こうちゃんの Collection Room
このお部屋にはこうちゃんが、集めたもの、手作りしたもの、日々の記録などを紹介しま~す♪ 

初めてのバンガロー体験2011.3.19 その3近露王子

先ほど行った「なかへじ美術館」の近くに「近露王子」(実際には「近露王子跡」)がありました。

ここでいう「王子」とは所謂「九十九王子(くじゅうくおうじ)のことで、熊野古道沿いに在する神社のうち、主に12世紀から13世紀にかけて、皇族・貴人の熊野詣に際して、その先達をつとめた熊野修験の手で組織された一群の神社のことで、参詣者の守護が祈願されたのです。
したがって、その分布は紀伊路・中辺路の沿道に限られます。



初めてのバンガロー体験2011-15 近露王子01
「近露王子」は王子社の中でも最も早く現れた王子のひとつで、熊野詣の宿場として賑わった近露の里の中に鎮座して、産土神としても祀られていたそうです。
近くを流れる日置川は近露王子におまいりする前に潔斎をした清流で、川岸には後鳥羽上皇の御所もあったといわれています。



初めてのバンガロー体験2011-15 近露王子02
現代でも皇太子が参拝された模様






初めてのバンガロー体験2011-15 近露王子03
案内板がありました。
ちょっと読みにくいので、写し書き!

 永保元年(1081)十月、熊野に参詣した藤原為房は川水を浴びた後、
「近湯」の湯屋に宿泊しています。王子社の初見は、藤原宗忠の日記、
 天仁二年(1109)十月二十四日条で、宗忠は川で禊をした後、「近津湯王子」に奉幣しています。  このように、古くは「近湯」「近津湯」とありますが、承安四年(1174)に参詣した藤原経房の日記以降は、「近露」と書くようになります。建仁元年(1201)十月、後鳥羽上皇の参詣に随行した藤原定家の日記によれば、滝尻についで、近露でも歌会が行なわれています。定家は、川を渡ってから、近露王子に参拝していますので、上皇の御所は右岸にあったようです。
承元四年(1210)、修明門院に随行した藤原頼資の日記でも同様で、女院は四月二十九日に宿所に着いて「浴水・禊」をし、翌五月一日に王子社に参拝しています。このように、近露では宿泊することが多く、川水を浴びた後、王子に参拝するのが通例でした。江戸時代には、若一(にゃくいち)王子権現社と呼ばれ、木像の神体が安置されていたようです。明治時代には王子神社となりましたが、末期に金比羅神社
(現、近野神社)に合祀されました。
なお、跡地の碑の文字は、大本教主出口王仁三郎の筆によるものです。

と書かれていました。



初めてのバンガロー体験2011-15 近露王子06
八咫烏(ヤタガラス)のマーク入りの碑もありました。







ここにも「近露王子」と彫られた碑が!
初めてのバンガロー体験2011-15 近露王子04
これでもか~って感じですよね。
実は 「近露王子」は、明治末期まで社殿もあり、少し下手にある春日神社とともに近露の氏神として祀られていましたが、神社合祀により十数本あった杉の巨木も伐られ、廃絶したのでした。
神社合祀にはかの南方熊楠も大反対でした。

そんな事もあってか、この石碑たちには、意地と気合がこもってたんでしょうかね。











これが先ほどの大本教主出口王仁三郎の筆による石碑
初めてのバンガロー体験2011-15 近露王子05以下は説明板より。

王子碑の文字について

「近露王子之跡」と書かれた碑の文字は、記名がないけれども大本教主出口王仁三郎の筆跡である。昭和八年(1933)三月二十一日この地に来て休息した際、当時の近野村長横矢球男の依頼で用紙に筆をふるったのである。翌年一月それを彫りつけた王子碑が建立されたが、二年後の昭和十年十二月大本教は二回めのはげしい宗教弾圧をうけ、この碑も取り壊さねばならぬことになった。その時横矢は、この文字は筆跡を自分が模写したものであると主張し、保存していた王仁三郎の書を警察に提出した上で、碑面に見られた「王仁」の書名を削り、そこに「横矢球男謹書」と彫り改めて、王子碑の撤去をまぬがれたという。出口王仁三郎の筆跡の碑は全国に数多く建てられていたが、他はことごとく破壊され、辛うじて残ったのはここだけだとされている。







熊野道についての説明もありました。
初めてのバンガロー体験2011-15 近露王子09
書き写すの面倒になって来たのでここは省略。








ここには歌碑も3つ
初めてのバンガロー体験2011-15 近露王子13
峠路ゆ 見おろす村の わが里は 家ごとにして 梨の花さく  ~花山~


初めてのバンガロー体験2011-15 近露王子07
ふるさとの 山????? 映えて 麓をめくる 川の瀬の唄

よ、読めない(><)




初めてのバンガロー体験2011-15 近露王子08
世をてらす かげとおもへは 熊野山
         こころの空に すめる月かな
                    後鳥羽上皇







もう少し続くよ~











サービス映像で~す、なんちゃって!

初めてのバンガロー体験2011-15 近露王子10
はしゃぐいちご♪









初めてのバンガロー体験2011-15 近露王子11
この切り株、もしかして神社合祀で伐採された木??
って、そこまで古くないかな??








初めてのバンガロー体験2011-15 近露王子12
踊るいちご(^m^)
何を考えてたんでしょうかねぇ




この近くには有名な「牛馬童子」もあったんですが
日が暮れるまでにバンガローに着きたかったので今回はパス
またその内にね!
スポンサーサイト

Comment

石碑
こんばんは。
色々な場所に石碑があるんですね。
歴史を感じますよね。
ヤタガラスはサッカー日本代表のロゴにも使われてますよね。
最後の写真の左手はヤタガラスを意識して三本指なんでしょうか(笑)

ポチ!

2011.05.28 22:42 | URL | まーぶ #Z2PsPELM [edit]
熊野の参詣道は、以前に藤原定家が書いた日記とその経路を見たことがあって、そのたくさんの王子にびっくりしたのを覚えてます。
平安貴族たちも歩いたらしくて、定家も泣き言ばかり書いていたわよ。
こういうところなのね~~。なるほど^^
2011.05.29 15:39 | URL | めにい #mBUWyLB. [edit]
Re: 石碑
<まーぷさん>
そうそう、こんなにいっぱいあって、ビックルする程でした。
社殿が無くなった変わりに、ここに「王子」があったんだよ!と声高に訴えてるような気がしました。
ヤタガラスがサッカーのシンボルになってから、毎年サッカーの代表が熊野に参詣に来られるんですよ。
三本指は~~あれ?なんでだろう??(笑)
2011.05.30 01:14 | URL | こうちゃん #- [edit]
Re: タイトルなし
<めにいさん>
さすが、博識ですねぇ!
宗教の前には身分は関係ないってことですね(^^)b
2011.05.30 01:15 | URL | こうちゃん #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kousyakuhujin.blog11.fc2.com/tb.php/930-ce80ff0c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。