こうちゃんの Collection Room
このお部屋にはこうちゃんが、集めたもの、手作りしたもの、日々の記録などを紹介しま~す♪ 

東京ぶらりひとり旅(2010.2.20)その21~東御苑~「天守台」と「書陵部」

本丸昼場の向こうに、石垣がどーんと。。
これが天守台(天守閣跡)!
2010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑029~「天守台」
江戸城天守跡…本丸の北端に位置している。最初の天守は1607年に完成し、このときの天守台は少し南にあった。3代将軍家光が大改修を行い、最終的な完成をみたのは1638年。このとき、現在の天守台ができた。天守は、外観5層、内部6階建てで、天守台を含めた高さが58mであり、天気が良ければ房総半島からでも見ることができたという。しかし、明暦の大火で焼失してしまい、再建策もあったが、家光の弟である保科正之(会津松平家藩主)の反対により再建は延期され、それ以後天守は建設されなかった。

ウイキペディアより


「明暦の大火」って「振り袖火事」のことですね。(実際には放火説なんかもあるけどね)
そして現在は、八代将軍吉宗によって再建された天守台だけが残っています。







天守台より東(多分)を臨む
2010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑030~「天守台より臨む」01
見晴らしよかったです。
このうえにまだ5階建ての建物があったと考えたら、ほんといい眺めだったんでしょうねぇ
(高所恐怖症でなかったら、もっとぎりぎりまで行けたのだけど‥‥。(^^;)







天守台より西(多分)を臨む
2010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑031~「天守台より臨む」02
すごい、ビルの林?いや森??
こんなにビルが立ち並んでいなかったら、すっごい見晴らしよかったんだろうなぁ。
(ビルが建ち並んでいる景色も壮観だけど‥‥)





天守台から北詰橋門を通って、東に進むと「書陵部庁舎」というのがありました。
2010.2.20-東京ぶらりひとり旅005~東御苑032~「書陵部」
書陵部は,皇室関係の貴重な図書等や陵墓を管理しているところだそうです。



スポンサーサイト

Comment

タイトル
あまりにさっぱりしてるなぁ・・・
和歌山城はコンクリート製でも再建されて良かった。
あそこに土台しかなかったら寂しいよ。
Re: タイトル
<ひよこちゃん>
和歌山城ってとっても珍しい建て方をしてるんですって。
お城ファンの人に言わせたら、国内の10本~5本の指にはランクインされるそうよ!!
そういう意味でも再建されてよかったよね(^^)v
2010.08.02 14:20 | URL | こうちゃん #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kousyakuhujin.blog11.fc2.com/tb.php/787-0bea4dbb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。