こうちゃんの Collection Room
このお部屋にはこうちゃんが、集めたもの、手作りしたもの、日々の記録などを紹介しま~す♪ 

雪景色の伊太祁曽神社(いだきそじんじゃ)

昨日、免許の書き換えが出来なくって、その代わりにいって来た伊太祈曽駅。
ここまでくればついでのついで、「伊太祁曽神社」にも寄って見よう。

駅から、神社まではほんの2、3分程。
傘を持ってこなかったけど、雨ではないので平気。
雪景色の伊太祁曽神社2011.02.11-01
常磐橋からみた大鳥居です。







鳥居をくぐって本殿までの参道にはのぼりが並んでいます。
雪景色の伊太祁曽神社2011.02.11-02








境内の中です
雪景色の伊太祁曽神社2011.02.11-03
白い雪景色に赤い太鼓橋が映えて綺麗です。
うーん、侘び寂びの感じ?







橋をアップにしてみました。
雪景色の伊太祁曽神社2011.02.11-04






本殿は工事をしていました。
雪景色の伊太祁曽神社2011.02.11-06
神主さん(禰宜さん?)たちが本殿から出て来られて、駆け足でどこかへ行くところの様です。
後で知ったのですが、「紀元祭」があったようです。建国記念日だったものね。







伊太祁曽神社(いたきそじんじゃ)は、和歌山県和歌山市にある神社である。旧称山東宮。
五十猛命(いたけるのみこと、別名 大屋毘古神)を主祭神とし、左脇宮に妹神の大屋都比賣命(おおやつひめのみこと)、右脇宮に同じく妹神の都麻津比賣命(つまつひめのみこと)を配祀する。いずれもスサノオの子であり、木の神として信仰される神である。

伊太祁曽神社についての具体的な年号の初見は「続日本紀」の文武天皇大宝2年(西暦702年)です。
※今年で1300年目を迎える事になります
元々は日前神宮・国懸神宮(ひのくまじんぐう・くにかがすじんぐう=通称:日前宮にちぜんぐう)の社地にお祀りされていたようですが、日前宮のご鎮座が垂仁天皇16年と伝えられていますので、その頃に山東(さんどう=現在の伊太祈曽)に遷座せられたようです。



日本書紀では
スサノオがいうのに、「韓郷の島には金銀がある。わが子が治める国に船がなかったら困るだろう」と(『日本書紀』では、スサノオと奇稲田姫〔クシイナダヒメ〕の子が大己貴神〔オオアナムチノカミ。大国主神ともいいます〕。スサノオに代わり地上を治め、葦原中国〔アシハラノナカツクニ〕を作りました)。
 そこで、スサノオ、ひげを抜いて放つと、そのひげが杉の木になった。胸毛を抜いて放つと檜に、尻毛は槙に、眉毛は樟になった。
 「杉と樟は、船を造るのによい。檜は宮を造るのに、槙は現世の国民の棺を造るのによい。たくさんの木の種を播こう」
 スサノオの子、イタケル、オオヤツヒメノミコト、ツマツヒメノミコト。この三柱の神が大八洲国(日本)に木種を播いて回った。
 その後、スサノオは熊成山(くまなりやま)を通って、とうとう根の国に入った。
そして、イタケル、オオヤツヒメノミコト、ツマツヒメノミコトが最後に定住した地が「木の国」→「紀の国(和歌山)」と言う訳です


 


このあと、ちょっと面白い写真が撮れました。
続き‥‥で紹介するね o(^^)o




  










ご神木の大杉です
雪景色の伊太祁曽神社2011.02.11-07


「いわれ」はこちら↓
雪景色の伊太祁曽神社2011.02.11-08






雪景色の伊太祁曽神社2011.02.11-10
落雷で焼けた杉の横には若い杉の木が立っていました。
跡継ぎなんでしょうね。。







左からの木の枝振りが良いので画像アップしちゃいました。
雪景色の伊太祁曽神社2011.02.11-09






境内から見たさっきの赤い橋
雪景色の伊太祁曽神社2011.02.11-11
この画像、よく覚えておいてね(^^)b







さっきの池の真ん中辺り、空気がぶくぶくとわき上がって来ています。
エアレーションなんでしょうか?  それとも湧き水??
雪景色の伊太祁曽神社2011.02.11-05







手水舎の水口は龍でした。
雪景色の伊太祁曽神社2011.02.11-12







コレが本堂
雪景色の伊太祁曽神社2011.02.11-13
左右に木の彫刻が置いてありました。
チェーンソーアーティストの世界チャンピオンである城所啓二氏の手によるものです。
毎年「木祭り」で実演されるそうです。
今年、見に行ってみようかな~。。








神官達拝所
雪景色の伊太祁曽神社2011.02.11-14
こんなのあるんですね~、初めて知りました。








さっきの赤い橋
雪景色の伊太祁曽神社2011.02.11-15
ちょっと違ったアングルから撮っていたら、、、
あら??











神主さんが表れて橋を渡っておられました。
雪景色の伊太祁曽神社2011.02.11-16
どこかへ行かれるのかと思っていましたが、ゆっくり渡った後に、またゆっくりと引き返して本堂へ戻っていかれました。










赤い橋の先は、、あ、また鳥居
雪景色の伊太祁曽神社2011.02.11-17
こっちの鳥居が、本殿に通ずる鳥居だったかも(^^;)
 ※でも本来鳥居は神様の通る道で、一般人は脇を通るのが正しいんだそうで。
まぁ、今回はそう云う事にしておいて(汗)







さっき画像で紹介したの赤い橋、渡るところは真っ白だったでしょう?
でも今度は、しっかり行き帰りの草履の跡が‥‥(笑)
雪景色の伊太祁曽神社2011.02.11-18
神主さんはこの足跡を付けたかったのかしらね~。。(^艸^)プププ





スポンサーサイト

Comment

おはようございます。
結構な雪が降ってますね。
神社仏閣には何故か雪景色が似合いますね。
草履の跡・・・
なかなか面白いですね。

ポチ!
2011.02.13 08:04 | URL | まーぶ #Z2PsPELM [edit]
神社の雰囲気って独特だけど雪が降るとなお神秘的に見えるね。
長女に東照宮で巫女さんを募集していたから応募しろって大分勧めたんだけどね。
残念ながら興味がないみたいで拒否されました。
実は今度決まった就職先も巫女さんの募集をちゃんと見ようと連れて行って見つけたの。

後日たまたまその巫女さんに採用されたらしい女性を町で見かけて、そう可愛くもなかったからうちにもチャンスがあったかも!?なんて思ったのもつかの間、車で移動していたからやっぱ巫女さんも普通自動車免許がないとだめだったみたいでそちらに行かなくてよかったと思ったのでした。

・・・でも巫女さん、憧れるんだけどなぁ・・・

2011.02.14 08:55 | URL | ひよこ #sH1zSBoU [edit]
もちろんゴールド免許ですよね(笑)
2011.02.15 01:46 | URL | KAN #- [edit]
Re: タイトルなし
<まーぶさん>
いつもコメント&ぽちありがとうございます。
足跡、面白いでしょう。
綺麗に揃っているので、きっと行き帰りを考えて足跡を
着けたんじゃないでしょうか(^^)ぷぷぷ。
2011.02.15 21:44 | URL | こうちゃん #- [edit]
Re: タイトルなし
<ひよこちゃん>
巫女さん、ってちょっと憧れるよね。
若かったら、やってみたかったよ。
でも知り合いに会うとちょっと恥ずかしいかも(^^;)
2011.02.15 22:01 | URL | こうちゃん #- [edit]
Re: タイトルなし
<KANさん>
え~っと、、、
今までずううっとゴールドだったんですけどね。。
標識見落としで左折しか出来ないところを直進したんだなぁ~。。
でも次の更新は5年後です!
2011.02.15 22:16 | URL | こうちゃん #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kousyakuhujin.blog11.fc2.com/tb.php/908-adb01d51
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。