こうちゃんの Collection Room
このお部屋にはこうちゃんが、集めたもの、手作りしたもの、日々の記録などを紹介しま~す♪ 

東京ぶらりひとり旅(2010.2.20)その21~東御苑~「松の大廊下跡」「牛砲台跡」「大奥跡」

ああ、もう時間かかりすぎちゃって自分でも記憶が曖昧になってきたわ(^^;)
でも、ここまで北きたからには最後までがんばるぞ!


江戸城で有名なのは「松の廊下」ですよね。
忠臣蔵~浅野内匠頭が吉良上野介に切りつけかけた場所です。


その場所に石碑が建っていました。
2010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑019~「松の大廊下」
あら、「松の廊下」ではなくて「松之大廊下」としょうするのね。
ウィキペディアより
  ↓
本丸御殿の大広間から将軍との対面所である白書院に至る全長約50m、幅4mほどの畳敷の廊下。廊下に沿った襖に松と千鳥の絵が描かれていたことから松之大廊下と称された。




今はご覧のように、跡形もございませんが‥‥
   ↓
2010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑020~「松の大廊下」2







大廊下から竹林を抜けます。
2010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑027~「竹林」
この竹林もよく見たらいろんな(珍しい)種類がありました。





天守台に近い方の「本丸広場」です
2010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑021~「牛砲台跡」01
本丸広場は、江戸城本丸跡ということらしいです。
ここには本来なら広々とした芝生が広がっているのですが、今(写真を撮った時)は冬なので、土だけです。
本丸御殿は、表・中奥・大奥の三つからなっていたとのこと。表御殿は、諸役人の執務や将軍の謁見の場など公的な建物で、最も格式の高い「大広間」は正月などに諸大名が参集する場所でした。

広ーい広場の中に、なにやら石碑が見えます






「牛砲台跡」とありました。
2010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑022~「牛砲台跡」02
 明治維新の直後、本丸跡は焼け野原で、第二次大戦後も野菜畑や桑畑の時代もあったんですって。
 本丸跡は気象台発祥の地でもあり明治期から昭和30年代まで気象庁の官舎もありました。
明治4年(1871)には正確な時間を知らせるために、ここに午砲台(ドン)が設置され、昭和4年(1929)に廃止されるまで、「ドン」の愛称で東京府民に親しまれていたとのこと。
なるほど~。。








天守台側から、本丸広場を臨んだところ。
こんもりとした植木がきれいだったのでぱちり
よくみると看板がありました→「大奥跡」ですって。
2010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑028~「大奥跡」
この広大な敷地のやく1/3が大奥だったとか~。。うう~ん、いろんなドラマがあったんだろうなぁ‥‥。






スポンサーサイト

Comment

タイトル
江戸城って今は跡形もないんだ・・・普通燃えちゃっても再建するだろうに・・・
タイトル
しばらく行っていないので、とても懐かしいわ。
ひよこさん、
江戸城の模型が東京江戸博物館にあるのよ。御苑とその模型を重ねると、どんなに広い城だったのか、よくわかるわよ。
Re: タイトル
<ひよこちゃん>
代わりに「皇居」があるからでしょうね!
2010.08.02 14:17 | URL | こうちゃん #- [edit]
Re: タイトル
<めにいさん>
今でもと~っても広いですよ。
1週5kmほど?
東京のど真ん中にこれほどの敷地。これを維持できてるってある意味すごい!
2010.08.02 14:22 | URL | こうちゃん #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kousyakuhujin.blog11.fc2.com/tb.php/786-aeb01253