こうちゃんの Collection Room
このお部屋にはこうちゃんが、集めたもの、手作りしたもの、日々の記録などを紹介しま~す♪ 

台風12号

国際宇宙ステーションに滞在中の古川聡さんが撮影した台風12号=日本時間で8月31日正午ごろ撮影、共同
台風12号 2011.09.04-04
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は1日、国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在中の宇宙飛行士、古川聡さん(47)が撮影した台風12号の映像を公開した。巨大な雲の渦が映し出されている。




台風12号の進路
台風12号 2011.09.04-25




台風12号が和歌山を直撃したその日、私たち家族は静岡にいました。
9月2日に和歌山を出発する時には、
「帰って来る時にはもうおさまってるよ、ちょうど、避難しにいくみたいだね」と
なかば冗談まじりに言っていたのに、帰る頃の9月4日はまだ台風は居座わっていて
「私ら帰れるかなぁ、家は無事かなぁ」すごく心配でした。

その上、私の職業上‥‥
「災害対策本部設置、緊急招集第1号発令のため職場に集合して下さい」とメールが‥‥。
えええ?
ム、、無理!!  今静岡だし、帰れるかどうかも分からないし!! 

それでも新幹線は無事動いていたし、阪和線も少し遅れていたもののなんとか運行していました。ほー。




いろいろご心配下さった皆様、私たちは無事ですよ!
「無事ですか?」
「大丈夫ですか」とメール下さった方々、本当に有難うございました。
温かい言葉にホッとさせられました。



さて、帰宅してからいろいろ状況を調べてみたら、
親戚筋が大変な事になってました。

私は古座川町の出身なんです(母の実家)。
今回(台風12号)の影響で古座川町の約1/3が床上浸水してしまいました。

本家の方は奥の高台にあったので無事でしたが、分家の家は坂の上にあったにもかかわらず1階の半分位まで水が来たそうです。
その上大事に飼っていた鯉が流されてしまったそうで、、、、。
あの立派な鯉、、何十匹もあったのに、、。 
いちごも餌やりした事あったのに、ショックです。(T T)


母の実家での事は『教訓』という意味も込めて、ちょっと(自分への)記録に残したいので
“続き”に記しておきますね。







google衛星マップにより台風12号の被害(熊野川)
台風12号 2011.09.04-09
※川の幅が全然違う!

<ここからは個人的な覚書きです>

親戚の家は古座川町の中ほどにあります。
大雨が降ると河川が増水して水害になる事もあったそうです。
上流には水力発電のためのダムがあって、それが水害から守ってくれるとの情報もあるようですが
余りに水が溜まるとより大きな被害になるとも云われています。
実際、1数年前には放水による二次被害で伯母の家が床上浸水した事がありました。
この時は明らかに人災で、ダムの放流が遅過ぎたためです。


さて、今回はそんなどころの被害ではありませんでした。
本家も分家も川沿いとはいえ、丘の上の方だったり、坂の上だったりしたのです。
その分家が水に浸かったのですから、7、8mは水位が上がったに違いありません。
台風12号 2011.09.04-01
この道の向こうに分家の家があります。
道が完全に水没しています。





台風12号 2011.09.04-18

ちなみに↑雨量です
古座川町、、突出して多いです!






分家には86歳の大叔母が一人暮らし。
まさか道が無くなり、自分の家まで浸かるなんて思ってみなかったので、
避難もせずにいて、自宅に取り残されました。
山間の家なので、お隣さんまでほど遠くまさに孤島状態。

串本町に住む従兄弟の子(Yオジさん)が船で助けに来てくれたそうです。
漁村なので船を持ってる人は多いのですが、その船も殆ど流されてしまっていて
流されずに済んだこのYオジさんはあちこちの家を助けてまわったらしいです。


さて、すごい!と思ったことがひとつ。
Yオジさんが迎えにいくまでの4時間余り、この間に大叔母は1階の襖をすべて取り外し
今は亡き大叔父のベットの上に乗せたのだそうです。
ス、凄い!!
大叔母は歳のせいで足も悪く、杖をついて歩いている様な人なんですよ!
それに、分家は元々は本家がいた家で(本家の方が移り住んだので)
大広間やらなんやらで私が思い出すだけでも襖の数は16枚!
まさに火事場の馬鹿力!?

おかげで襖の殆どが濡れずにすんだのだとか。
もちろん畳や、家具等は殆ど浸かってしまったのですが‥‥。

木で出来た家具は長い事水に浸かると、もう使い物にならなくなるのも多いです。
箪笥なんかは引き出しが開かなかったり(or閉まらない)、合板で出来た物はめくれ上がってしまったり。。
襖もワクそのものが歪んでしまって駄目になりなす。
なのでこの無事な16枚は貴重です!


飼っていた鯉は、もう諦めるしかありません。
激流に呑み込まれたから、古座川どころか、もしかしたら海に流れていったかも‥‥。
そうなると淡水魚ですから生きてはいないでしょうね。。ふうう。
大叔父さんが丹誠込めて育てていたのになぁ、、。
「品評会で賞をを取った」、とか「鯉センターのカレンダーに載ったんだ」とか嬉しそうに笑ってたのになぁ。。

その反対に猫も飼っていたのですが、コチラは山の上に自力で逃げて無事だったそうです。
田舎で飼ってる猫ですから、寝る時と餌の時以外は野放しでしたから、かえって生き延びられたのでしょうね。

まだまだ、片付けが大変ですが、大叔母はボランティアに入られるのを嫌っているので、親戚間で片付けをしています。田舎の人は丈夫ですよぉ~。土木業やら漁業をして来た人達ですので力があります!
テキパキと片付けを、、

でもね、そこへ台風15号が、、、。
15号自身は被害をもたらさなかったものの、濡れた物を洗って乾かす事が出来ないの。。
もうーーー。。







++++++++++++++++++++++++++++++++++++

さて、本家の方の話です。
本家はもっとずっと山に近い所に家があります。
家と離れ(今は物置)がありましたが、どちらもギリギリ無事でした。

本家にも池があったのですが、伯父さんが病気したので、面倒が見れないと思って埋め立てて更地にしていました。結構広い更地だったので、近所の人達が自動車が水に浸からない様にとここに避難させてたそうです。
おかげで、床上浸水したお家が多かった中で、『車だけは無事』だったんだとか。これは片付けやら何やらしている今、とっても助かっています。

本家の家の裏は土手になっていて、実はその土手が土砂崩れを起こしました。
裏手に土砂が多いかぶさったのですが、家のすぐ横が谷間だったんです。
良くしたモノで、“低きに流れる”の文字通り、土砂は家にぶつかった後谷間に流れていきました。
家は何とか持ちこたえ、谷間にあった畑は埋め立てられた様になりました。

畑で作っていた作物は駄目になりましたが、年寄が自給自足分で作っていただけだったのでそんなに大した被害ではなく、それどころか、
「谷間に降りて畑すんの大変やったんよ、これで降りんでも畑出来る様になったのお」と、、。
はぁ、そうですか。。
でも荒れた土が入ってきているから、開墾は大変でしょうけど。。





記録用の写真です




台風12号 2011.09.04-03
月の瀬公園です。
簡易トイレが水没しています。





台風12号 2011.09.04-02
これは別の家ですが水に浸かってしまっています



台風12号 2011.09.04-21
運動場もこのとおり!





台風12号 2011.09.04-05
途中の道も





台風12号 2011.09.04-06
吊り橋(下蔵土橋)も






台風12号 2011.09.04-07
倉庫(?)も





台風12号 2011.09.04-23





台風12号 2011.09.04-16
ちょうまつ橋も!








ここからボランティアの写真です++++++++++++++++++


台風12号 2011.09.04-24


台風12号 2011.09.04-08


台風12号 2011.09.04-17


台風12号 2011.09.04-14



台風12号 2011.09.04-13



台風12号 2011.09.04-12



台風12号 2011.09.04-11








新宮市の方の状況です+++++++++++++++++++++

台風12号 2011.09.04-19
JR紀勢線の線路が!
(これの復旧はかなりかかる模様)




台風12号 2011.09.04-26
車が!




台風12号 2011.09.04-27
橋が!





スポンサーサイト

Comment

No title
おはようございます
今回の台風は12号よりもさらに被害が各地で起こっちゃいましたね。
ニュースを見てましたが驚くばかりです・・・

高知は幸い12号、15号と進路の左側になったため被害は最小限で終わりました。
2011.09.24 09:09 | URL | まーぶ #Z2PsPELM [edit]
No title
大自然の驚異は本当に凄いですね、
自然からの災害は昔からあったみたいで、先人の教えを守らないと、
2011.09.26 09:50 | URL | KAN #- [edit]
No title
そちらの方は大変な被害のようですね。

お見舞い申し上げます。

私の方は片方ですが白内障の手術を終え、その感想を記事にしました。

→ <http://blogs.yahoo.co.jp/kourimiyu/62804630.html

視力などそんなに悪くなかったので、効果を感じられるのかとドクターは心配していたようですが、

神経質なのかその差を感じることができました。

かなり黄ばんだ風景を見ていたんですね。

これは手術をやってみないとほとんど感じないと思います。

今週の水曜日には反対側の眼の手術を行います。

またその後の感想を記事にしますね。

ご教示ありがとうございました。
2011.10.03 09:10 | URL | いちごん #- [edit]
Re: No title
<まーぶさん>
いや、ほんとびっくりです。
今年は天変地異の多い年になりました、
『明日はわが身』と考えて、万一に備えなくてはねぇー。
2011.10.10 07:42 | URL | こうちゃん #- [edit]
Re: No title
<KANさん>
ほんとその通りですね。
『備えあれば憂い無し』全く憂いがない訳では無いでしょうが、心の準備も含めて備えておくべき事は多そうです。
2011.10.10 07:45 | URL | こうちゃん #- [edit]
Re: No title
<いちごんさん>
無事、手術を終えられた様で、良かったです。
簡単、、とは云え、『手術は手術』緊張されたかと思います。
“御教授”という程の事はなにもしていませんが、お役に立てたのなら幸いです。
記事を読ませてもらいましたが、概ね良好のご様子、何より!
2011.10.10 07:52 | URL | こうちゃん #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kousyakuhujin.blog11.fc2.com/tb.php/958-e5918293