こうちゃんの Collection Room
このお部屋にはこうちゃんが、集めたもの、手作りしたもの、日々の記録などを紹介しま~す♪ 

旦来八幡神社のお祭り


「旦来(あっそ)八幡神社」のお祭りに行ってきました。
毎年10月の第2日曜日にあります。
いちごが生まれた歳からずうっと行ってるので、今年でもう4回目になります。
和歌山県海南市旦来地域の挙げての秋祭りです!


八幡神社の鳥居の前で2007
第一鳥居の前で





八幡神社の説明
八幡神社についての説明
↓詳しい説明は『旦来八幡神社』のHPで
a href="http://www.asso-hachiman.org/" target="_blank">http://www.asso-hachiman.org/





八幡神社の社
神社のお社です。
山を(階段を)212段のぼった所にあります。







八幡神社の祭囃子2007-1
お社の前で一踊り(子供の巫女さんが踊りを奉納するのです)したあと、社下にある
空き地(宮司さんの家の前)で祭囃子を披露。
後で聞いたら、今の職場の同僚Aさんの弟さんや同僚Bさんの子供さんが笛を吹いていたそうです。
なんと、世間は狭い(いやおんなじ和歌山だしねー(^^;)





祭の行列はこのあと山を降りて町内を歩き、辻、辻には獅子舞をして廻ります。
そして向いの山まで行って、そこでまた巫女さん達が舞や、祭囃子を奉納してきます。
一年に一度、むこうのお山にご挨拶に行くのだと地元の人が云ってたような??






天狗さんと赤ちゃん2007
行列の先鋒は天狗さん、
小さい子供を見かけると走っていって、脅かす??
あー、いえいえ、お菓子を挙げて廻るんです。
でも、どう見ても脅かしてるよねー(^^ゞ)





大天狗が怖いよ~!
いちごは大天狗さんに会いました。
さすがに迫力があって、、怖いよ~(><)。。
他にも緑色のカラス天狗さんもいました。








獅子舞2007
辻辻で行なわれる獅子舞です。






獅子舞にパク!

獅子舞が終わって、獅子さんに頭をパク!!
子供だけやってくれます、こうすると元気に育つんだそうです!
この獅子舞の頭役の人が同僚Aさんの弟さんだったそうです。
知っていたら挨拶したのにね(^m^)




続きに『去年のお祭り』の様子も紹介するね!
 







* * * * * * * * * * * * * * * * *
2006年10月8日(日)のお祭りの様子です。





祭り2006-大天狗
山を降りる大天狗





祭り2006-お神輿01
山を降りるお神輿。
このお神輿は相当古い物で、重要文化財だとか聞きました。(違ったらゴメン)



祭り2006-餅花01
山を降りる餅花。
「餅花」とは餅や団子を小さく丸めて木の枝につけ、豊作を祈る行事、また、その飾りものをいいます。
ここでは、竹を細くした物に、餅の代わりに綿をくくり付けて代用していました。
これ、持つの重たそうですねー!!





祭り2006-えべっさん?
行列の最後は恵比須さん?(たぶん、、違ったらゴメン)





祭り2006-獅子舞にパク!
獅子さんにパク!
去年は獅子に近づかれただけで、大泣きでした。
0歳の時はポカンとしていました。(訳がわかんなかったんだと‥‥)
1歳の時はちょっと嫌がってはいましたが全然平気~な態度。
そして、去年は大泣き~。。やっと怖さが分かったか!
  本人は必至だけど、泣いてる方が子供らしくって微笑ましいよねー(^^)b






祭り2006-お神輿02
お神輿は町中を台車に乗せてひいていきます。
この他にも、宝船やちょっと新しいお神輿、子ども神輿もひかれていました。
え?お神輿は担がないのかって??
ん~、ちょこっとだけ担いではいましたが‥‥、ほんとにちょっとだけでした(^^;)





祭り2006-餅花02
山をおりると来はかたげていた餅花ですが、町中の行列の時は立ててまわっています。
この餅花は獅子舞の後、皆1本ずつ貰います。
写真の餅花はもうかなり本数が少なくなっていますね~。。
昔は本当にお餅がついていて、大人も子供そっちのけで取り合いして、子供なんかは
「おまえらもらえる身分じゃ無い」とか云われてなかなか貰えなかったそうです。
今では大人が子供に「ほら、餅花貰っておいで」と差し向けています。
この「餅花」一年後にどんと焼きにだせばいいのかな?と思いつつ去年のが
まだ家にあったりします(^^ゞ)

横にいる恵比須さん(?)、この人は手に持った榊で大人(特に女性)の頭やお腹を
お払いしていきます。
ボケ防止や、婦人病の厄除になるそうです。
おばあちゃん達が頭を出して「これで1年ボケへんわー」を笑っていました。





祭り2006-餅花を持って
餅花をもらってちょっと一息のゴンちゃんといちご。

ゴンちゃん「怖かったねー」
いちご 「怖かったけど、なんか面白そうな物貰ったから、いっか~」  とでも!??(笑)


スポンサーサイト

Comment

NoTitle
TBありがとう♪
昨日、徳島県の道路地図に載せられている神社に印を付けていました。
すると、なんとものすごい数の八幡神社が・・
高知県も多いし、神功皇后は瀬戸内海を東進したのではなく、四国を縦断したのではないか・・
と感じられるほどです。

天狗はさすがに紀伊ですね、修検道のメッカ!
獅子に頭を噛まれた記憶はあっても、天狗の記憶はないです^^
2007.10.16 09:23 | URL | いちごん #- [edit]
NoTitle
↑天狗って紀伊なの?
てっきり鞍馬あたりに出没するのかと思ってました。


その榊でドジッコちゃんの頭をなぜてあげなくちゃ!!いや・・・もう手遅れか・・・・
2007.10.16 11:13 | URL | ひよこ #sH1zSBoU [edit]
NoTitle
嗚呼、もったいなや~
これだけあったら私なら
3回は記事にしちゃう。。。
いちごちゃん、いい表情だなあ
餅花は火にかざさないんですか?
2007.10.16 20:03 | URL | SEZON #- [edit]
NoTitle

<いちごんさん>
へえぇ~、八幡神社ってそんなにたくさん数があるのですか?
文字どおり八万あるのかしら~、まさかね(^^;)

私も小さい頃、何かのお祭りで獅子にカプっとされて大泣きした記憶はありますが、天狗はこのお祭りで初めて見ました。山の上の神社だからかしら??


<ひよこちゃん>
天狗は昔は天狐とかいてテングと読んでいたようで、その字の通りに天かける狐で、神の使いとか、山に住む魔物とかと思われていたのが、室町ぐらいには修験道の衣装を着て物知りで妖力を持つ鼻の高い(たぶん狐の鼻が細長い所からきているのでは無いかと‥‥)容姿で表わされるようになったらしいです。
なので、山深い所にはたいてい天狗が住んでいます。

紀州で有名な天狗は「空神(ソラガミ、ウツロカミ)」と呼ばれる白い天狗がいます。

鞍馬の天狗はかの源義経に剣術を教えたとして有名ですよね(^^)/。

ドジッコちゃん、天狗もはだしで逃げ出すよ(オソマツ(><))




<SEZONさん>
そうなの、でもそうして流れてしまった記事が幾つある事か‥‥‥(涙
餅花の事は詳しく知らないんだけど、、火にかざすの??
でもこれホントの餅じゃ無いから焼け落ちちゃうんじゃ??
また詳しい事が分かったら記事に‥‥きっと出来ない(^^;)
2007.10.20 17:33 | URL | こうちゃん #mQop/nM. [edit]
NoTitle
水戸は天狗党で有名なのですが。。
有名すぎて、町中には来てくれません。(^^ゞ

いえいえ、それは昔の話で。。
金砂神社の大祭礼というのがありまして。。
72年に一度の希祭だそうで。。2003年でした。
次は。。もう相当先だな。(^^ゞ

小祭礼と言うのが7年に一度あります。次回は再来年を予定。。(^_^)b
2007.10.21 12:09 | URL | mさと #- [edit]
NoTitle

<mさとさん>
天狗糖、って聞いた事あるわ!
水戸の方だったんですね(ホホウ~)
え?72年に1度のお祭り?
じゃあ、知ってる人がいてもそうとうお年の方ですね(@@)
今なら映像に残しておけるけど、その前まではなかなか資料が無さそう。。主催するの大変そうですねー。。


2007.10.30 07:24 | URL | こうちゃん #mQop/nM. [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kousyakuhujin.blog11.fc2.com/tb.php/438-f301ea73
平濱八幡宮武内神社(島根県松江市)
=      平濱八幡宮武内(ひらはまはちまんぐうたけうち)神社 =        平濱八幡宮は、京都の石清水八幡宮の出雲国八ヶ所の荘園のうちの一つ八幡荘。        出雲国最古の八幡宮で、後には出雲国八所八幡宮の総社となる        ところで八幡社
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。