎ汁を筍が浸るくらいに入れてもOK!

竹グシをさして、筍が柔らかくなったかを確認。
柔らかくなっていたら、火を止めます。

※米ぬかくさいのが気になる人は、ここで筍の皮を剥き、水からもう一度茹で直すんだって。(でも私は気にならないし、面倒だからしな~い!)
そして後は茹で水につけたままにして、冷まします。
<自然に冷ますのを生揚げ(きあげ)というらしいです。

  ~~~~ここまでがアク抜き~~~~~~




山菜2007春-09
これは、ゴンちゃんとこで焚いた筑前煮です。
ピンぼけでごめん。。





山菜2007春-12-1
定番中の定番~筍とわかめの煮物




山菜2007春-11
豚肉と筍のソース炒め。



他にも2,3品作ったけど、写真に撮るの忘れた(^^;)




ご近所さん、美味しゅうございました。
でも出来たら、今度はアク抜きしたのくださいな~、、なあんてね(>▽<)
スポンサーサイト

Comment

こうちゃんが忙しかったのがよく分かるわ。
だって去年の記事から春の記事まで一気にきてるもの(笑)
筍見て食べたくなっても今は水煮筍しか手に入らない。
2007.06.09 11:53 | URL | ひよこ #sH1zSBoU [edit]

<ひよこちゃん>
わはははは、
まだまだ出るぞー、古いネタ(A^^;)

2007.06.10 02:53 | URL | こうちゃん #mQop/nM. [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kousyakuhujin.blog11.fc2.com/tb.php/377-11da19d0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。