こうちゃんの Collection Room
このお部屋にはこうちゃんが、集めたもの、手作りしたもの、日々の記録などを紹介しま~す♪ 

粉河とんまか雛通りと山崎邸 その1〜山崎邸2階

山崎邸



粉河とんまか2016春-08

〜HPより〜
紀の川市のJR粉河駅前に位置する山﨑邸は、近代和風建築と呼ばれる貴重な文化財建造物です。
母屋は、1917(大正6年)に棟上げされています。当時は第一世界大戦の影響で景気がよく、特に県内では紀北紀中を中心に綿ネルと呼ばれる綿織物の生産加工が繁栄し、全国でも有数の産地でした。
この住宅を建築したのは山﨑家の当主栄助及び次の代を担う栄吉です。山﨑家は和歌山市に綿ネル生産工場を持ち、朝鮮半島方面への販売で財を成したと伝わっています。
大工棟梁は和歌山市と高野山の大工2名が担当したのではないかと推測しています。
この建物の一番の見所は、大広間です。15畳の主座敷と10畳の仏間からなり、主座敷には床の間、違い棚、琵琶床、付け書院等の座敷飾りを備え、壁は、金唐紙を張り、天井は折上げ格天井などと豪華なものです。
また1階と2階にある傘天井の部屋や、和洋折衷の階段室に質の高い意匠を見ることができ、多くの良材が使われていることも魅力です。その他、改造が少なく屋敷全体の構成も含めた保存状態が良いこともこの住宅の特徴です。
このように山﨑邸は、未来に伝えたい貴重な文化遺産です。

敷地面積は約1600平方メートル。何年も空き家になっていた建物を一麦会(麦の郷)が運用し、粉河町の地域活性化を目指している。

同邸内には2013年3月3日、カフェ「創-hajime-cafe」がオープンしている。営業日は木、金、土の11時~15時。ひきこもり者社会参加支援センター「麦の郷ハートフルハウス 創~HAJIME~」のスタッフと、ひきこもり経験者が運営している。




仕事柄、無縁ではなかったものの、ここに来るのは初めて。
門の外にあるお雛さんの大団扇は「粉河とんまか雛通り」のイベント中だけ飾ってあるもの。
ちなみに「とんまか」とは粉河の夏祭りのお囃子の音がそう聞こえるのだそう。雛通りは最近あちこちで流行の「雛人形を飾る」というもの。

先日の絵手紙コンクールの表彰式ではゆっくり見て回る時間がなかったので仕切り直し〜

沢山写真があるので、覚悟して見て下さい(笑)。





BP1400698-1.jpg 粉河とんまか2016春-10


BP1400698-1.jpg 粉河とんまか2016春-11



まずは2階から
BP1400698-1.jpg 粉河とんまか2016春-17
階段の手摺も凝っています


階段越しに円形のくり抜き窓が〜これもお洒落
BP1400698-1.jpg 粉河とんまか2016春-16
ここにお雛さんがどどっとあります



覗いてみた。
BP1400698-1.jpg 粉河とんまか2016春-19






階段の踊り場から見上げてみた
BP1400698-1.jpg 粉河とんまか2016春-12




廊下〜広〜い
BP1400698-1.jpg 粉河とんまか2016春-15
この廊下の板、ほとんど継ぎ目が無いんです。
それだけ、長〜〜い木材を使っているんですね!



廊下の上の天井
BP1400698-1.jpg 粉河とんまか2016春-21
格子がきれい!
この天井の色の濃い板はなんと屋久杉を使っているんですって!!




お雛さんもアチコチにかざってあるんだけど、いずれまた。
BP1400698-1.jpg 粉河とんまか2016春-22
ここはね、このひな人形の上
この天井を紹介したくて…
BP1400698-1.jpg 粉河とんまか2016春-23
アジロ網の天井です。
ここはよく見ないと気付かない場所です。




傘天井の間
BP1400698-1.jpg 粉河とんまか2016春-24



面白いなぁ〜
BP1400698-1.jpg 粉河とんまか2016春-18
この電球のスイッチも面白いデザインなんですが、また一階の方で紹介します。






次の間の縁側にあった竹編みのベッド
BP1400698-1.jpg 粉河とんまか2016春-13
枕、ちょと痛そう??



その部屋の天井
BP1400698-1.jpg 粉河とんまか2016春-25
松の一枚板です。(高そう〜)
今、こんな板手に入らないよね。。




襖の絵も由来ありそう
BP1400698-1.jpg 粉河とんまか2016春-26


襖の引き手、よく見るとすごい
BP1400698-1.jpg 粉河とんまか2016春-27
七宝焼なんですって。
生で見ているより写真に撮るとさらに鮮やかに写りました。




次の間の押し入れ
BP1400698-1.jpg 粉河とんまか2016春-28



その時代の広告を貼ってあります。
BP1400698-1.jpg 粉河とんまか2016春-29
虫除け効果があったんですって。





お手洗い
BP1400698-1.jpg 粉河とんまか2016春-14
この時代に2階にトイレがあるなんて、なんて合理的!!




そのお手洗い洗面所の床
BP1400698-1.jpg 粉河とんまか2016春-31
これは大工さんから施工主への贈り物。
この家を建てるのに使った木材の切れ端を使ったモザイクの床です。
「大工さんの心意気」の見せ場なんですって。
ここ、触ってみるとツルツル〜。柄にも隙間がありません。
100年経ってもこの状態だなんて、見事なもんです。




養生部屋?
BP1400698-1.jpg 粉河とんまか2016春-30
二代目の奥さんが(多分)労咳だったようで、この部屋で養生していたらしい。
3畳間の景色の見えない部屋だけど、戸棚の絵は見事なので使用人の部屋でない事が伺えるんだそう。




次の間へ行く廊下(どんだけ、部屋がある事やら〜)
BP1400698-1.jpg 粉河とんまか2016春-32




ガラスが揺らいでいるのが分りますか?
BP1400698-1.jpg 粉河とんまか2016春-33
昔のガラスは一枚一枚、職人さんの手作りだから〜です。
多分、「手延べの板ガラス」というものだと思われます。
今は作ってる方がいないので、割ったりしたらもう買えない。
特注で作ってもらったとしても、ものすごくお高いものになりそうなんだって!!(コワッ)




2階の居間?に、こんな風に絵手紙を展示していました。
BP1400698-1.jpg 粉河とんまか2016春-34
  ※ここにいちごと私の絵手紙はありませんよ〜(^m^)。



写真撮り忘れましたが、居間の窓から龍門山が一望出来るようになっていました。
その内国鉄粉河駅が出来て、汽車が行き交うするのもよく眺められたんですね。


まだ、一階もあるよん。

粉河とんまか絵手紙コンクール

九州旅行の記事の途中ですが、季節ネタなので、こちらを優先!


絵手紙コンクールで、いちごが子どもの部佳作に、私は一般の部奨励賞に入賞しました。
ので、表彰式に行ってきました。



子どもの部で賞状をいただくいちご
粉河とんまか2016春-01
卒業式の次の日だったので、司会の方に「お手本の様な受取り方ですね」と褒められました。





これが作品
粉河とんまか2016春-02
※私のは恥ずかしいから出しません(^^;)






一般の部の表彰式は午後からだったので、昼食。
とんまか雛通りを少しぶらぶら〜


入ったのはここ
粉河とんまか2016春-07
田舎のなんの変哲も無い食堂だけど、これより遠くへ行く時間がなかったことと、意外とこう云う所が美味しいんだよね、と思い聞かせて入る事に!!
雛通りの期間中はあちこちのお店にお雛さんが飾ってある。
このお店にもありました。
 こういったイベントも各地で流行ってるよなぁ…。




食べたのはこれ
(一口、食べたあとの画像です)
粉河とんまか2016春-06
めっちゃ、美味しかった!! ここ正解!!
お爺さん、お婆さんの二人でやってて、人が沢山(といっても10人ぐらいだったが)入ると、「待ってや〜」と言って、確かにかなりかかる。(途中で一人諦めて帰った人もいたよ!)
でも、だから?? すっごく素朴で美味しい〜〜。
コレコレ、これが食べたかったのよ、って感じ!
いちごが出汁巻き卵を頼んだけど、それも、ふっくらふわふわでうんま〜。




午後の表彰は私一人で参加。
表彰式のあと、旧山崎邸へ
 ※山崎氏は粉河の豪商で、その古民家を公開していて、敷地内でカフェもやっている。
   こういう古民家もかなり増えたよね(^^)
粉河とんまか2016春-08





山崎邸の2階で絵手紙の先生に拠るパフォーマンスをやっていた。
粉河とんまか2016春-03
なんと、筆を使わず、タオルで描くというもの。
 ※大阪泉州の出身なので、泉州の特産品であるタオルを使って、とのこと。



いろいろ解説されながら、30分で描き上げていました。
粉河とんまか2016春-04





山崎邸での交流会
粉河とんまか2016春-05
ここでの挨拶は「どこの教室の方?」だった。
「教室には入っていない」と云うと、ちょっと怪訝そうな表情をする人もいました。
(だって、入ってないんだもん。)
「○○教室に来ない?」と勧誘もされましたが、丁重にお断りしました。
その教室は大阪だったし元より入る気なんて全くないです(><)

でも、俄に名刺交換が始まって…。
どうやら「交流会で20枚以上名刺交換すること」とノルマがあったようです。
私は名刺なんてもっていませんでしたが、それでも頂けてしまって〜。
なんか申し訳ないが、ちょっとラッキ〜♪
粉河とんまか2016春-09
こんな素敵な名刺なのよ。
しかも2枚は手描きです。
名刺をファイリングしてる人もいました。

そして「また来年〜」で終わりました。
私は…(来年も出せたらねぇ、そして何かの賞にひっかかったらね〜)と心の中で呟いてましたとさ(苦笑)




山崎邸は次の記事で(^^)v

宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏〜3日目<宮崎から熊本へ> その5 はやとの風

特急「はやとの風」 到着です

[広告] VPS


「はやとの風」
  漆黒のボディが印象的なノスタルジックな列車。
  この列車の見どころは、明治時代のままの姿を残す嘉例川駅や、鹿児島〜重富間から見る桜島。
  木のぬくもりを感じる車内で、中央には展望スペースが設けられている。

  2004年に臨時列車として運行開始、2006年定期運行となる。
   運行開始当初はキハ147 1045(1号車)・キハ140 2066(2号車)の2両
   編成で、予備車両がなかったため検査や故障時は運休となっていたこと
   もあり、ほぼ毎日運転していたが臨時列車の扱いであった。 2006年に
   キハ47 8092が加わるとこれを1号車とし、従来1号車だったキハ147 10
   45は方向転換の上で2号車に変更。2号車だったキハ140 2066は予備車と
   なったため「はやとの風」の臨時列車扱いは解除され、多客時には3両で
   運行するようになった。

    ↑ここにもキハ47がいた。そうだったのか〜。

  JR九州は南九州に多くの観光列車を走らせているが、その端緒となった列車で
  ある。
  現在、吉松駅 - 鹿児島中央駅間に1日2往復が運行。
  運行ダイヤは下記の通り速達性よりも観光面をより重視したものとなっている。
  20世紀初頭に建築された木造駅舎の残っている大隅横川駅嘉例川駅で、
  全列車が約5分間停車する。
  車窓から桜島が一望できる竜ケ水駅に4分程度停車する列車がある(乗降扱い
  なしの運転停車)。
  隼人駅 - 鹿児島駅間の途中駅では旅客扱いの停車を行わない。
 
  <停車駅>
   鹿児島中央駅 - 鹿児島駅 - 隼人駅 - 嘉例川駅 - 霧島温泉駅 - 栗野駅 - 吉松駅
    ※赤の駅が私が乗った区間



宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−147
隼人駅に停車する「はやとの風」
  



宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−150
座席はこんな感じ(^^)。確かにノスタルジック!

やはり、水戸岡デザイン。特徴がありあり〜。
たま電車やいちご電車とテイストが同じだわ(^艸^)





宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−148
トイレののれんが!!!??? インパクトあるなぁ〜。
ベンチシートには駅弁がズラリ。
   →混雑時だけに乗車する客室乗務員が販売してくれます。







宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−160
客室乗務員さん 顔を隠すのが勿体無いぐらいの美人さんでした〜。







宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−149
指定席に座ります。
 ※はやとの風はほとんどが指定席。自由席は8席&展望席のみ!?





宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−151
展望スペース(自由席)





宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−158
展望席を満喫するいちご。




宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−153
ブラインドは竹で編んでいます






宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−152
壁のイラストは九州の観光名所(名物)




宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−154




宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−156
運転席





宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−157
車内灯もレトロ♪







宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−161
HAYATO NO KAZEってロゴもある、凝ってるなぁ。






宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−159
あったあった、スタンプサービス!
(押すのはセルフですよん)




宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−162
スタンプカードもサービス、しかも記念乗車証にもなっている(@0@)
ステキな旅の思い出(*^^*)

宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏〜3日目<宮崎から熊本へ> その4 隼人駅

隼人駅
9:50着 
乗って来たきりしまは鹿児島中央駅に向けて出発
[広告] VPS





10:06発
16分の停車時間でしたので大急ぎで駅の写真を撮りに回りました。


表に出て、駅全体の写真
宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−137
明治34(1901)年6月に「国分駅」として開業。
昭和4(1929)年9月に「西国分駅」に改称、昭和5(1930)年9月に「隼人駅」に改称されています。
平成15(2003)年 水戸岡鋭治によるプロデュースでリニューアルされ、竹材で覆われています。
屋根上の駅名表の左側に薩摩ゆかりの「島津家」の家紋が付いています。



風情あるなぁ
宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−136





宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−146





駅構内の様子
宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−138




宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−139



待合室
宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−145
郷土の民芸品が飾られていました。
(ゆっくり見たかったなぁ〜)





ホームの様子
宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−128



宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−129



宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−130



宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−131
どこもかしこも竹だらけ〜







宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−132
向かいのホームにキハ47がいました。





ホームの足元表示
宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−133


宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−134


宮崎〜熊本、観光列車の旅〜2015夏−135


もうすぐ「はやとの風」がやってきます。











快挙!

義弟が参加していた映画祭の事です。

ーFBより引用ー
Filmapalooza 2016 in Atlanta 最終日
大阪代表 DESIRE 『ウェルテル無頼』がカンヌ映画祭での上映が決定いたしました。そして、主演の白井宏幸さんが最優秀男優賞に選ばれました!
部門賞の獲得は日本初の快挙です!チーム関係者の皆様おめでとうございます!なんと3年連続のカンヌ選抜です。出場チーム数が30に満たない参加都市で、このような前例があるのでしょうか?日本のFilmmakerの実力が窺い知れる結果です。


やった〜〜!!
なんとなんと、カンヌ行きですって〜♪


※お知らせです!※
今回のFilmapaloozaの様子を含め、2015年度の大阪大会に密着したドキュメンタリー番組がWOWOWさまで放送されます。
『ノンフィクションW 48時間で映画を作れ!
 ~7万人が競うカンヌへの切符~』
カンヌ映画祭に合わせて、5月頃の放送予定です。

とのこと、誰かWOWOW入っている人いませんか〜??






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。