こうちゃんの Collection Room
このお部屋にはこうちゃんが、集めたもの、手作りしたもの、日々の記録などを紹介しま~す♪ 

初めてのバンガロー体験2011.3.20 その11 有田川町鉄道交流館-1

今回の第2の目的ー「有田川町鉄道公園」です。
(ここまで記事にするのに半年かかったよ~)
此処の事を、「紀州鉄道の駅員によるキテツな日々」のさいちゃんが記事にしていて、いつか行こうと思っていたのです。





~有田川町鉄道公園とは~
永年にわたり沿線の発展に寄与した有田鉄道を末永く後世に伝えることを主な目的のひとつとし、同鉄道の廃線後に整備計画が立案され、町有地となった旧有田鉄道金屋口駅構内を整備し、2010年(平成22年)3月20日に開園した。
元駅構内部は旧金屋口駅をそのまま利用したもので、駅舎・ホームと車庫及び両者を結ぶ約150mの線路が保存されている。展示車両の動態保存運転では、この線路が使用されている。基本的には非公開区域であるが、有料体験乗車会の実施も行っていて、その日には同会参加者のプラットホーム立ち入りが許可される事がある。詳細は公式ホームページで確認要。軌道は当公園開園に伴い新たに整備されている。   Wikipediaより






公園の看板が線路♪
その後ろから覗くトーテンポールみたいな2人(笑)
初めてのバンガロー体験2011-35-有田鉄道交流館 01






まずはD51がお出迎え

初めてのバンガロー体験2011-35-有田鉄道交流館03
国鉄(現JR)の誇る貨物用SL、D51(通称デゴイチ)は、1936年2月の1号機(D51-14)から、1945年1月の1,115号機(D51-1161)までの9年間、全国13工場で計1,115両が製造されました。この機関車は、製造最後の第3グループ161両のうちの車両で、吹雪の原野を轟音をたてて疾駆した姿がしのばれます。
 1976年の現役引退後、国鉄と吉備町(現有田川町)との間で賃貸借契約を結び、翌年、JR藤並駅東側にやってきました。その後、長らくそのままの姿で余生を過ごしていましたが、鉄道交流館の建設整備を機に、鉄道公園内にお引っ越し。キハとハイモの元気な姿を背に、鉄道公園入口でご来場のみなさんをお迎えします。
■スペック
   ◇全  長 / 19.73m   ◇全  幅 /  2.94m
   ◇全  高 /  3.98m   ◇重  量 /   125t
   ◇最高速度 / 85km/h
■経  歴
   1944.4  日本車両製
           東京・青森・釧路・札幌鉄道管内で32年間活躍
   1976.3  現役引退
           走行距離212万km(地球約50周分)
   1977.4  和歌山県吉備町(現有田川町)へ








初めてのバンガロー体験2011-35-有田鉄道交流館 02
公園の奥に記念館がありました。
カワイイ建物です。
右に写っている列車が『キハ58003』
  有田鉄道からの譲渡車で富士急行からの移籍車です。
  そしてこれが有料で(大人100円)体験乗車会がある列車です。









初めてのバンガロー体験2011-35-有田鉄道交流館04
ちゃんと踏切もあります。





初めてのバンガロー体験2011-35-有田鉄道交流館05
ウッドデッキのホームです。
(とうとう、雨が降ってきました‥‥)





こんな駅名看板が~。。
初めてのバンガロー体験2011-35-有田鉄道交流館06






ここでも結構遊べました。
遊んでいる様子はまた次回(っていつまでつづくんじゃぁ~)
スポンサーサイト

Comment

No title
こんにちは。
SLが走ってる姿を撮ってみたいです。
黒煙を上げながら走る姿はカッコいいですよね。
車両だけじゃなく線路もいいオブジェになりますね。

ポチ!
2011.08.09 10:10 | URL | まーぶ #Z2PsPELM [edit]
Re: No title
<まーぶ さん>
いつも、コメント&ぽち、有難うございます。
なのに、お返事が遅くてご免なさい。


線路の看板って、ありそうでなかったです。
カーブさせてるのもお洒落でした。

SLってほんと“”絵になりますよね。
私も走ってるとこ撮ってみたいけど、その前に一眼レフカメラヲ買って、腕を磨かないとなぁ~。
2011.08.13 23:55 | URL | こうちゃん #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kousyakuhujin.blog11.fc2.com/tb.php/941-d4bf31b5